閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年07月10日

若者にお金を回すには? 高齢者に手厚いカラクリ、10代の戦い方

  • 3320

奨学金の問題を訴える高校生ら=2016年6月19日、名古屋市中区

奨学金の問題を訴える高校生ら=2016年6月19日、名古屋市中区

 「社会保障」という言葉を聞いて真っ先に思い浮かべるのは何ですか? 年金や介護保険といった老後の備えではないでしょうか。でも、そうしたとらえ方はもう古いかもしれません。18歳と19歳が選挙権を得た今回の参院選。「人生の前半こそ社会保障が必要」と提唱する京大教授の広井良典さんと、支え合いのあり方を考えます。(朝日新聞文化くらし報道部記者・井上充昌)

アメリカより少ない「失業対策」

 元気に働けて十分な収入を得られるうちは、当面の生活に心配はありません。しかし、病気や失業、老いなど、人生には不確実さがつきものです。一人では備えられないリスクにみんながお金を出し合って助け合うのが社会保障です。

 どんな分野にお金をどれぐらい配分するかは、国にによって違います。日米仏の3カ国の社会保障について、お金の使い道をまとめたのが次のグラフです。

 日本は高齢者に手厚いことが読み取れます。「家族」に関する支出が最も多いのはフランスです。子育て世帯向けの手当などが厚く、出生率が回復したことでも知られます。

 現役世代向けの「失業」に関する支出も日本は多くありません。自己責任型社会のイメージが強いアメリカを下回る状況です。

社会保障の使い道の構成割合

社会保障の使い道の構成割合

なんで高齢者にお金が回る?

 なぜ、日本の社会保障の支出は高齢者に偏っているのでしょうか。広井さんは「高度成長期の発想、モデルをいまだに引きずっているから」と解説します。

 以前は、現役世代は会社ががっちりと生活を保障していました。「生活上のリスクは退職後に集中していたので、社会保障も年金、高齢者医療、介護で足りていました」と広井さん。

 しかし、会社はいざという時に頼れる存在ではなくなりました。派遣社員などの非正規の働き方が増え、正社員でも「ブラック企業」のように厳しい労働環境が生まれています。

「高度成長期の発想、モデルをいまだに引きずっている」と指摘する京大教授の広井良典さん

「高度成長期の発想、モデルをいまだに引きずっている」と指摘する京大教授の広井良典さん

人生のリスクが前倒し

 家族のありようも変わりました。結婚して家庭を持つ生き方が大多数ではなくなり、単身世帯が増えています。家族の面倒をほかの家族が見るということは期待できなくなりました。

 「カイシャや家族といった『古い共同体』が揺らぎ、かつては高齢期に集中していた生活上のリスクが人生の前半に広く及ぶようになっているのです」

 例えば、失業率。年代別で見ると、最も高いのが10代後半から30代前半の層です。雇用の総量が増えない中、「椅子取りゲーム」のような状態になり、若年層がしわ寄せを受けていると広井さんは見ています。

 広井さんが「人生前半の社会保障」への発想の転換を掲げるもう一つの背景は、経済格差の連鎖です。

 「個人が人生で『共通のスタートライン』に立てなくなっています。貧困の連鎖を断つ上で大切なのは『教育』で、これも広い意味での社会保障です」

仕事帰りに求人情報をチェックする派遣社員の女性。この日は、週末の単発仕事で採用通知が届いていた=2015年6月10日、大阪市北区

仕事帰りに求人情報をチェックする派遣社員の女性。この日は、週末の単発仕事で採用通知が届いていた=2015年6月10日、大阪市北区

出典: 朝日新聞

「裕福な方々の年金の一部を回せば…」

 しかし、日本は教育への公的支出を見ても、国際的に低い水準です。中でも、就学前と高等教育期は特に低いといわれます。

 とはいえ、高い経済成長は見込めず、限りあるお金をどう配分するかはますます難しくなっています。

 そこで、広井さんはお金の工面の仕方について、ある数字を持ち出します。

 「例えば、国立大学86大学の収入のうち、学費は3300億円(2014年度)。一方で、年金の給付額は54兆円(13年度)。とても裕福な方々の年金の一部を回せば、学費を無料にできる計算になります」

 考え方としては筋の通った説明です。お金のやりくりについて、若年層を含めてみんなで知恵を出し合う価値はありそうです。

 「選挙で意思を示すのも大切ですが、これからは『若者にもきちんとお金を使って』と、さらに声を上げていくのも大事ではないでしょうか」

意表突く18歳選挙権ポスターとは?
前へ
参院選の投票を呼びかけるポスター
次へ
出典:「和歌山リア10プロジェクト」のホームページより
1/37
前へ
次へ

あわせて読みたい

日本ハムが「白衣の天使」を招待 球団職員「彼女が看護師で…」
日本ハムが「白衣の天使」を招待 球団職員「彼女が看護師で…」
太宰治の「桜桃忌」、実は命日じゃない? 当時の新聞を見てみると…
太宰治の「桜桃忌」、実は命日じゃない? 当時の新聞を見てみると…
「この男、信用できるのか?」恋も選挙も情報戦 そんな時のSVR理論
「この男、信用できるのか?」恋も選挙も情報戦 そんな時のSVR理論
映画館デートで注意したい77のポイント
映画館デートで注意したい77のポイント
PR
AKB順位予測、大学・企業が熱心なワケ データで読める?人の心理
AKB順位予測、大学・企業が熱心なワケ データで読める?人の心理
これ以上働いたら壊れるよ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く過労死
これ以上働いたら壊れるよ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く過労死
AV強要の実態は? 撮影に同行 「えっ」と絶句した女優の自己決定権
AV強要の実態は? 撮影に同行 「えっ」と絶句した女優の自己決定権
イスラム女子の「コスプレ魂」 ヒジャブで「盛り髪」戒律を逆手
イスラム女子の「コスプレ魂」 ヒジャブで「盛り髪」戒律を逆手
のんさんが、恋人にしたい相手の理想の身長を想像させた映画とは?
のんさんが、恋人にしたい相手の理想の身長を想像させた映画とは?
PR
AKB総選挙、中止でも「逆に奇跡」 前乗りしたファンが見た「伝説」
AKB総選挙、中止でも「逆に奇跡」 前乗りしたファンが見た「伝説」
「昼顔」中国で異常人気の理由 チケット5千枚、30秒で完売の事態に
「昼顔」中国で異常人気の理由 チケット5千枚、30秒で完売の事態に
14歳の藤井四段と桐山少年、どっちが強い? プロ棋士の恐るべき能力
14歳の藤井四段と桐山少年、どっちが強い? プロ棋士の恐るべき能力

人気

もっと見る