MENU CLOSE

エンタメ

1793

松尾スズキ「小説家だ小説家だ、俺は小説家だ」 苦闘の末の平凡小説

 松尾スズキさんの新聞小説「私はテレビに出たかった」が単行本として出版されました。芸能界を目指す中年サラリーマンの冒険活劇という異色の設定に、濃い登場人物。松尾さんが描きかたかったものとは?

「自己暗示かけながら執筆した」という松尾スズキさん
「自己暗示かけながら執筆した」という松尾スズキさん 出典: 朝日新聞

目次

関連記事

 松尾スズキさんの新聞小説「私はテレビに出たかった」が単行本として出版されました。芸能界を目指す中年サラリーマンの冒険活劇という異色の設定に、濃い登場人物。松尾さんが描きかたかったものとは?

【関連リンク】中年サラリーマンの冒険活劇 本紙連載「私はテレビに出たかった」が本に

突然芽生えた「テレビに出たい」という欲望

 主人公は仕事一筋のまじめな43歳のサラリーマンです。突然、「テレビに出たい」という欲望が芽生えたことから、一人娘との冒険が始まります。わがまま上司、謎めく子役、元同級生、個性的な俳優たち、名物教師……。「濃い」人たちに囲まれた2人の冒険は、絡まりながら疾走を続けます。


【動画】単行本になった連載小説『私はテレビに出たかった』を朗読する松尾スズキさん

「自己暗示をかけてからパソコンを開く」

 新聞の連載小説は初めてだったという松尾さん。毎日ある締め切りのため、ホテルの部屋に閉じこもり執筆に励みました。部屋の中では「小説家だ小説家だ、俺は小説家だ」と、自己暗示をかけてからパソコンを開いていたそうです。

松尾スズキさん=2014年7月12日
松尾スズキさん=2014年7月12日

エンターテイメントの王道目指す

 松尾さんが小説を書くにあたって目指したのは「エンターテイメントの王道」でした。単行本化にあたって「新聞小説を書く、という話になった時に、よし、今回は白黒はっきりしたものを書いてやろう、エンターテイメントの王道を書いて見せようと、そう思った瞬間思い出したのが、テレビにひたすら出たい中年男だったわけです」と振り返っています。役者・脚本家・小説家とマルチに活躍する松尾さん。「私が考えるサラリーマンは、平凡であることに前向きな人たち。でも、平凡でいることは本当は難しい」。平凡という難敵に挑んだ苦労を、そう語っていました。

松尾スズキさん=2012年11月6日
松尾スズキさん=2012年11月6日

あまちゃんにも出演

 小説の連載中には、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演。原宿の喫茶店のマスターを演じました。「あまちゃん」の脚本を担当した宮藤官九郎さんは、松尾さんが主宰する劇団「大人計画」に所属しています。他にも、北三陸駅副駅長役の荒川良々さん、北三陸高校教師役の皆川猿時さんも「大人計画」のメンバーです。

「あまちゃん」のヒロイン・アキを演じた能年玲奈さん=2013年8月1日
「あまちゃん」のヒロイン・アキを演じた能年玲奈さん=2013年8月1日

「普通自動車免許を持った」女性と結婚

 新聞の連載が終わったのは2013年12月。2014年5月には結婚もしました。発表は自身のツイッター。「普通自動車免許を持った一般の女性と入籍しました。そこそこ歳(とし)が離れているので、生命保険を組み立て直すところから始めて行こうと思っています」と、松尾さんらしいユニークな結婚報告でした。


関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます