閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年09月29日

先輩に投げ勝った大谷 球児の縁、プロで再び!ほかにもあった名勝負

  • 6229

花巻東高時代の大谷(左)と菊池

花巻東高時代の大谷(左)と菊池

出典: 朝日新聞

 激戦が続くプロ野球。9月28日、パ・リーグは、花巻東高出身の日本ハム・ 大谷が、高校の先輩の西武・菊池との投げ合いを制して優勝を決めました。2人の対決に甲子園の熱戦を思い出した人も多いはず。そこで、高校時代からの仲間やライバルがプロ野球で繰り広げた、担当記者おすすめの対決を球児時代の写真を中心に振り返ります。

プロ4度目の花巻東対決

 パ・リーグの優勝がかかる大一番は、日本ハム・大谷と西武・菊池の花巻東対決。プロ4度目の顔合わせは、後輩の大谷が15奪三振、被安打1の完封で、3学年先輩の菊池に競り勝ち、通算成績を3勝としました。

花巻東高時代の大谷

花巻東高時代の大谷

出典: 朝日新聞

花巻東高時代の菊池

花巻東高時代の菊池

出典: 朝日新聞

「KK対決」初戦は1987年

 高校時代のチームメートによるプロでの対決と言えばやはり桑田・清原の「KK対決」。多くの名勝負を繰り広げた2人が最初に対戦したのは、プロ入り2年目、1987年のオールスター第3戦(甲子園)。1回表一死一塁の場面で、清原が桑田の初球を左翼席に運びました。

PL学園時代の清原

PL学園時代の清原

出典: 朝日新聞

PL学園時代の桑田

PL学園時代の桑田

出典: 朝日新聞

プロで投げ勝った田中

 2006年夏の甲子園決勝で延長15回再試合の激闘を繰り広げた早稲田実の斎藤と駒大苫小牧の田中。最後は斎藤が田中から空振り三振を奪って優勝しました。その後、日本ハムと楽天に進んだ2人は、2011年9月に初対決。プロでは先輩の田中が斎藤に投げ勝ちました。

談笑する田中と斎藤

談笑する田中と斎藤

出典: 朝日新聞

選抜で対戦した大谷・藤浪、プロでは…

 選抜で対戦した花巻東・大谷と大阪桐蔭・藤浪。大谷が藤浪から本塁打を放つも、試合は大阪桐蔭が勝利。プロでは、13年5月に打者・大谷が藤浪と初対決。大谷が二塁打2本も、藤浪が4勝目。投手・大谷では14年3月のオープン戦が初、5回1失点で藤浪に投げ勝ちました。

花巻東高時代の大谷

花巻東高時代の大谷

出典: 朝日新聞

大阪桐蔭時代の藤浪

大阪桐蔭時代の藤浪

出典: 朝日新聞

先輩の藤浪、森に153キロ

 大阪桐蔭の先輩、後輩である阪神・藤浪と西武・森は、2015年のオールスターで顔合わせ。甲子園で春夏連覇を遂げたバッテリーの対決は、藤浪の153キロを森がフルスイング。打球は東京ドームの天井に到達しましたが、フライアウトで先輩の勝利に終わりました。

大阪桐蔭時代の森

大阪桐蔭時代の森

出典: 朝日新聞

松井と森、日本代表バッテリーが対決

 高校3年時には高校日本代表でバッテリーを組んだ桐光学園・松井と大阪桐蔭・森。初めてのプロ1軍での対決は2015年5月、楽天・松井が西武・森を三振に仕留めました。今後も楽しみな対戦です。

桐光学園時代の松井

桐光学園時代の松井

出典: 朝日新聞

大阪桐蔭時代の森

大阪桐蔭時代の森

出典: 朝日新聞

松坂、小池と対戦し100勝目

 甲子園を沸かせた横浜・松坂。高校時代のチームメートで横浜(現DeNA)入りした小池は、2006年6月に松坂と対戦しました。この試合で松坂は通算100勝目。小池は13年に現役引退しました。この試合には、東福岡出身で同世代の村田(現巨人)も出場していました。

横浜時代の松坂

横浜時代の松坂

出典: 朝日新聞

横浜時代の小池

横浜時代の小池

出典: 朝日新聞

松坂に挑んだ杉内、プロでは…

 多くの選手がプロ入りした「松坂世代」。鹿児島実出身の杉内(巨人)もその1人です。1998年夏の甲子園では完封負け。プロ初対決は2002年4月で、西武のエースに成長した松坂に挑んだダイエー(現ソフトバンク)・杉内は5回で降板。松坂は完投勝利をあげました。

鹿児島実時代の杉内

鹿児島実時代の杉内

クライマックスシリーズで涌井・成瀬

 2010年10月のクライマックスシリーズ第1S第1戦では、横浜高の先輩と後輩がぶつかりました。西武・涌井(現ロッテ)と1学年上のロッテ・成瀬(現ヤクルト)の対決は、ともに勝敗はつかず。この試合を制したパ・リーグ3位のロッテが、最後は日本一に輝きます。

