MENU CLOSE

話題

3089

中国の「広場舞」ブーム 当局が「模範ダンス」作る事態に 反応は…

中国で多くの中高年の女性が健康のため広場で踊る「広場舞=広場ダンス」。当局が「模範ビデオ」を作成したところ、ネット上では賛否両論が……。

夜の駐車場で踊る広場舞のグループ。周囲には多くのマンションが立ち並ぶ=2015年1月25日、山東省・済南市、延与光貞撮影
夜の駐車場で踊る広場舞のグループ。周囲には多くのマンションが立ち並ぶ=2015年1月25日、山東省・済南市、延与光貞撮影 出典: 朝日新聞

目次

 中国で中高年の女性に人気の「広場舞=広場ダンス」。音楽の音量が大きすぎるなど騒音トラブルがあるものの、費用があまりかからず、健康維持にいいため、毎日、多くの大媽(=おばちゃん)が汗を流しています。そんな中、中国当局は、広場ダンスの「模範ビデオ」を作成し市民に推奨する事態に。この「模範ビデオ」、いったいどんな踊りなのでしょうか?

広場舞の「模範ビデオ」の一つ「小苹果」

人気音楽・人気歌手の起用

 「模範ビデオ」は、広場ダンスで人気の曲に、プロの振付師が踊りを付け、動作などを細かく解説しています。ビデオは体育総局が制作しました。「模範ビデオ」のBGMには、人気曲の『小苹果』(リンゴちゃん)、『最炫民族风』(最も格好いい民族スタイル)などが含まれています。歌うのは「筷子兄弟」(Chopsticks brothers)と「鳳凰伝奇」で、中国ではどちらも人気があるバンドです。日本の「紅白歌合戦」に相当する中国中央テレビ局の看板番組「春節聯歓晩会」にも出演しています。

「広場舞」で踊る人々=浙江省嘉善県
「広場舞」で踊る人々=浙江省嘉善県
広場舞の「模範ビデオ」の一つ「最炫民族风」

ネット上では賛否両論

  広場ダンスの「模範ビデオ」に対して、どのような反応が出ているのでしょうか。ネット上では批判の声が目立ちます。

「踊りがダサい、まるで学校でやらされたラジオ体操????」
「動作の規範は意味ない。踊る場所を住宅の近所でないところに規範することが大事かも。(政府当局は)いつも無駄なことが多い」
「ダンスの動作は政府が管理するものではない。場所や時間こそ管理するべきだ」
「おばちゃんたちが好きな動作で踊ればいいじゃないですか。一律化はよくない。規範と言えば、音量などを規定したほうがいい」

 オフィシャル・バージョンのビデオを公開しているYouku(優酷)では、ビデオを好評しているコメントも寄せられています。

「動きが綺麗だ」
「簡単、自由、リラックス、表情もいい」
「初心者でも、いい運動になると感じました。よかったです」

マイクを使って「広場舞」を盛り上げる女性=浙江省嘉善県
マイクを使って「広場舞」を盛り上げる女性=浙江省嘉善県

おばちゃんたちは……「健康が第一だ」

 実際に踊っているおばさんたちは、どう受け止めているのか。広場ダンスは元々上手に踊る人がリードして踊り、ほかのメンバーが真似をして踊るのが一般的です。なので、楽しく踊れるならば、どんなバージョンでも特に問題なさそうです。

健康のため夜、街に出て広場で踊る人々=浙江省嘉善県
健康のため夜、街に出て広場で踊る人々=浙江省嘉善県

 また今回のオフィシャル・バージョンも強制的なものでもなく、あくまでも「推奨」なので、本当に踊るかどうかは、ダンサーであるおばさんたちの自由です。「小苹果」(リンゴちゃん)の曲を踊るおばちゃんは「『模範ビデオ』でどのような振り付けが推奨されても構わないが、自分は結局、好きなスタイルで踊る」。「どんな動きでも、健康が第一だ」と話していました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます