閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年08月28日

「シン・ゴジラ」市川実日子さん、最後のセリフに込めた複雑な思い

  • 220900

市川実日子さんが演じた尾頭ヒロミ ©2016 TOHO CO.,LTD.

市川実日子さんが演じた尾頭ヒロミ ©2016 TOHO CO.,LTD.

 この夏、大ヒットしている庵野秀明総監督の映画「シン・ゴジラ」。特に話題になっているのが、劇中を彩るユニークな登場人物です。なかでも、俳優の市川実日子さん演じる環境省の若手官僚、尾頭ヒロミが人気を集めています。ネット上では有名マンガ家が似顔絵を投稿するなど「ヒロミ祭り」に。この事態をどう受け止めているのでしょうか? 市川さんを直撃しました。

インタビューに応える市川実日子さん。映画「シン・ゴジラ」ではほぼすっぴんだったという。「メイクの時間は男性と変わらないぐらいで、(撮影の)入り時間がゆっくりでうれしかった」=東京・新宿、篠田英美撮影

インタビューに応える市川実日子さん。映画「シン・ゴジラ」ではほぼすっぴんだったという。「メイクの時間は男性と変わらないぐらいで、(撮影の)入り時間がゆっくりでうれしかった」=東京・新宿、篠田英美撮影

出典: 朝日新聞

※記事に映画のネタバレを含みます。まだ見ていない方はご注意ください


ツイッターに投稿された本気の似顔絵

 市川さん演じる尾頭ヒロミは、環境省自然環境局野生生物課の課長補佐。ゴジラ出現に際して集められたベテランの海洋生物学者らが役に立たず、急きょ抜擢されて、首相や閣僚らが集まる会議に参加する役どころです。

 仏頂面で誰とも目をあわせず、ものすごい早口でゴジラについて的確な分析を加える姿が観客の胸を射抜き、ツイッター上には、愛のこもった似顔絵が相次いで投稿されました。

 「まわりの友だちが、イラストになったり記事になったりしたものを送ってきてくれるので、ちょっとは知っていましたが、どんなことになっているのかわかってないところがあって」と市川さん。

 「なんか、すごく遠いところのことというか、実感がないですね。テレビを見ているような感じ」

 想定外の騒ぎに、「ゴジラが人気だって聞くとすごくうれしい。でも、自分のキャラクターがって言われると、よくわからなくなっちゃうみたいで」と戸惑いを隠せない様子。

 「でも、うれしいんですよ。拒否しているわけではないんです」と、控えめに喜びを表していました。


 記者がインタビュー時に持っていったさまざまなイラストを眺めながら、「みんな描きたくなるんですかね。マンガ顔ってことかしら? でも、ちょっとアニメキャラっぽいですよね、尾頭さん」と笑顔に。

 パロディーマンガ家の田中圭一さんが描いた「巨匠タッチ」のイラストを指さして、「わたし、これが一番似てるのかなと思って。藤子Fタッチ」と楽しそうに話していました。

尾頭ヒロミができるまで

 尾頭ヒロミはどのようにして生まれたのでしょうか。性格や衣装の設定などについて、市川さんにずばり聞きました。

 「台本上で尾頭の人物像がわかるのって、せりふと、一番最初の登場シーンのト書きぐらいだったんです」。

 ト書きには、「首相や上級官僚の集まる部屋に若手の課長補佐が入ることは普段ありえない。にもかかわらず、尾頭は臆することなく自分の仕事をする」という説明があったそうです。

 「衣装あわせのとき、樋口(真嗣)監督から付箋で人物像のヒントをいただきました」。

 付箋には「探求心」「こびない」「マイペース」「冷静沈着」「内向的」「まじめ」「他者を気にせず」とあったそうです。これらの言葉と台本から、人物像をふくらませていったと言います。

市川実日子さんが演じた尾頭ヒロミ ©2016 TOHO CO.,LTD.

市川実日子さんが演じた尾頭ヒロミ ©2016 TOHO CO.,LTD.

