閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年12月25日

紅白歌合戦の男女って? オネエ系の微妙さと社会の鈍感さ 北条かや

  • 20536

紅白歌合戦から考える男と女の違いとは?写真は白組の常連、美川憲一さん(右)と、男性タレントで初めて紅組に出場したゴリエさん

紅白歌合戦から考える男と女の違いとは?写真は白組の常連、美川憲一さん(右)と、男性タレントで初めて紅組に出場したゴリエさん

出典: 朝日新聞

 24日に曲順が発表された今年のNHK紅白歌合戦。「今年のNHK紅白歌合戦は見どころがない」「『大物』の復活も、今さら感が否めない」など、2015年の紅白には、放送前から批判が多い。昨年は「アナ雪の演出に期待」とか、「中森明菜が新曲を披露するらしい」など、けっこうワクワクしている人も多かったが、今年はややネガティブな声が目立つ。「『性の多様化』が当たり前の時代に、男女で分ける意味がない」との批判も根強い。それでも紅白には、あえて見る価値があると私は思う。

ほうじょう・かや ライター。若者論やジェンダーの問題を中心に執筆。『キャバ嬢の社会学』『整形した女は幸せになっているのか』(いずれも星海社新書)。1月に新著『本当は結婚したくないのだ症候群』を出版予定。(撮影:青山裕企氏)

ほうじょう・かや ライター。若者論やジェンダーの問題を中心に執筆。『キャバ嬢の社会学』『整形した女は幸せになっているのか』(いずれも星海社新書)。1月に新著『本当は結婚したくないのだ症候群』を出版予定。(撮影:青山裕企氏)

出典:https://twitter.com/kaya_hojo

男女の違いを意識しはじめる時期と「紅白」

 小学生時代、大晦日はテレビにかじりついて、狂ったように紅白を見ていた。9~10歳の頃だったか、クラスの男子と、「赤組・白組どちらが勝つか」で競い合ったのを覚えている。「絶対に赤が勝つもん!」「いや、白が勝つ!」……クラスメイト同士であんなに盛り上がった理由は分からないが、きっと「男女の違い」を意識しはじめる萌芽の時期だったせいだと思う。

 自分の「性」を代表するアイドル歌手が、一生懸命に「勝ち」を目指す。男と女が対等に勝負する(ように見える)構造に、自然と血湧き心躍ったのだ。私が小学生の頃は、ちょっとお姉さん的存在だった「SPEED」や「安室奈美恵」などが出ており、自分が彼女たちと同じ「女」だと思うと、妙な誇らしさがあった。

SPEED。右から新垣仁絵、今井絵理子、島袋寛子、上原多香子=1997年10月

SPEED。右から新垣仁絵、今井絵理子、島袋寛子、上原多香子=1997年10月

出典: 朝日新聞

 少女ながらに、というか無知な少女だったからこそ、性の対立構造を”純粋に”エンタメとして消費できたのだろう。放送の最後で、勝敗が決定する瞬間。箱に入れた玉の数が数えられ、2分の1の確率で「女」が勝つと思うと、妙にドキドキした。テレビ画面に「赤組優勝!!」の字幕スーパーが出る。くす玉が割れ、紙テープが舞う。あの高揚感は忘れられない。赤組が勝った年は、お正月休みが明けると、クラスの男子にドヤ顔をしたものだ。

 今となっては、あの単純すぎる男女の対決が「当然」だったことが懐かしい。あの頃は、男女が対等に「戦う」のが自明の理だった。性別と、テストで100点を取ること、スポーツができること、学級委員長になることは、まったく関係がなかった。

2015年の第66回NHK紅白歌合戦に初出場する歌手たち=2015年11月

2015年の第66回NHK紅白歌合戦に初出場する歌手たち=2015年11月

出典: 朝日新聞

「女」が、あるニオイを放ち始めた

 中学になるあたりから、私は紅白歌合戦にワクワクしなくなった。女という「性」が、あるニオイを放ち始めたからだ。

 生徒会長には男子がなるもので、テニス部の女子はミニスカートが可愛いからチヤホヤされ、学業成績やスポーツで男子を凌駕する女子より、おバカで華奢な美人がもてはやされるようになった。教師は、男子が持ち込んだ「有害図書」を取り上げ、早熟な同級生同士がくっついて、ヤったの、ヤらないだのが話題に上った。

有害図書ポスト、通称「白ポスト」=2007年12月

有害図書ポスト、通称「白ポスト」=2007年12月

出典: 朝日新聞

 思春期に女が放ち始めるニオイには、敏感な人と、そうでない人がいる。自分にとっては、あまり気持ちのいいものではなかった。その頃から私は、紅白歌合戦に対して「別に赤白、どっちが勝ってもよくない?」と、冷めた態度をとるようになったと思う。好きな歌手が出ない限りは、特に見なくなった。仲の良い友人はジャニーズアイドルに夢中だったが、彼女たちにとっても、紅白歌合戦は「男女の対決を楽しむもの」ではなく、「男性アイドルを鑑賞するだけのもの」になっていた。

 番組の途中にある、「赤勝て、白勝て」の応援コーナーも恥ずかしかった。盛り上がり過ぎ。別にどっちが勝っても関係ないし。女特有のニオイになじめなかった自分にとって、大晦日に家族が見ている中で垂れ流される「男女の二項対立」は気まずかった。

 紅白は、男女のニオイが強烈に放たれる磁場である。新人アイドルから大物歌手まで、みんなが「男と女」に分かれて、生々しいものを隠して歌ったり踊ったりしている。恥ずかしくて直視できなかった。その気恥ずかしさは、今でも感じる。だからこそ、今年はあえて「真剣に」見てみようとも思う。

紅白歌合戦で「心のプラカード」を歌うAKB48=2014年12月31日

紅白歌合戦で「心のプラカード」を歌うAKB48=2014年12月31日

出典: 朝日新聞

オネエ系タレントの微妙な扱い

 2005年、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリが女装したキャラ「ゴリエ」が、男性ソロとして初めて「紅組」扱いになったあたりから、紅白ではいわゆる「オネエ系タレント」の扱いが微妙なことになっている。

 2007年には美川憲一とIKKOが共演、2008年には、これまた美川憲一とはるな愛が共演した。昨年にはついに「もも組」なるカテゴリが登場。IKKOに加えて、KABA.ちゃん、クリス松村などが場を盛り上げたが、「性の多様化を茶化しすぎ」「もはや紅と白に分ける意味がなくなったことの現れ」との声も聞かれた。

 男女を赤と白に分けて戦わせる構図のバカバカしさに、みんな気づいているのだ。「もも組」への批判には、「そのバカバカしさをNHK自身も分かっているのではないか」という議論も、含まれていたと思う。

紅白に紅組として出場したゴリエさん

紅白に紅組として出場したゴリエさん

出典: 朝日新聞

バカバカしいからこそ、見る価値がある

 昨年、28歳になって、数年ぶりに紅白をじっくり見た。不思議なことに、思春期に感じた、あの生々しい男女の磁場や、男と女を戦わせるバカらしさが、ちょっと懐かしく感じられた。

 今さら性別で出場歌手を分ける意味などないにもかかわらず、NHKは真剣にそれを演出している。大人になって見る紅白歌合戦は、昔のお遊戯会のビデオを見ているような、生暖かい感情を沸き起こさせた。

今年、渋谷区が始めた同姓パートナーへの「パートナーシップ証明書」を手に、渋谷区役所の庁舎から出てきた増原裕子さん(左)と東小雪さん=2015年11月5日

今年、渋谷区が始めた同姓パートナーへの「パートナーシップ証明書」を手に、渋谷区役所の庁舎から出てきた増原裕子さん(左)と東小雪さん=2015年11月5日

出典: 朝日新聞

 性の生々しさを隠した、お祭り騒ぎの恥ずかしさも、「また一興」と思えるようになった。紅白歌合戦を黙って見ていられる鈍感さを身に付けることが、この社会で大人になるということかもしれない。

 今年は特別企画として、番組内で「アニメ紅白」が行われるそうだ。紅組の司会は「ちびまる子ちゃん」のまる子、白組は「妖怪ウォッチ」のウィスパーが務めるという。まる子はまだしも、ウィスパーって「男」なんだ……そこまで男女で分けるんだ……と思った。

 やっぱりバカバカしいし、昨年の「オネエ系タレント」からなる「もも組」にも通じる、節操なさがある。ケジメがないし、アホらしい。が、そのアホらしさを「嗤(わら)う」ために、私は今年も紅白歌合戦を見るつもりだ。ニヒルに過ぎるだろうか。それでもいい。NHKが演出する「男と女」に鈍感になりすぎないために、私はあえて紅白を見るのだ。

同性愛を告白した著名人 女優・歌手・元首相… 偏見恐れず公に
前へ
ジョディ・フォスター氏。米ゴールデングローブ賞の授賞式で同性愛者であることを公にした=1995年4月27日
次へ
前へ
次へ

あわせて読みたい

ドラクエの日、1986年発売の「同級生ソフト」は名作揃いだった!
ドラクエの日、1986年発売の「同級生ソフト」は名作揃いだった!
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
PR
サラリーマン目線の広告に共感 「結局現場にムチャぶりですか?」
サラリーマン目線の広告に共感 「結局現場にムチャぶりですか?」
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
そして「にょきにょき」へ ぷよぷよの仁井谷さん、再起へのたびだち
そして「にょきにょき」へ ぷよぷよの仁井谷さん、再起へのたびだち
「キング・オブ・タトゥー」12年の歴史に幕 逆風で会場確保が困難に
「キング・オブ・タトゥー」12年の歴史に幕 逆風で会場確保が困難に
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「加計学園」あの会見現場で起きていたこと…熱気がカメラに乗り移る
「加計学園」あの会見現場で起きていたこと…熱気がカメラに乗り移る
「陽」の彫刻、光が差すと「陰」の文字が!...
「陽」の彫刻、光が差すと「陰」の文字が!...
改宗を決めた日、トンカツ屋へ でも今は…日本人イスラム教徒の日常
改宗を決めた日、トンカツ屋へ でも今は…日本人イスラム教徒の日常
「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー
「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー
PR

人気

もっと見る