MENU CLOSE

連載

#107 #小山コータローの4コマ劇場

「社外秘」の資料に書かれた、とびっきりのアイデア 「いい観点だ」

どれどれ…

小山コータローさんの漫画「持てるライス」
小山コータローさんの漫画「持てるライス」
そうきたか……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)
小山コータローの4コマ劇場

「持てるライス」

小山コータローさんの4コマ漫画「持てるライス」
小山コータローさんの4コマ漫画「持てるライス」

前頭葉を駆け巡る

たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。「食べ物に新しい要素を加えたらヒットするもの」について聞きました。

「食べ物に新しい要素を加えたらヒットするもの」これは色々考えるのが楽しいですよね。

僕は餃子とシュークリームが大好きなので、それを一度に味わえる「食後の餃子」を考えました。

餃子の醍醐味はやはりパリパリの皮、そしてシュークリームの醍醐味はカスタードです。
いいとこ取りのキメラで美味しそうですね。

しかし脳内シミュレーションをした中で問題なのは「熱するとカスタードクリームが溶けて流れ出てしまうのでは?」という問題です。
そこで、焼かずに食べようと思いましたが、餃子の皮を焼かないなんてナンセンス。食べずとも、口に入れた時の「素材感」「まだだよ感」「子供の陶芸品感」が手に取るようにわかります。

なので、餃子の皮をシュー生地に変えて、その中にカスタードクリームを入れるというのはいかがでしょうか?

なんて美味しそうなんでしょうか……。この頭の柔軟さと斬新さに、僕の脳内パティシエがアドレナリンに乗りながらサイドカーに中華料理人を乗せて、前頭葉を駆け巡っています。 迷惑行為なので通報しました!

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます