閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年08月09日

テレビ通販でベンツ売った男の話術 台本なし、一瞬で距離縮めるテク

  • 8749

テレビ通販でベンツ売った道田真一さん。元々はモデルとして活躍していた

テレビ通販でベンツ売った道田真一さん。元々はモデルとして活躍していた

 テレビショッピングでベンツを売った男がいます。台本なし、ぶっつけ本番の世界。「この人が言うなら買ってみよう」と思わせる話術には、親しみやすさと双方向という、ソーシャルメディアの口コミ効果に通じる秘密がありました。

【動画】「この人からなら買ってみよう」300万円のベンツ、テレビ通販で売った男のトーク術

「7分に1回、商品情報」

 テレビ通販大手QVCでショッピングナビゲーターをつとめる道田真一さんは、この道12年のベテランです。親しみやすい笑顔で、あらゆる商品を売りさばきます。

 道田さんは「テレビショッピングは、テレビ局と商社と配送センターが一体になっている、変わった世界」と言います。千葉市の美浜区にある近代的なビルにあるスタジオ。道田さんらショッピングナビゲーターは、ここから24時間365日、通販番組を発信しています。

 番組には台本はありません。「一番、驚かれるところですが、24時間365日流しているので、台本作っていたら、成り立たないんですよ」と道田さん。商品情報など打ち合わせはしますが、ゲストとのやり取りなどは、基本、ぶっつけ本番です。

 「テレビドラマのように、ずっとチャンネルを合わせてもらうものではありません。だから7分に1回は商品情報を繰り返します」。商品によっては、薬事法など法律的な知識も求められます。「間違いがあると、全体の船が傾いちゃう。その責任は、出演者全員が自覚しています」

台本なしの生放送で商品を紹介する道田さん=2013年9月4日、QVC提供

台本なしの生放送で商品を紹介する道田さん=2013年9月4日、QVC提供

「お客さんの代わりに裏返す」

 そんな道田さん、2012年6月にテレビショッピングでベンツを売ったことがあります。

 「Aクラスのファイナルエディションというタイプでした。(ベンツを販売する)メルセデス社は、若い世代にアピールしたいという思いがあった。QVCの方も、テレビ通販でベンツのような商品を売る挑戦をしたかった。でも、正直『うまくいくのかな?』という気持ちはありました」と明かします。

 道田さんは、納得した上でベンツを売りたいと思い、工場に出向きテストコースで試乗も繰り返しました。「行き着いた目標が、買ってもらうかどうかは別にして、まずは販売店に足を運んでもらうということ。値段は実は国産車と変わらない。でも敷居が高いと思われている。ならば、自分の力で間口を広めたいと考えたんです」

 一方で、道田さんなりに、ベンツの持つクオリティーの高さも紹介しました。「例えばシートベルトの金具を固定させるスリッド。細かいですが、高級車ならではの装備だと思いました。普通のディーラはそういうところは、わざわざ言わない」。その視点は「洋服を売る時に似ている」と道田さんは言います。

 「ネット通販だと、裏地は見えない。テレビ通販は店頭で選ぶお客さんの代わりに自分が裏返したり、縫い目を確認したりできる。コールセンターに問い合わせが来れば、その場で答える。ベンツだって同じだと思いました」

 そんな道田さんの紹介によって、300万円するベンツがテレビショッピングで売れてしまいました。

ベンツA180(写真はアバンギャルド プレイリスト)=メルセデス・ベンツ日本提供

ベンツA180(写真はアバンギャルド プレイリスト)=メルセデス・ベンツ日本提供

「テクニックよりも親しみ」

 24時間流しているとはいえ、視聴者の集中力が続くのは短時間です。道田さんは「結局、多くのことは伝えられない」と、割り切ったうえで大切なことを絞って伝えています。

 「いっぺんに頭に入ること3つくらいです。例えば『うまい・早い・安い』。これを色んな表現で繰り返す。『おいしい・スピーディー・お得です』のように
番組中、ずっと言うようにしています」

 最も大事なことは何か。「嘘はばれる、ということです」と道田さんは強調します。

 「こいつ、いっつもしょうがないこと言っているな。でもこの人が言っているなら、買おうかな。そう思ってもらうには、テクニックよりも親しみが大事なんです。友達にすすめられているような感覚でしょうか。そこがネット通販など、ECサイトとの一番の違いなのかもしれませんね」

24時間365日番組を流し続けているスタジオ。現場で作業する人は意外と少ない

24時間365日番組を流し続けているスタジオ。現場で作業する人は意外と少ない

 テレビという昔ながらのメディアの中で、ソーシャルメディアの要素をおさえたトークを実践している道田さん。

 「同じ商品が色んなところで売っている中で、自分の番組で買ってもらうことの意味を考えます。番組中、イヤホンからは、受注の状況がリアルタイムに入ってきて、それをトークに反映させることもけっこうあります。一方通行に見える生放送ですが、けっこうインタラクティブなんですよ」


あわせて読みたい

生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か?
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
PR
PTAの「おかしな正論」 このブラックさ…「...
PTAの「おかしな正論」 このブラックさ…「...
東京湾のテロ対策、どこまで万全?迫る東京五輪、尖閣警備との両立は
東京湾のテロ対策、どこまで万全?迫る東京五輪、尖閣警備との両立は
菊地成孔が初めてタトゥーを入れた理由 「...
菊地成孔が初めてタトゥーを入れた理由 「...
雨雲レーダーに現れた円状の雲が謎すぎる 正体を気象庁に聞いてみた
雨雲レーダーに現れた円状の雲が謎すぎる 正体を気象庁に聞いてみた
女性目線で「バイアグラ」を考えてみた
女性目線で「バイアグラ」を考えてみた
PTA「理想的な運営」の落とし穴「恐怖のペナルティー」から逃げろ!
PTA「理想的な運営」の落とし穴「恐怖のペナルティー」から逃げろ!
NEW
出産してもシェアハウス、夫婦で社会実験中...
出産してもシェアハウス、夫婦で社会実験中...
おじさんはラストエンペラー、画家が語った...
おじさんはラストエンペラー、画家が語った...
岡田准一、小栗旬が日本映画のレジェンドと対談
岡田准一、小栗旬が日本映画のレジェンドと対談
PR

人気

もっと見る