閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年09月15日

オリックス、なぜ弱い? 広島優勝!いよいよ優勝から最も遠い球団に

  • 15931

1996年、日本シリーズで巨人を破って日本一に輝いたオリックス

1996年、日本シリーズで巨人を破って日本一に輝いたオリックス

出典: 朝日新聞

オリックス、なぜ弱い?

リクエストの内容

弱すぎます。

オリックス、弱すぎます。

どうにかしてください...

さも

2016年07月08日

 プロ野球12球団で最もリーグ優勝から遠ざかっていた広島が、25年ぶりの優勝を果たしました。では、これで現在、最も優勝から遠ざかるのは、どこのチームになるのでしょうか。答えはオリックス。1995、96年のパ・リーグ連覇以来20年、優勝していません。次が98年の横浜(現DeNA)です。「がんばろう神戸」をスローガンに、イチロー、田口壮らを擁して日本一になった球団は昨季5位、今季は最下位に。なんでこんなに弱いのでしょう?

1996年、リーグ優勝を決めるサヨナラ二塁打を放ったオリックスのイチロー。オリックスでプレーしたのは2000年まで。01年から大リーグへ羽ばたいた。

1996年、リーグ優勝を決めるサヨナラ二塁打を放ったオリックスのイチロー。オリックスでプレーしたのは2000年まで。01年から大リーグへ羽ばたいた。

出典: 朝日新聞

「40億円補強」の失敗

 とはいえ、ずっと下位だったわけではなく、2014年には優勝したソフトバンクとゲーム差なしの2位と、健闘しました。「優勝も夢じゃない」となった球団はそのオフ、総額40億円ともいわれた大補強に乗り出します。

 大リーグから中島裕之、日本ハムから小谷野栄一、DeNAからブランコといった強打者を獲得。これが全くの空振りでした。彼らは軒並み不振や故障。15年は開幕から低迷すると、6月に森脇浩司監督が休養します。

キャンプで練習を見つめる田口2軍監督(右)。隣は福良監督

キャンプで練習を見つめる田口2軍監督(右)。隣は福良監督

出典: 朝日新聞

 「単純に選手を上積みすれば強くなるというものではない。あと一歩で優勝を逃した前年の悔しさを知るメンバーで戦っていれば、勝負できたんじゃないか。連帯感、つながりもあっただろう」。在阪のスポーツ紙記者も指摘します。

 新しい選手が加われば、当然昨年のメンバーは押し出される。お金をかけて呼んだ選手だけに、監督も使わざるを得ない。うまくかみ合わなかったのでしょう。

2014年、ソフトバンクを追い詰め、優勝まであと一歩に迫ったオリックスの選手たち

2014年、ソフトバンクを追い詰め、優勝まであと一歩に迫ったオリックスの選手たち

指揮官をここまで迷走させた最大の要因は、オフの大型補強だろう。中島、小谷野は期待された二遊間を守れず機動力の面でも弊害になる。でも巨額の資金を投じた選手。「ボリュームが厚くなった。重くなったのかもしれない」と語る森脇監督は、自らの手で育てた若手の出場機会を奪ってまで、新戦力を使った。補強は19年ぶりの優勝を厳命した宮内オーナーの強い希望でもあった。ブランコ、中島は開幕しても明らかに体が太かった。打てないうえに、ともにけがで2度目の離脱中だ。戦力として見込んだ編成担当の判断はどうだったのか。責任を負うべきは、監督だけではないはずだ。

出典: 2015年6月3日:「手遅れ、よくない」 森脇監督、不振で休養 プロ野球:朝日新聞紙面から

目先にこだわる

 オリックスの監督交代は、もはやお家芸とも揶揄されます。結果が出なければ、シーズン前半でも容赦なくクビです。2003年は開幕直後の4月に石毛宏典監督が解任されました。

 08年にはコリンズ監督、12年には岡田彰布監督が途中で退任しています。長期的な視野に立ったチーム作りが、しづらい環境にあると言えそうです。

 広島も長年低迷していましたが、緒方孝市監督の前の野村謙二郎監督は5年、ブラウン監督も4年務めています。こういった長期的なチーム作りの中から、丸佳浩や鈴木誠也といった選手が育ってきたのです。対照的ですね。

シーズン途中で休養を発表したオリックスの森脇浩司監督

シーズン途中で休養を発表したオリックスの森脇浩司監督

出典: 朝日新聞

 ドラフト制度やチームの編成に詳しい野球ライターの小関順二さんは「オリックスは目先の結果をほしがりすぎる」と指摘します。

 「広島の鈴木は昨季は97試合出場、58安打しか打っていない。でも、今季は見切り発車的にレギュラーで起用、我慢して使い続けたら結果が出た」

 「日本ハムは大谷、近藤、中島、西川。ソフトバンクは武田、今宮ら。高卒を指名し、主力に育てあげています。オリックスは出来上がっているけど小粒な大学、社会人の選手を指名する傾向にある。高卒の選手の方が爆発力があるんです」

萌えキャラとして人気のバファローベル

萌えキャラとして人気のバファローベル

出典: 朝日新聞

光は大阪密着

 オリックスにも明るい兆しはあります。神戸から大阪に移転し、地道にファンを増やしているのです。球団は2011年夏に「ファーム事業グループ」を設置。2軍を広告塔に大阪で地域密着戦略を進めました。

 吹田や高槻などの大阪府内で2軍の公式戦を実施し、球場警備、チケットのもぎりなど行政や住民が運営に関わることで、球団に愛着を持ってもらいました。

5月29日に京セラドームであったオリックス―広島戦で、両球団の女性ファン「オリ姫」と「カープ女子」がファッション対決で盛り上がった。

5月29日に京セラドームであったオリックス―広島戦で、両球団の女性ファン「オリ姫」と「カープ女子」がファッション対決で盛り上がった。

出典: 朝日新聞

 2012年以降、観客動員は上昇の一途。「カープ女子」に対抗するかのように、「オリ姫」と呼ばれる女性ファンも定着しました。練習拠点も神戸から大阪市の舞洲に移転。サッカーのセレッソ大阪、バスケの大阪エヴェッサも拠点を置いており、三つの球団が集う「ボールパーク化」が期待されています。

 チームの方は95、96年のV戦士の田口氏を2軍監督として招聘。「球場の外」は成功しつつあるので、あとはグラウンドの中です。地元ファンの後押しを受け、目先の結果にこだわらず、コツコツと若手を育てていけば……。広島のようになるのも夢ではないはずです。

イチローがいた神戸…優勝の凱旋パレード、懐かしの振り子打法
前へ
1999年7月24日のオールスター1回戦 先制の本塁打を放ったオリックス・イチローを笑顔で迎える西武・松坂
次へ
出典:朝日新聞
1/30
前へ
次へ

11
Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
どん兵衛、なぜラッセンとコラボ? シャチとかき揚げ、日清に聞いた
どん兵衛、なぜラッセンとコラボ? シャチとかき揚げ、日清に聞いた
NEW
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
超危険!おんぶ自転車、衝撃の実験結果 「無いと困る…」悩む保護者
超危険!おんぶ自転車、衝撃の実験結果 「無いと困る…」悩む保護者
ジャニーズ中国人ファンが心配する「転売禁止」 爆買いツアーの実態
ジャニーズ中国人ファンが心配する「転売禁止」 爆買いツアーの実態

人気

もっと見る