閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年09月28日

怪談、根強い人気 美人すぎる女性怪談師 実話買い集める異色作家

  • 1918

「美人すぎる怪談師」として人気の山口綾子さん(左)と、怪異体験を買い取る「怪談売買所」を開いている宇津呂鹿太郎さん(右)

「美人すぎる怪談師」として人気の山口綾子さん(左)と、怪異体験を買い取る「怪談売買所」を開いている宇津呂鹿太郎さん(右)

 怪談ライブが根強い人気です。大御所、稲川淳二さんだけでなく、女性の怪談師も活躍しています。怪異体験を1話100円で買い取る、異色の怪談作家も登場しています。

稲川淳二さん、全国で一人舞台

 稲川淳二さんは、7月から10月まで全国で36公演をこなす「稲川淳二の怪談ナイト」で、自ら書き下ろした怪談を語り、「心霊写真」を解説する約2時間の一人舞台を続けています。

 怪談ライブを本格的に始めたのは1993年から。語った怪談は400話を超えます。自らの実体験や「心霊探訪」の一人旅で発掘した話、人づてに聞いた奇妙な出来事などの破片をつなぎ合わせ、時には何年もかけて創作します。

 怪談の魅力について、稲川さんは「怪談には、ひとの心を感じる味わいがある。ゾクッとするのは状況の背景を想像して輪郭が見えてくるから。瞬間的なショックを感じる欧米のホラーとは違うんです」と語っています。

怪談を語る稲川淳二さん=埼玉県の三郷市文化会館、早坂元興撮影

怪談を語る稲川淳二さん=埼玉県の三郷市文化会館、早坂元興撮影

出典: 朝日新聞

女性怪談師、怖がらせて癒やす

 昨年5月に六本木のロアビル地下1階にオープンした「怪談ライブバー スリラーナイト」では、女性怪談師の山口綾子さんが「美人すぎる怪談師」として人気を集めています。

 去年の3月まで製薬会社で営業をしていた山口さんですが、芸の道に進もうと一念発起して退職。たまたまお客としてきた、現在のお店で怪談師で師匠の城谷歩さんのライブに魅了され、弟子入り。秋に怪談師デビューを果たしました。

 15分のライブが始まると、山口さんは、表情が一変します。目をむいたり、不気味な擬音語を口にしたり、観客は「恐怖の15分間」に落とされてゆきます。ところが、ライブが終わると山口さんは満面の笑みに。怖がらされて、すぐに癒やされる。そんな人柄もあって、今では、お店の人気、怪談師になっています。

女性怪談師として活躍する山口綾子さん

女性怪談師として活躍する山口綾子さん

実話を買い取る、怪談作家

 あなたの怪異体験、1話100円で買い取ります。ただし、実話に限ります――。

 そう言って、各地のイベント会場で「怪談売買所」を開いているのは、怪談作家の宇津呂鹿太郎さんです。収集した話を文章にして、雑誌に寄稿したり、怪談ライブで語ったりするのを仕事にしています。

怪談売買所の案内ポスター

怪談売買所の案内ポスター

 個人名や地名はぼかしますが、「事実関係」は脚色しません。興味深い話を耳にした時は、その土地を訪れて現場を探し、周辺住民に聞き込みをすることもあるそうです。

 実話にこだわる理由について「それぞれの体験談は、話してくれた方からの預かり物。家族の死にまつわる話もあり、軽々しく扱うものじゃないと思うんです」と説明します。

 採録した怪談はすでに数百話になりました。宇津呂さんは「いつか怪談小説を書いてみたいという思いもあるが、今は実話を語りたい。僕の怪談ライブに来てくれるお客さんも『実話じゃないと嫌』と言う方が多いんですよ」と語っています。

かわいすぎる怪談師にリピーター続出! 六本木に恐怖の「怪談バー」
前へ
怪談師の山口綾子さん。怪談ライブ中は真剣そのもの
次へ
1/23
前へ
次へ

あわせて読みたい

ポール・マッカートニー来日 伝説のステージをお見逃しなく!
ポール・マッカートニー来日 伝説のステージをお見逃しなく!
PR
阿部寛、夫婦&カップルのリアルな実態にタジタジ!
阿部寛、夫婦&カップルのリアルな実態にタジタジ!
PR
ゾンビのように広がる長時間労働 「脱社畜ブログ」が決めた撤退基準
ゾンビのように広がる長時間労働 「脱社畜ブログ」が決めた撤退基準
つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」
つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」
元「男の娘」AV女優、大島薫が語る性と生 「ボクは概念になりたい」
元「男の娘」AV女優、大島薫が語る性と生 「ボクは概念になりたい」
NEW
この靴、ぜんぶチョコです! 作った菓子職...
この靴、ぜんぶチョコです! 作った菓子職...
トランプ夫人、やはりボディコン風で就任式 歴代夫人はどんな装い?
トランプ夫人、やはりボディコン風で就任式 歴代夫人はどんな装い?
直虎の運命、過酷すぎ! フィアンセ失踪・出家・謀殺…大河主人公
直虎の運命、過酷すぎ! フィアンセ失踪・出家・謀殺…大河主人公
北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!
北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!
痛恨!福袋の自社名に間違い ヴィレヴァンが作り直さなかった理由
痛恨!福袋の自社名に間違い ヴィレヴァンが作り直さなかった理由
「フリーメイソン」本当の正体は? 幹部会員の高須院長に聞いてみた
「フリーメイソン」本当の正体は? 幹部会員の高須院長に聞いてみた
キューバにあって、日本にないもの 「フィデルおじさん」の〝遺産〟
キューバにあって、日本にないもの 「フィデルおじさん」の〝遺産〟

人気

もっと見る