 「撮影が始まってから、あっ、もしかして(他者の)目を見ない人なのかな、と。台本には『見据えて言う』みたいに書いてあったんですけど。庵野さんに『目、見ないですかね』って尋ねたら、『見ないね』って。そこから一切、人の目を見ないで話しました」

 「あと、なんとなく、ちゃんとスーツは着てるし、最低限のルールみたいなものは守っているかもしれないけど、寝癖とかあったほうがいいのかな、とか。ちょっとぼさっとしているというか。それで毎日寝る前に、寝癖がつくように髪を折って寝てました」

 「ブラシとか使うような人ではないというか。洋服も、デザイン性があるようなのは着ない人かなって想像しましたね」。

 メイクもほぼすっぴん。「メイクの時間は男性と変わらないぐらいで、(撮影の)入り時間がゆっくりでうれしかった」と笑っていました。

映画「シン・ゴジラ」の場面 ©2016 TOHO CO.,LTD.

映画「シン・ゴジラ」の場面 ©2016 TOHO CO.,LTD.

「よかった……」に込めた思い

 物語の最終盤、ゴジラが出した放射性物質の半減期が20日程度とわかり、尾頭さんが「よかった……」とつぶやくシーンに悶絶したファンは数知れず。

 ずっと仏頂面だった尾頭さんが、ただ1度、ほほえむ場面。

 「あの場面があるから、(それまでは)なるべく表情を崩さなかった」と市川さんは振り返ります。

 「でも、ひそかに尾頭のなかでは、表情が一応あるんですよ。『これでゴジラがこの星で最も進化した生物という事実が確定しました』って言うところは、ちょっとうれしいんですよね、尾頭的には。生物好きなので」

インタビューに応える市川実日子さん。似顔絵になった尾頭ヒロミに「わたし、これが一番似てるのかなと思って。藤子Fタッチ」=東京・新宿、篠田英美撮影

インタビューに応える市川実日子さん。似顔絵になった尾頭ヒロミに「わたし、これが一番似てるのかなと思って。藤子Fタッチ」=東京・新宿、篠田英美撮影

出典: 朝日新聞

 ゴジラの凍結作戦が成功し、除染に希望が見えたものの、人命や街の被害は大きい。その直後に発する「よかった……」の一言には、複雑な胸のうちをにじませたそうです。

 「信じられないっていう思い、本当によかったなっていう安堵、解決はしないけれどっていう不安、いろんな気持ちを込めたつもりです。なるべく噓にしたくないというか、よかったよかったっていうことでもないので」

 「だから、万歳ってならないじゃないですか、ゴジラが凍結したときも。それはたぶん、見る側の人が現代の日常で感じていることだと思う。わたし個人として感じる部分も含めて、あの場面は演じました」

環境省の若手官僚、尾頭ヒロミを演じた市川実日子さん。「洋服も、デザイン性があるようなのは着ない人かなって想像しましたね」

環境省の若手官僚、尾頭ヒロミを演じた市川実日子さん。「洋服も、デザイン性があるようなのは着ない人かなって想像しましたね」

女性にも人気。そのわけは?

 8月24日夜、東京・新宿で「女性限定鑑賞会議」が開かれました。429席が3分で完売するほどの人気ぶりで、上映後の舞台挨拶には市川さんのほか、共演者の松尾諭さん、塚本晋也さん、片桐はいりさんが劇中の衣装で登場しました。

 客席から「ヒロミ―!」「かわいい!!」と歓声が上がり、両手で顔を覆って恥ずかしがった市川さん。会場には、尾頭さんのコスプレで駆けつけたファンもいました。

早口のせりふを一気にしゃべり、サムズアップ!

早口のせりふを一気にしゃべり、サムズアップ!

 男性のみならず、女性からも支持されるのはなぜでしょう。

 「もしかしたら、毎日会社のなかで意識的にも無意識的にも女性が感じている、ちょっと我慢したりとか、男性上司に対して思っていることとか、そういうのが無意識レベルから発散される何かがあるんですかね、尾頭さんのキャラって。みんな何を思っているのか、わたしが知りたいです」

 主役のみならず、脇役のひとり一人にまでスポットライトがあたっている「シン・ゴジラ」。勢いはまだ止まりません。

ゴジラの記念撮影でなぜかグワシ! おちゃめな市川実日子さん
前へ
インタビューに応える市川実日子さん。似顔絵になった尾頭ヒロミに「わたし、これが一番似てるのかなと思って。藤子Fタッチ」=東京・新宿、篠田英美撮影
次へ
1/9
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でア...
「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でア...
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた

人気

もっと見る