閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年11月16日

月150冊読む雑誌マニアおすすめ「使える一冊」 温泉・ロケ地巡り…

  • 1403

松田龍平さんがこんなところに?ロケ地を紹介する「ロケーションジャパン」2016年10 月号

松田龍平さんがこんなところに?ロケ地を紹介する「ロケーションジャパン」2016年10 月号

出典: 地域活性プランニング

 先日、「雑誌オタク」という人に会いました。毎月150冊もの雑誌を読んでいるというのです。「絶対にあなたは読んだことはないだろうけど、おすすめですよ」という雑誌を選んでもらったら、どんな1冊が出てくるのでしょう? 「知識はいつどこで役立つかわからない」という「雑誌オタク」に聞いてみました。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

中学生の時から月150冊

ご紹介します。
「雑誌オタク」の新井悠真さん(26)。ごく普通の会社員です。
なんと中学生の時から、毎月150冊もの雑誌を読み続けているそうです。

新井悠真さん

新井悠真さん

出典: 朝日新聞

――なんでそんなにたくさん読むようになったんですか?

新井さん

新井さん

もともと活字好きというのはあるんですが、雑誌って、文章だけではないので、写真やレイアウトを駆使して『読んでほしい!』っていう思いがビシビシ伝わってきます。そこがいいんですよね。中学生の時、図書館の雑誌を読みあさって、それじゃあ足りなくて、さらに大きな本屋に行って専門誌や業界誌や、ニッチな雑誌も読むようになりました

――毎月150冊ってすごすぎます。1カ月って30日しかないですよ?

新井さん

新井さん

ですね。そんなに大変じゃないですよ?

――出費もすごそうです

新井さん

新井さん

毎月だいたい5万円ですかね。あえて雑誌のジャンルは絞らないようにしてます。雑誌を読む楽しさは、知らない世界に出会えることなので

――素晴らしい知的好奇心です。今までで一番面白かった雑誌は、なんでしょう?

新井さん

新井さん

月刊誌「蛋白質 核酸 酵素」(共立出版)です。休刊になってしまったのが、惜しまれます。


――いきなり、ついていけません・・・

新井さん

新井さん

コラムが充実してたんですよ。この手の雑誌のなかではかなり広く読まれていたと思います

――もう少し素人向けで、セレクトをお願いします

新井さん

新井さん

これはいかがでしょう? 「温泉批評」(双葉社)です



――温泉好きの人は多いですよね。これは興味があります。見どころは?

新井さん

新井さん

温泉オタクって、いろいろ流派があるんですよ。泉質が好きとか、秘境、温泉旅館、混浴風呂などなど。温泉批評は、こういう各ジャンルのオタクが記事を書いているので、読み応えがありますよ。温泉グルメは人気コーナーですね

――温泉紹介で、さりげなく裸の女性(後ろ向き)が写っていて、お色気要素も多少あります

新井さん

新井さん

記事を見て、温泉に行った気になるのがいいんですよ。疑似体験。交通費かからずに楽しめますよ。さらにいいのが、巻末クーポン。誌面で紹介した温泉の入浴割引券がついてます。一度も使ったことないですけどね(笑)

「温泉批評」(双葉社)の巻末につく温泉クーポン

「温泉批評」(双葉社)の巻末につく温泉クーポン

出典: 朝日新聞

架空旅行に行こう

――では、次のおすすめをお願いします

新井さん

新井さん

じゃん。「高速バス時刻表」(交通新聞社)



――いかにもマニアっぽいのがきましたね。鉄道じゃなくて、バスですか

新井さん

新井さん

鉄道の時刻表はいろいろありますけど、バスは珍しいんですよ

――時刻表って数字がぎっしりです。見どころってなんですか?

新井さん

新井さん

全国のあらゆる高速バス路線が網羅されてるんですが、「こんな路線があったのか!」と驚くようなものがちらほらあるんですよ。「仙台~富山」とか「福岡~鳥取」とか。どんな人が乗るの?って気になります

――たしかに。ニッチなルートですね

新井さん

新井さん

あとは、行き先に全く知らない地名が出てきたら、「どこだろう?」って調べるのも楽しいです。僕が住む東京から架空の旅程をたてて、「向こうには朝につくから、そのあとどこに行くかな」とか考えるのが楽しいです

――ものすごい想像力ですね。雑誌に限らずオタクの人たちって、想像力がすごいですよね。数字だけで想像して楽しめるって、才能だと思います

新井さん

新井さん

お得ですよ。想像で楽しめばゼロ円ですから

聖地巡礼のお供に

――では、次をお願いします

新井さん

新井さん

これです。「ロケーションジャパン」(地域活性プランニング)



――これは、普通の総合誌のような表紙ですね。有名人が起用されていますし

新井さん

新井さん

これは、映画とかドラマのロケ地を紹介する雑誌です。映画に出てくる場面が具体的にどこなのか、写真で紹介しています。ロケ弁紹介もありますよ

――ああ、これは楽しいですね

新井さん

新井さん

地域活性化と連動しているのがうまいなと思います。アニメにもよく「聖地」ってありますけど、全国の自治体とコラボして、人の流れをつくろうとしてます

――そういう狙いがあるんですか。なるほどです

新井さん

新井さん

オールカラーですしね。ふだん活字をそんなに読まないという人にもおすすめです。ざーっと眺めるだけでも楽しいですよ

――しかし。10年以上も変わらない量を読み続けているというのもすごいです

新井さん

新井さん

例えばアーチェリーとかマイナースポーツの雑誌を読んでいると、オリンピックの時に役立ちますし、最初に挙げた「蛋白質 核酸 酵素」だって、今年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典さんの「オートファジー」を10年以上前から何回か特集していたので、ニュースを見た時に分かりやすかったです。知識がいつどこで役立つかわからないのが雑誌を読む魅力ですね。「こんな時に役に立つとは」って知識がつながる瞬間がけっこうありますよ

オートファジーについて説明する大隅良典さん

オートファジーについて説明する大隅良典さん

出典: 朝日新聞

新井さんには、「3冊くらいおすすめを持ってきてください」とお願いしたのですが、「いろいろあって・・・」と7冊ももってきてくれました。
最後に、ご紹介した以外の雑誌も、簡単にご紹介します。

「アートコレクターズ」(生活の友社)


新井さん

新井さん

美術品を買う人向けの雑誌。「次にきそうな若手作家」を紹介していて、「俺が買うなら、これだな」とエアー富豪が体験できます。単純にアート写真集としても楽しめます

「DJ鉄道ダイヤ情報」


新井さん

新井さん

鉄道ダイヤ情報。臨時列車の情報が充実していて、撮り鉄のための雑誌。投稿写真がたくさん

「月刊消費者信用」(金財エージェンシー)


新井さん

新井さん

クレジットカード業者の業界誌。「初音ミクのコラボカードなんてあるのか!」といったニッチ情報をゲットできます

「中学野球太郎」(イマジニア)


新井さん

新井さん

中学生の野球少年少女のための雑誌。成長期の子どもたちを考え、体作りへの配慮も満載。この雑誌に載った中学生がその後プロとして活躍することも

月刊蛋白質って何だ?消費者信用に温泉批評…ディープ雑誌の世界
前へ
月刊「蛋白質 核酸 酵素」
次へ
出典:共立出版
1/8
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
宇宙船の帰還、どうやって撮影? ちっさいカプセル追って大草原疾走
宇宙船の帰還、どうやって撮影? ちっさいカプセル追って大草原疾走
NEW
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR

人気

もっと見る