閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年09月19日

元ハフポ編集長の松浦氏、スマートニュースへ

  • 4493

スマートニュースへ転じる松浦茂樹氏

スマートニュースへ転じる松浦茂樹氏

出典: スマートニュース提供

 ニュースキュレーションアプリを運営する「スマートニュース」(本社・東京都渋谷区)は19日、元ハフィントンポスト日本版編集長の松浦茂樹氏(40)をメディアコミュニケーションディレクターとして迎える、と発表した。松浦氏は取材に対し、「世界に挑戦できるのが魅力だった」と転身の理由を明かした。今後、スマートニュースのコンテンツ企画面の強化に取り組むという。

 松浦氏は今月8日に、ハフィントンポスト日本版の編集長を退いていた。
 松浦氏はライブドア(現LINE)、コンデナスト・デジタル(現コンデナスト・ジャパン)、グリーなどを経て2013年5月にスタートしたハフィントンポスト日本版の初代編集長に就任。月間ユニークユーザー(UU)数1300万人という国内有数のニュースサイトに成長させた。

 スマートニュースの藤村厚夫執行役員によると、松浦氏には「ユーザーの満足度向上に努めてもらう」という。具体的には、スマートニュース内にある「チャンネル」にその時々の話題のニュースを集約することなどで、ユーザーの関心にこたえていく。
 同社ではこれまで、ソチ五輪やサッカーW杯で専用のチャンネルを設定したことがあり、こうしたチャンネルをより機動的に作る見通しだ。たとえば、「錦織全米テニスチャンネル」「スコットランド独立投票チャンネル」といった時事性の高いチャンネルができれば、ユーザーのニュース閲覧の回遊性がさらに高まるかもしれない。

米ハフィントンポストの創業編集長アリアナ・ハフィントン氏と=2013年3月14日

米ハフィントンポストの創業編集長アリアナ・ハフィントン氏と=2013年3月14日

出典: 朝日新聞

 今回の転身に関し、松浦氏は「日本発で世界にチャレンジできるところが一番の魅力だった」とコメントした。松浦氏は、複数の企業から入社の打診を受けていたという。

 ハフポスト日本版では編集部を率いてきたが、スマートニュースでは「コンテンツをつくることはない」としている。今後の目標については「多くのユーザーから満足を得ているスマートニュースだが、世界的に見ればまだまだ。ユーザーにコンテンツの価値を伝えるパブリッシャーという部分で、ハフポスト日本版に限らず、これまでの経験を活かしたい」とした。

 スマートニュースはこのところ、人材獲得に積極的に動いている。18日には、米アパレル大手ウィリアムソン・ディッキー日本法人の副社長だった松岡洋平氏をマーケティングディレクターに招いたばかり。さらに、パートナーリレーション担当ディレクターには米ロイターや米コンデナストで幹部を務めたバーニー・デイヴィス氏、ヴァイス・プレジデントに元ウォール・ストリート・ジャーナル幹部のリッチ・ジャロスロフスキー氏を迎え入れており、今秋の米国進出の準備を進めている。


あわせて読みたい

ポール・マッカートニー来日 伝説のステージをお見逃しなく!
ポール・マッカートニー来日 伝説のステージをお見逃しなく!
PR
阿部寛、夫婦&カップルのリアルな実態にタジタジ!
阿部寛、夫婦&カップルのリアルな実態にタジタジ!
PR
ゾンビのように広がる長時間労働 「脱社畜ブログ」が決めた撤退基準
ゾンビのように広がる長時間労働 「脱社畜ブログ」が決めた撤退基準
つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」
つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」
元「男の娘」AV女優、大島薫が語る性と生 「ボクは概念になりたい」
元「男の娘」AV女優、大島薫が語る性と生 「ボクは概念になりたい」
NEW
この靴、ぜんぶチョコです! 作った菓子職...
この靴、ぜんぶチョコです! 作った菓子職...
トランプ夫人、やはりボディコン風で就任式 歴代夫人はどんな装い?
トランプ夫人、やはりボディコン風で就任式 歴代夫人はどんな装い?
直虎の運命、過酷すぎ! フィアンセ失踪・出家・謀殺…大河主人公
直虎の運命、過酷すぎ! フィアンセ失踪・出家・謀殺…大河主人公
北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!
北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!
痛恨!福袋の自社名に間違い ヴィレヴァンが作り直さなかった理由
痛恨!福袋の自社名に間違い ヴィレヴァンが作り直さなかった理由
「フリーメイソン」本当の正体は? 幹部会員の高須院長に聞いてみた
「フリーメイソン」本当の正体は? 幹部会員の高須院長に聞いてみた
キューバにあって、日本にないもの 「フィデルおじさん」の〝遺産〟
キューバにあって、日本にないもの 「フィデルおじさん」の〝遺産〟

人気

もっと見る