閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年12月25日

現場に行かず表現する写真家 その手法とは? ~アラ爆な人々

  • 2091

郵便機, 2011年 ©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

郵便機, 2011年 ©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

出典: Suzuki Ryoichi Web


アラ爆って?

 「芸術は爆発だー」ということで、芸術界隈→アラウンド爆発→アラ爆。知名度の点で、爆発的に人気が出る前後という意味も込めています。今後の芸術界を担うかもしれないアーティストやキュレーターの方々に、テレホンショッキング形式で次の人を紹介してもらいながら会いに行きます。

どんな人?

 今回は写真家の鈴木諒一さん。前回の編集者・川村庸子さんからご紹介いただきました。川村さん曰く、「知っている中で最もすばらしい文章を書く人」。

 川村さんが運営する、展示やイベントのスペース「undō(運動/ウンドウ)」に作品を置いたこともあるそうです。鈴木さんのサイトを見ると、図鑑や本を撮影した作品が並びます。


鈴木諒一さん

鈴木諒一さん

「観光―動物―」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery図鑑のページを太陽に透かして撮影した

「観光―動物―」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery
図鑑のページを太陽に透かして撮影した

出典:Suzuki Ryoichi Web

「観光―動物―」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

「観光―動物―」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

出典:Suzuki Ryoichi Web

「家」©Ryoichi Suzuki

「家」©Ryoichi Suzuki

 図鑑や本のページを撮影した作品が多く、震災をテーマにした「家」も実は伊豆半島の岬から約30キロ先にある静岡の実家の方を撮影したもの。どうして現地へは行かないのだろうか。

本当には「行けない」

 「自分にとってうそのない形で表現したいから」と鈴木さん。「その場所に行くことが、その人にとって正確なアプローチであるとは限らない」と話す。旅行も実は好きで、旅先で写真も撮る。だが、それを作品にまとめたことはない。日常の中で読んでいる本に感動し、撮影する方が自然な流れなのだという。

「BURIAN -Prehistoric Animals-」2012年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

「BURIAN -Prehistoric Animals-」2012年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

出典:Suzuki Ryoichi Web

「不穏の書-Fernando Pessoa-」2013年©Ryoichi Suzuki

「不穏の書-Fernando Pessoa-」2013年©Ryoichi Suzuki

出典:Suzuki Ryoichi Web

 鈴木さんは多摩美術大学芸術学部出身。高校卒業時は「何かをつくりたかったが、それが何かは決まっていなかった」。同じ学部の友人たちは小説を書きたい人やアートマネジメントをしたい人などさまざま、刺激を受けた。写真に出会ったのも、大学だった。授業でフィルムでの撮影と現像を経験し、撮影時に「決まった」はずの光がプリント過程でもう1度変更を加えられる「現実」を通らないといけないという事実が面白かったという。

制作について語る鈴木諒一さん

制作について語る鈴木諒一さん

「夜 1848」2010年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery実はラファエル前派の図録にあった絵画の一部を撮ったもの。昼の風景を描いたものだが、夜の暗闇で撮影した

「夜 1848」2010年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery
実はラファエル前派の図録にあった絵画の一部を撮ったもの。昼の風景を描いたものだが、夜の暗闇で撮影した

出典:Suzuki Ryoichi Web

 そして卒業論文。写真について書きたかったが、写真論だけになると展開に乏しい。そこで見つけたのが、本の最初の章で表紙の写真について語られるアメリカの小説「アメリカの鱒釣り」(リチャード・ブローティガン著)だった。小説を題材に、本と翻訳との関係や、自分の写真論を自由に語った。この体験をきっかけに、物事に対し自分なりの接し方を探るようになったという。

 写真もその「接し方」の一つだ。心打たれる作品に出会うと、それについてもっと知りたいと思い、考え悩んで写真を撮る。何か新しいものをつくり出すというよりは、評論のような形なのだという。だから、写真だけにこだわるつもりはない。最近は小説や映像にも挑戦しているそうだ。

「郵便機」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

「郵便機」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

出典:Suzuki Ryoichi Web

「郵便機」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

「郵便機」 2011年©Ryoichi Suzuki Courtesy of Emon Photo Gallery

出典:Suzuki Ryoichi Web

 どうして遠くへ行かないのか。しつこく聞いていると「何なのか自分でもわからない体験や発見を証明することが作品になる。そういう体験は日常の時間の中にもある」と鈴木さん。たとえば、叔父が事故で意識不明の重体になり、もうこれが最後かもしれないと言われ病院に駆けつけたら、生死の境をさまよっているはずの相手の方に形容しがたい生命力がある――。自分の理解をこえた、自分でもよくわからない体験や発見が何だったのかを探るうちに作品につながるのだという。

 自分が感じた感情そのものを伝えたいわけではない。「知らない言葉で語られる物語でも、語る人の声色や周りの反応で伝わるものがある。そういうふわっとしたように見えて、実は普段取りこぼされてしまうものが充満した、とても『正確なもの』に作品を近づけていきたい」という。



あわせて読みたい

君の名は 聞いてくれたの ポリスだけ… オタ...
君の名は 聞いてくれたの ポリスだけ… オタ...
親になってわかった「子連れママが電車で座らない訳」 漫画に共感
親になってわかった「子連れママが電車で座らない訳」 漫画に共感
高橋一生が神木隆之介に色気のコツを伝授? 『3月のライオン』後編
高橋一生が神木隆之介に色気のコツを伝授? 『3月のライオン』後編
PR
保護者会の会長が容疑者だなんて…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
保護者会の会長が容疑者だなんて…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「え、ユーチューバーなの? すげぇ!」被...
「え、ユーチューバーなの? すげぇ!」被...
「見た目問題」ネットで反響、本人の思いは…「そういう反応は覚悟」
「見た目問題」ネットで反響、本人の思いは…「そういう反応は覚悟」
秋元康&つんく♂が語る「正解の無い道への歩み」
秋元康&つんく♂が語る「正解の無い道への歩み」
PR
てるみくらぶ内定者は? 厚労省が専用窓口...
てるみくらぶ内定者は? 厚労省が専用窓口...
娘の気持ちも「忖度」してよ……ねぇママ! 漫画家夫婦が描く
娘の気持ちも「忖度」してよ……ねぇママ! 漫画家夫婦が描く
涙がホロリ… 「ゾロリ」愛が詰まったポスター、懐かしむ声が続々
涙がホロリ… 「ゾロリ」愛が詰まったポスター、懐かしむ声が続々
NEW
継ぎ目はどこ? 職人のスゴ技「文字が消える金属板」 町工場に聞く
継ぎ目はどこ? 職人のスゴ技「文字が消える金属板」 町工場に聞く
被災地でドローンを飛ばすということ「戦慄...
被災地でドローンを飛ばすということ「戦慄...

人気

もっと見る