MENU CLOSE

連載

#118 #小山コータローの4コマ劇場

「もってけドロボー」への予想外すぎる返し クセつよ〝ちまた話〟

酔いどれ詐欺師さん

小山コータローさんの漫画「この街のあだ名」
小山コータローさんの漫画「この街のあだ名」
由来を教えて…。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
◆"手は出さず 口出す夫 うっせぇわ"「オリックス 働くパパママ川柳」が映し出す、子育てと働き方の未来(PR)◆
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

「この街のあだ名」

小山コータローさんの漫画「この街のあだ名」
小山コータローさんの漫画「この街のあだ名」

「ブタゴリラ」が怒らないのはなぜでしょうか

たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。小山さんはこれまでどんなあだ名で呼ばれてきたのでしょうか。教えてもらいました。

小山コータローは本名(もちろん漢字だけど)なので、割とコータローと呼ばれることが多い人生でしたが、たまにあだ名をつけてもらうこともありました。
 
おそらく1番最初のあだ名は「こうちゃん」ですが、小学校低学年の時は、そこから派生して「紅茶」と呼ばれていた時期もありました。お茶が有名な静岡に住んでいるのに皮肉なものです。
 
その後は、小学校高学年の時。僕はまつ毛が長いので「マツオ」とクラスの核(コア)みたいな男に呼ばれていました。最終的に彼には「松尾坂内(まつおばんない)」と呼ばれることになるのですが、たけし軍団の一員にるにはまだ若すぎると思い、辞退させていただきました。
 
なんだかんだ思い返してみれば、この「コータロー」と言う名前が呼びやすいらしく人生のほとんどを「コータロー」「コータローくん」「コータローさん」「お前」と呼ばれて過ごしてきました。
 
そう言えば、キテレツ大百科のブタゴリラは、悪意しかないあだ名に対して怒らないのはなぜなのでしょうか?僕ならギリ、ネコアルマジロまでなら大丈夫です。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

連載 #小山コータローの4コマ劇場

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます