MENU CLOSE

話題

19059

おうむさんからの取材リクエスト

昨年よく話題になっていたアイスバケツチャレンジ。あれはまだどこかで続いているのでしょうか?



昨年話題になった「アイス・バケツ・チャレンジ」 今年はどうなの?

昨年、著名人の参加で話題になった寄付イベント「アイス・バケツ・チャレンジ」。今年はあまり聞くことがないですが…続いているのでしょうか?

今年も氷水をかぶる日本ALS協会の関係者=2015年8月23日、同協会提供
今年も氷水をかぶる日本ALS協会の関係者=2015年8月23日、同協会提供

目次

取材リクエスト内容

昨年よく話題になっていたアイスバケツチャレンジ。
あれはまだどこかで続いているのでしょうか?取材をお願い致します。 おうむ

記者がお答えします!

 ビル・ゲイツさんに孫正義さん、山中伸弥さんなど、各界の著名人が多数参加し、昨年ブームとなった「アイス・バケツ・チャレンジ」。筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者や家族を支援することを目的とした募金イベントですが、今年は行われているのでしょうか?関係団体を取材しました。

続けているが、盛り上がりはイマイチ…

 「もちろん、まだ続けています」。そう話すのは日本ALS協会常務理事の金沢公明さん。今年も8月23日に都内の事務局前で氷水をかぶりました。ただ、昨年ほどの盛り上がりは日本ではまったくないといいます。

ALS患者も氷水をかぶった=8月23日、同協会提供
ALS患者も氷水をかぶった=8月23日、同協会提供

今年も仮面女子が寄付活動

 昨年はSNSを中心にチャレンジ活動が広がり、年度末までに約3780万円の寄付金が集まりました。昨年に続いて今年も地下アイドル「仮面女子」メンバーによるチャリティーオークションがあったものの、集まった寄付金はまだ数十万円にとどまっているということです。

 金沢さんはこう話します。「支援活動を一過性に終わらせたくないという気持ちは多くの方にあるはずなのに、それを具体的な寄付活動につなぐことができていないのが残念です」

今年も仮面女子がチャリティーオークションを実施=ヤフー特設サイトから
今年も仮面女子がチャリティーオークションを実施=ヤフー特設サイトから 出典: チャリティーオークション2015夏 - Yahoo!ネット募金

昨年の寄付金は治療研究などに

 ところで、昨年度に集まった寄付金はどうなったのでしょうか。

 日本ALS協会によると、寄付金はALSの治療研究奨励金と患者の支援活動などに充てられることになり、現在、対象先を選定している最中だそうです。3件の治療研究にそれぞれ300万円を3年間補助、5件の支援活動にそれぞれ50万円を5年間補助する、という内容です。今月下旬には対象先が決定するそうです。


 欧米などでは今年に入ってもアイス・バケツ・チャレンジを中心に、ALS患者への支援は根強く続いています。金沢さんは「アメリカなどには何億と寄付を集める団体もある。日本でも寄付がしやすくなる仕組みを作れないか、真剣に考えていきたい」と話しています。

     ◇

<ALS> 全身の運動神経が侵され、筋肉が萎縮(いしゅく)していく進行性の難病。徐々に体が動かなくなり、呼吸困難に陥る。この病気にかかった大リーガーの名から「ルー・ゲーリッグ病」とも。宇宙物理学者ホーキング博士も患者の一人。

     ◇

 日本ALS協会は、引き続き寄付の協力を呼びかけています。下記口座から寄付することができます。

みずほ銀行 飯田橋支店 店番号061 
普通預金 口座番号2586780
一般社団法人日本ALS協会 
(イッパンシャダンホウジンニホンエーエルエスキョウカイ)

関連リンク:JALSA / 日本ALS協会

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます