MENU CLOSE

話題

元電通マンの高松さん、自腹で宇宙へ「10年、働きまくって蓄えた」

元広告クリエーターの高松聡さんが、宇宙飛行士としてのロシアでの訓練が大詰めを迎えています。訓練費用は数十億円。高松さんを駆り立てるものと?

記者会見に臨む高松聡さん=6月22日、モスクワ、駒木明義撮影
記者会見に臨む高松聡さん=6月22日、モスクワ、駒木明義撮影 出典: 高松さん「宇宙、2~4年後に」 米の会社と飛行契約:朝日新聞デジタル

「飛行資格なし」報道に対応追われる

ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)

 高松さんはフェイスブックで訓練の様子や心境を投稿しています。今年5月、ISSに滞在予定だった英国のソプラノ歌手、サラ・ブライトマンさんが「個人的な家族の事情」を理由に計画を延期したという発表がありました。その際、後任として高松さんの名前があがりましたが、ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)の関係者が「契約上、宇宙に行くことはできない」と述べ、高松さんとの契約は宇宙飛行士の訓練を受けることだけで宇宙旅行は含まれていないと、報道されました。
 この件について、高松さんは7月2日、「飛行資格無し」「バックアップではなかった」という?な反対報道も始まりました。対応に追われました、と投稿しました。

 サラの延期発表で事態が激変しました。「サラ辞退。高松さん搭乗へ」という報道が突然始まりました。日本だけでなく、世界中のメディアでそう報道されました。数日後ロシア関係者の発言をベースに「高松さんは飛行資格無し」「バックアップではなかった」という?な反対報道も始まりました。対応に追われました。
高松さんのフェイスブック

「ISSに行けるなら満足して死ねる」

 また、7月2日の投稿で高松さんは「どんなに無理があろうとも、誰かに迷惑かけようとも、どんな滞在になろうとも、ISSに行けるなら人生のゴールがそれでいい、満足して死ねるとさえ思いました」と、宇宙への思いを率直に語りました。

 日本では9月に飛ぶことを期待されていることを感じました。飛んだら奇跡のストーリーなのかもしれません。そして自分自身その誘惑にかられた面も否定できません。どんなに無理があろうとも、誰かに迷惑かけるようとも、どんな滞在になろうとも、ISSに行けるなら人生のゴールがそれでいい、満足して死ねるとさえ思いました
高松さんのフェイスブック

「『宇宙飛行士になる』をゴールとするのは幼稚」

 さらに、7月2日の投稿では「『宇宙飛行士になる』をゴールとすることは幼稚な考えだと思うようになりました」としたうえで「私にも他の人にはできないことがあるはずだ。自分のプロフェッションに立ち戻り、写真と映像にフォーカスすることで私の目標が見えてきました」と、宇宙に行く目的を明確にしました。

 宇宙飛行士としての資格は取るものの、それは私のプロフェッションではないのです。「宇宙飛行士になる」をゴールとすることは幼稚な考えだと思うようになりました。
でも、「宇宙観光」という言葉にも抵抗がありました。これだけ訓練して「観光」しにいくのか。「人生のゴールが観光」でいいのかと思いました。
私は私にできることをISSでしよう。そう思いました。私にも他の人にはできないことがあるはずだと。そして自分のプロフェッションに立ち戻りました。写真と映像にフォーカスすることで私の目標が見えてきました。
高松さんのフェイスブック

マニアに人気のコマンダー棒

 高松さんは、今年1月から始まった訓練の様子もフェイスブックに投稿しています。宇宙マニアで人気があるという、ソユーズのコントールパネルを操作する「コマンダー棒」でボタンを押す動画を5月25日に紹介しました。「今後ソユーズの操船インターフェースはさらにデジタル化が進むらしい」とする一方、「でも重要コマンドは機械的なクリック感のあるボタンとして絶対に残ると思います。『重要なボタンを押すんだ!』という精神的な覚悟を要求する意味合いも大きいと思います」と書き込んでいます。

船長がコントロールパネルを操作する棒「コマンダー棒」が宇宙マニアの間ではどうやら渋く人気のあるアイテムのようです。前回アップした動画では棒は持っているものの、ほとんど使っていないので「棒でボタンを押すところ」を再度アップします。コマンダー...

Posted by 高松聡 on 2015年5月24日

シミュレーション、尿意との闘い

 5月26日には、シミュレーション訓練を取り上げました。尿意をもよおしたものの、宇宙服の脱着などに時間がかかるためなかなか言い出せず「後半1時間はいつ『本当に本当に申し訳ないけど、トイレ行ってはだめですか?』と口にするかばかりを考えていました」「借り物の宇宙服を汚してしまってはシャレになれない。というかもう星の街にはいられない。一生の恥だ。気が遠くなっていく」など緊迫の描写が続きます。

シミュレーションは悪夢でした!船長、フライトエンジニアと合流して2回目のシミュレーション。それは尿意との戦いというオフノミナル・シチュエーションだったのです。もちろん数々のオフノミナルが発生したんですが、何が起きたのか後半は思い出せないくら...

Posted by 高松聡 on 2015年5月25日

「もしかして夢では、いや合成かも」

 高松さんが待ち望んだ光景が6月8日、現実となりました。宇宙服を着て船長とフライトエンジニアとともに小学生の研修団の前を歩きます。「訓練もここまで来ました!どこかで見たソユーズ搭乗前の宇宙飛行士と同じ絵です!もしかして夢では、いや合成かも、と自分でも思います」と喜びの投稿でした。

訓練もここまで来ました!どこかで見たソユーズ搭乗前の宇宙飛行士と同じ絵です!もしかして夢では、いや合成かも、と自分でも思います。この日はクルーとのシミュレーションをソユーズでしました。打ち上げからランデブーまで6時間。右がESAフライ...

Posted by 高松聡 on 2015年6月7日
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます