閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年07月15日

中国が完敗、言い渡された「5つのダメ出し」 南シナ海境界線

  • 186573

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁。中国艦船とみられる影がみえる=ロイター

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁。中国艦船とみられる影がみえる=ロイター

 南シナ海に主権が及ぶとして海洋進出を強める中国に、国際司法が初めてNOを突きつけた…。フィリピンが国連海洋法条約違反として申し立てた仲裁裁判。申し立てから3年半を経て出した結論は、中国の管轄権を全面的に批判するものでした。オランダ・ハーグにある常設仲裁裁判所が中国に突きつけた「5つのダメ出し」とは?(朝日新聞国際報道部記者・今村優莉)

【ダメ出し1】中国が主張する境界線→『証拠なし』

 判決の最大の焦点は、中国が主張する独自の境界線、いわゆる「9段線」を認めるかどうかでした。中国側は南シナ海の全域がすっぽり収まる9段線を境界線として主張し、ここに自国の権利が及ぶとして、七つの岩礁を埋め立て、人工島などを造ってきました。

【判決では…】中国や他国の漁師が歴史的に南シナ海の島々を利用していたとしても、中国がその水域や資源を独占的に支配していたという証拠はない。よって裁判所は、中国が「9段線」内の海洋水域の資源について主張する歴史的権利は、法的な根拠はないと認定する。

フィリピン海軍と合同で軍事訓練をする海上自衛隊の護衛艦=ロイター

フィリピン海軍と合同で軍事訓練をする海上自衛隊の護衛艦=ロイター

【ダメ出し2】埋め立てた人工島→『岩以下』

 中国が埋め立てた人工島が何にあたるのかも争われました。仮に『島』であれば、周囲12カイリ(約22キロ)が“領海”として認められ“排他的経済水域(EEZ)”では資源の探査や人工島が設置できます。『岩』は領海のみが認められます。満ち潮の時は水没してしまう『低潮高地』だと何の権利も認められません。

【判決では…】中国が建設を進める七つの人工島についてはスビ礁、ヒューズ礁、ミスチーフ礁の3か所は『低潮高地』。南沙諸島に『島』はなく、この海域に中国の管轄権が及ぶ場所はない。

中国艦船と併走するベトナム艦船=ロイター

中国艦船と併走するベトナム艦船=ロイター

【ダメ出し3】中国艦船の存在→『フィリピン漁民の邪魔』

 中国の南シナ海における活動については、中国艦船がフィリピンの漁民の漁業を妨害しているという批判が起きていました。

【判決では…】中国はフィリピンのEEZ内で、フィリピンの漁業・石油探査の妨害や、人工島の建設などによってフィリピンの主権を侵してきた。フィリピン漁民のアクセスを制限して権利を侵害した。中国艦船はフィリピン船を妨害し、深刻な衝突の危険を生み出した。

【ダメ出し4】人工島建設→『環境を破壊』

 中国の“人工島”建設に関しては、自然を破壊しているという指摘がありました。

【判決では…】中国は大規模な埋め立てと人工島の建設を七つの岩礁で実施し、サンゴ礁に修復不可能な損害を与えた。中国当局は、中国人漁師がサンゴ礁に激しい被害を与える方法で絶滅のおそれがあるウミガメやサンゴ、ミル貝などを大量に捕獲していると知りながら、その活動を止める義務を果たさなかった。

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁=ロイター

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁=ロイター

【ダメ出し5】中国の態度→『証拠を破壊』

 大規模な人工島建設を強行した中国の態度が、今回の紛争を悪化させたかどうかも争われました。

【判決では…】中国は海洋環境に修復不可能な損害を与え、フィリピンのEEZ内で大規模な人工島を建設し、南シナ海諸島の自然な状態という証拠を破壊した。こうした行為は紛争解決の手続き中の条約国としての義務に背く。

中国、2万字に及ぶ白書で反論

 さて、対する中国の反応を見てみましょう。もともと中国はこの裁判について「一片の紙くず」(戴秉国・前国務委員)、「受け入れず、参与せず、認めない」(人民日報)、「茶番劇」(王毅外相)と、相手にしない立場をとっていました。

 判決が下った翌13日、中国国務院は2万字に及ぶ白書で反論。タイトルは《中国は断固として、南シナ海に関する争いをフィリピンとの話し合いを通じて解決していく》というもので、これまた「5つの主張」を展開しています。

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁を警備する中国人民解放軍の兵士=ロイター

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁を警備する中国人民解放軍の兵士=ロイター

【主張1】南シナ海「2000年前から支配」
 中国人民の南シナ海における活動は、紀元前2世紀の西漢時代にさかのぼる。中国が最も早く発見し、命名し、利用し、かつ周辺海域にて有効的、平和的に主権を担ってきた。中国がこの海域における権益は長い歴史をかけて確立されたものであり、法的根拠に十分基づいたものだ。

【主張2】争いの発端は「フィリピンが違法に占拠」
 南シナ海を巡る中国、フィリピン両国の争いの発端は、フィリピンが違法に中国の管轄する南沙諸島の島嶼を占拠したことが核心だ。南沙諸島はフィリピン領土の外にある。国際海洋法の制度の発展が中国・フィリピン間の海洋区分の争いを生み出したのだ。

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁を警備する中国人民解放軍の兵士=ロイター

南シナ海の南沙諸島にあるファイアリー・クロス礁を警備する中国人民解放軍の兵士=ロイター

【主張3】争いは「話し合いによって解決する」
 中国は断固として南シナ海諸島における主権を守り抜き、フィリピンによる一方的な訴えに反対する。フィリピンとは話し合いを通じて解決していく。だが、残念なのは、フィリピン側に協力する意志が乏しいため、両国の話し合いが停滞している。

【主張4】「問題を複雑化しているのはフィリピンの方だ」
 フィリピンは、中国との間で成立した南シナ海紛争の解決に関するコンセンサスに背き、「国連海洋法条約」の制度を乱用して勝手に(仲裁裁判所に)訴えた。この行為は解決を導くためではなく、これを機に中国の自国の管轄を否定したいだけなのだ。

【主張5】中国は南シナ海を平穏に保つ要である。一貫して憲法に従い、国際法治の促進を保ち、国際法を尊重し、争いや不一致を話し合いによって解決してきた。ウィンウィンの関係を通じて南シナ海を平和的、友好的、協力的な海にするために尽力する。

中国のトップシークレット「中南海」13億人つかさどる最重要エリア
前へ
中南海の一角
次へ
1/7
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
NEW PR
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
「WELQでガン調べて愕然…」 看病で社長引退、南場会長が語った言葉
「WELQでガン調べて愕然…」 看病で社長引退、南場会長が語った言葉
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...

人気

もっと見る