閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年10月02日

永谷園がミルク茶づけ提案 創業家の永谷社長「お茶づけに自由を!」

  • 2760

本当に美味しそうにお茶づけを食べる柳原可奈子さん

本当に美味しそうにお茶づけを食べる柳原可奈子さん

出典: 朝日新聞、下山祐治撮影

 「お茶づけ海苔」で知られる永谷園が、本気を出しました。「お茶づけ新プロジェクト」を創業一族の永谷泰次郎社長が自ら発表。全国の地元食材をつかった47都道府県別のお茶づけを提案していくと意気込んでいます。

永谷園の「お茶づけ海苔」。希望小売価格は税別220円

永谷園の「お茶づけ海苔」。希望小売価格は税別220円

出典:永谷園提供

 お酒を飲んだ後の「シメ」として一般的だったお茶づけを、もっと多くの人たちに食べてもらおう、というのが狙い。プロジェクトは全国で進めていきます。食品スーパーなど、永谷園の「お茶づけ海苔」が並ぶ売り場を中心に、47都道府県ごとにアレンジしたおすすめの食べ方をPRします。

(左から)佐藤美希さん、小島瑠璃子さん、永谷園の永谷泰次郎社長、柳原可奈子さん、宮下純一さん=下山祐治撮影

(左から)佐藤美希さん、小島瑠璃子さん、永谷園の永谷泰次郎社長、柳原可奈子さん、宮下純一さん=下山祐治撮影

出典: 朝日新聞

 東京都内であった発表会では、「お茶づけ応援団」として、お笑いタレントの柳原可奈子さん、タレントの宮下純一さんと小島瑠璃子さん、モデルの佐藤美希さんが駆けつけ、「ほたてバターのミルク茶づけ」(北海道)と「トマトとアボカドのサラダ茶づけ」(熊本県)を試食しました。

小島瑠璃子さん

小島瑠璃子さん

 「お茶づけ命で~す!」と元気いっぱいに登場した小島さん。ほたてのバターソテーをのせて、お湯のかわりに温かいミルクを注ぐ「ほたてバターのミルク茶づけ」をほおばり、満足そうな表情を見せてくれました。濃厚な味が特徴で、佐藤さんは「クラムチャウダーみたい」。「牛乳は斬新。脳が混乱している」と困惑気味だった宮下さんも勢いよく食べきりました。

【北海道】ほたてバターのミルク茶づけ

【北海道】ほたてバターのミルク茶づけ

出典:永谷園提供

 永谷園からの「異色の提案」は続きます。
 トマトとアボカドをオリーブオイルであえたものにお湯を注ぐ「トマトとアボカドのサラダ茶づけ」。あっさりしてヘルシーだと、これも好評でした。柳原さんが「美容にいいものがいっぱい入っているのでモデル仲間にも伝えたいな」と飛ばし、会場からは笑いがこぼれました。

 永谷園の真のコンセプトは「自由を楽しむお茶づけ」。お茶づけにまつわる固定観念をリーディングカンパニーが率先してぶち壊す勢いで、永谷社長は「自由で楽しく、どこでも食べられるイメージにしたい」と話していました。

【熊本】トマトとアボカドのサラダ茶づけ

【熊本】トマトとアボカドのサラダ茶づけ

出典:永谷園提供

柳原可奈子さん

柳原可奈子さん


プロジェクトの詳細は永谷園HPで順次更新されるそうです。

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る