閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年10月26日

1億人が視聴、中国のモンスター「お見合い番組」 待望の日本版

  • 34095

中国の人気お見合い番組「非誠勿擾」。オーストラリア版に登場した日本人女性

中国の人気お見合い番組「非誠勿擾」。オーストラリア版に登場した日本人女性

 中国では知らない人がいない大人気番組お見合い番組「非誠勿擾(フェ・チェン・ウ・ラオ)」。1億人の視聴者がいるというモンスター番組として知られます。今回、初めて日本で特別編が収録されることになり、大阪・九州・北海道などで大規模なオーディションが開かれました。

北海道がお見合いの聖地に

 中国では晩婚化が進み、結婚や恋人探しのためにお見合いをする人が増えています。2008年に、馮小剛(ファン・シャオカン)監督のお見合いを描写した恋愛映画『非誠勿擾』(日本名『狙った恋の落とし方』)が大ヒットしました。

 『非誠勿擾』のロケ地だった北海道は、中国人観光客の聖地になり、北海道を訪れた中国人の人数は2008年の5万人から2015年には50万人に激増しています。

 そんな中国の恋愛事情を背景に、映画会社と関係の深かった江蘇省のテレビ局が同名のお見合い番組「非誠勿擾」を企画しました。

映画『非誠勿擾』。国内初上映には多くの人が訪れた=2008年3月15日、大阪市福島区

映画『非誠勿擾』。国内初上映には多くの人が訪れた=2008年3月15日、大阪市福島区

出典: 朝日新聞

女性が本人の前で「ダメ出し」

 結婚を希望する一般人の未婚の男女がオーディションで選ばれます。一つの番組に20人ぐらいの女性と10人ぐらいの男性が登場します。

 番組では女性が男性を選びます。基本的なスタイルは、24人の女性たちが舞台の上に立ち、5人の男性たちが順番に自分の魅力をアピールします。

 女性はランプで意思表示します。ランプが消えれば、男性は拒否されたことになります。その男性に好意を持てれば、ランプがともり続けます。ランプが全滅した時点で、男性は舞台から消えます。

 番組の特徴は、女性たちが男性の前で、選ばない理由をはっきり「ダメ出し」することです。司会者のトークと心理学者のコメントなどと共に、番組の人気の秘密になっています。

男性の自己アピールが映し出された画面。下に女性たちがずらりと並ぶ

男性の自己アピールが映し出された画面。下に女性たちがずらりと並ぶ

視聴者は1億人以上

 司会の孟非(モン・フェ)さんも個性的です。坊主頭の彼は、かつてニュース番組のアンカーをつとめたことがあり、辛口コメントがファンを集めています。

 「非誠勿擾」は2010年の開始以来、平均2.5%と中国では高い視聴率を誇っています。中国では3千以上のテレビ局があり、普通の家庭で同時に100ぐらいのチャンネルが視聴できます。

 制作側の説明によると、単純計算で3千万人以上がテレビで見ているそうです。インターネットでの放送を加えると、視聴者は1億人以上になるそうです。

日本版の制作発表で来日した司会の孟非さん=2016年10月21日

日本版の制作発表で来日した司会の孟非さん=2016年10月21日

出典: 朝日新聞

海外版も積極展開

 海外版も積極的に制作しています。これまではアメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリア、イタリアなどなど十数カ国の海外特別編を制作してきました。

 現地でオーディションを行い、中国語を話せる独身男女を選びます。国籍は問いません。選抜された男性のビデオを制作し、南京で番組の収録を行い、放送します。

日本版の制作発表で記念写真におさまる関係者。番組関係者のほか在日中国大使館、日本の国会議員らの姿もあった=2016年10月21日

日本版の制作発表で記念写真におさまる関係者。番組関係者のほか在日中国大使館、日本の国会議員らの姿もあった=2016年10月21日

出典: 朝日新聞

日中関係改善で待望の日本版

 海外特別版の番組内はその国の文化・料理・風景などを紹介するコーナーもあります。

 実は4年前にも日本版は企画されましたが、当時は、日中関係がギクシャクしており、実現できませでした。今回、最近の関係緩和の機運と、来年の日中国交正常化45周年に合わせ、実現しました。番組には在日本中国大使館も協力しています。

G20首脳会議出席のため、中国・杭州に到着し、程永華駐日中国大使(中央)らの出迎えを受ける安倍晋三首相(左端)=2016年9月4日、杭州蕭山空港、飯塚晋一撮影

G20首脳会議出席のため、中国・杭州に到着し、程永華駐日中国大使(中央)らの出迎えを受ける安倍晋三首相(左端)=2016年9月4日、杭州蕭山空港、飯塚晋一撮影

出典: 朝日新聞

 日本で選ばれた女性18人、男性10人は11月に南京へ赴き、番組収録に挑戦します。本番では、中国国内で選ばれた女性6人が加わり、女性24人、男性10人が出演。上下2回に分けて放送される予定です。

 国境を越えてどんな「ダメ出し」がされるのか。司会の孟非さんは「日本版は最も待ち遠しい企画だった。一番、努力してきた海外スペシャル番組です」と意気込みを語っています。

中国に本当にある「お見合い広場」 スペック公開して相手探し
前へ
中国で配信された「SKⅡ」のネットCM「彼女は最終的にお見合いコーナーに行った」(她最后去了相亲角)。上海人民広場のお見合いコーナー
次へ
1/12
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
宇宙船の帰還、どうやって撮影? ちっさいカプセル追って大草原疾走
宇宙船の帰還、どうやって撮影? ちっさいカプセル追って大草原疾走
NEW
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR

人気

もっと見る