横浜時代の涌井

横浜時代の涌井

出典: 朝日新聞

横浜時代の成瀬

横浜時代の成瀬

出典: 朝日新聞

悔しさ晴らした今宮

 高校時代の悔しさをプロで晴らしたのが、ソフトバンク・今宮です。大分・明豊高時代の2009年、春夏ともに花巻東・菊池に敗北。2016年9月24日の対戦で、初のシーズン2桁となる本塁打を西武・菊池から放ち、優勝戦線に食らいつきました。

明豊高時代の今宮

明豊高時代の今宮

出典: 朝日新聞

菅野、グラブ投げつけ悔しさ爆発

 東海大相模高、東海大で同期生だった田中(広島)と菅野(巨人)。2016年7月29日の対戦では、それまで37度の対戦でアーチがなかった田中が菅野から2打席連続本塁打を放ち、菅野はベンチにグラブを投げつけて悔しさをあらわにしました。

東海大相模時代の田中

東海大相模時代の田中

出典: 朝日新聞

東海大相模時代の菅野

東海大相模時代の菅野

出典: 朝日新聞

山中・岩貞、恩師の目の前で投げ合う

 震災被害に見舞われた熊本・必由館出身の山中(ヤクルト)と岩貞(阪神)。2016年8月29日に投げ合い完投勝利をあげた先輩の山中は「必由館同士の投げ合いで熊本が盛り上がってくれれば」とコメント。スタンドで観戦した必由館の西田監督は感激の面持ちでした。

必由館時代の岩貞

必由館時代の岩貞

出典: 朝日新聞

山崎康と原口、オールスターで再びバッテリー

 帝京高でバッテリーを組み、甲子園にも出場したDeNA・山崎康と1学年先輩の阪神・原口。今年のオールスター第2戦では、再びバッテリーを組みました。

帝京時代の山崎

帝京時代の山崎

出典: 朝日新聞

帝京時代の原口

帝京時代の原口

出典: 朝日新聞

「憧れの人」に投げ勝った関谷

 オリックス・近藤とロッテ・関谷は日大三の先輩と後輩。2016年5月22日、関谷のプロ初登板、初先発の相手がその近藤との投げ合い。8学年上の「憧れの人」に投げ勝ちました。この日バッテリーを組んだ吉田も日大三の同級生でした。

日大三時代の近藤

日大三時代の近藤

出典: 朝日新聞

日大三時代の関谷

日大三時代の関谷

出典: 朝日新聞

14歳からの旧友、海を越えて対戦

 巨人・クルーズと日本ハム・メンドーサは、メキシコ出身で14歳からの旧友。クルーズの実家とメンドーサの奥さんの実家が近く、クルーズの息子の名付け親はメンドーサとか。2016年年6月4日の交流戦で対戦し、クルーズが左越え3ランを放ちました。

巨人・クルーズ

巨人・クルーズ

出典: 朝日新聞

日本ハム・メンドーサ

日本ハム・メンドーサ

出典: 朝日新聞

カープ優勝!球児だった頃…甲子園経験ない中崎 雄星に勝った今村
前へ
県岐阜商時代の石原慶幸
次へ
1/9
前へ
次へ

あわせて読みたい

エボラ出血熱、もし日本で発症したら、どこでどのような治療を受けるの?
エボラ出血熱、もし日本で発症したら、どこでどのような治療を受けるの?
Q&A
高橋一生が神木隆之介に色気のコツを伝授? 『3月のライオン』後編
高橋一生が神木隆之介に色気のコツを伝授? 『3月のライオン』後編
PR
親になってわかった「子連れママが電車で座らない訳」 漫画に共感
親になってわかった「子連れママが電車で座らない訳」 漫画に共感
継ぎ目はどこ? 職人のスゴ技「文字が消える金属板」 町工場に聞く
継ぎ目はどこ? 職人のスゴ技「文字が消える金属板」 町工場に聞く
保護者会の会長が容疑者だなんて…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
保護者会の会長が容疑者だなんて…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
トルコは、なぜ選挙で「独裁」を選んだのか? 国民が払った「代償」
トルコは、なぜ選挙で「独裁」を選んだのか? 国民が払った「代償」
赤ちゃんとの関係、恋人に例えると… 漫画から伝わる、育児の過酷さ
赤ちゃんとの関係、恋人に例えると… 漫画から伝わる、育児の過酷さ
GINZA SIXって何?どんなとこ? 漫画家夫婦が描く、行くべきか否か
GINZA SIXって何?どんなとこ? 漫画家夫婦が描く、行くべきか否か
NEW
娘の気持ちも「忖度」してよ……ねぇママ! 漫画家夫婦が描く
娘の気持ちも「忖度」してよ……ねぇママ! 漫画家夫婦が描く
時代の先読み感ヤバイ… 30年前のナムコ注意...
時代の先読み感ヤバイ… 30年前のナムコ注意...
秋元康&つんく♂が語る「正解の無い道への歩み」
秋元康&つんく♂が語る「正解の無い道への歩み」
PR
野糞を続けて43年 「奥さんよりもウンコを選んだ」伊沢正名の信念
野糞を続けて43年 「奥さんよりもウンコを選んだ」伊沢正名の信念

人気

もっと見る