MENU CLOSE

連載

#137 #小山コータローの4コマ劇場

部長もほっこりしたのに…定時で帰る山下くん「コレと一緒にメシ」

予想外

小山コータローさんの漫画「コレと一緒にメシ」
小山コータローさんの漫画「コレと一緒にメシ」
おいしい…?漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
◆鍛えすぎは禁物?!スポーツ科学が解き明かす効率的なトレーニング法(PR)◆
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

「コレと一緒にメシ」

小山コータローさんの漫画「コレと一緒にメシ」
小山コータローさんの漫画「コレと一緒にメシ」

鍵っ子の楽しみ

たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。小山さんに「見立てた」思い出を聞いてみました。

「見立てた」思い出、あります。
 
幼い頃、僕はいわゆる鍵っ子でした。家に帰っても誰もいない日々…ランドセルからゴム紐で鍵をぶらさげ、アパートのドアをあけ、真っ暗な部屋の電気をつけると「囲碁教室にいけ」という無数の張り紙がある日もありました(当時囲碁教室に通わされていたがサボっていたので)。
 
しかし、そうなると鍛えられるのは1人遊びです。姉もいましたが、姉は姉で友達付き合いがあるわけです。
 
一時期ハマっていたのは、ウサギとチンパンジーのぬいぐるみを敵に見立てて格闘することです。
 
うさぎの腕をとって腕ひしぎを決めたり、チンパンジーの足を4の字固めしたり、時には逆に技を決められたりしていました。
 
しかし相手はぬいぐるみです。こちらも興奮して、次第に一方的になります…そこで冷静になった瞬間が1番怖いのです。
 
「もしかして、このぬいぐるみには意思があって、あとで復讐されるのでは?」
 
毎回思うんです。
 
そして毎回言うんです。
 
「…ごめんね?ごめんね?」
 
僕自身がゾッとしながらやってましたが、監視カメラがあったら親はもっとゾッとしてたでしょうね。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます