MENU CLOSE

エンタメ

MAXのREINA「キラキラに見える音楽業界も…」配信で見つけた価値

相次ぐ計画白紙、困難の中で切り開いた〝定点ダンス〟

MAXのREINAさん=本人提供
MAXのREINAさん=本人提供

沖縄出身のダンスボーカルグループMAX。1995年にデビューしてから今年で26周年を迎えました。10代だった「スーパー・モンキーズ」時代から音楽業界が様変わりした今、第一線で走ってきた4人は何を思うのでしょうか?仕事や子育て、自分自身の活動など、それぞれが切り開いた道について語る「MAXコラム」。コロナ禍、エンタメ界は厳しい局面に立たされています。REINAさんは、「配信ライブ」は生のライブとは異なるものの、家事や育児をしながら、他のアーティストのライブや演劇を楽しむことができると話します。

楽しい時間は本当に一瞬!

先月オンラインLIVE『Summer Blast 2021』が無事に終了しました。コロナ禍になってから2回目となる配信LIVE。
ライブ開催が決まってからは、いつもより早めにリハーサルを始めていました。その背景には、新曲のリリース日がなかなか確定しなかったことがあります。いつ新曲関連の仕事が入ってくるかわからなかったため、ライブの準備は「動ける内にやっておこう」となりました。

そして、気が付けばアッと言う間に本番が終わっていました。楽しい時間は本当に一瞬!!一曲一曲が終わる度に「もうすぐLIVEが終わってしまうんだな〜」と思いながらも、観てくれている方々に画面越しでも盛り上がってもらえるように、力をふりしぼりましたね!

でも正直、お客さんが目の前にいない状況でのLIVEは、緊張感、躍動感、一体感を感じる度合いは減ってしまうもの。改めて、これまでの通常のLIVEに、自分たちはどれほどの充実感、達成感を与えてもらっていたかを実感しています。

コロナ禍になって配信LIVEとなり、「ファンの皆さんは本当に楽しんでくれているのかな?」と思うこともたくさんありました。ただ、配信LIVEが広まって良かったこともあります。

オンラインLIVE『Summer Blast 2021』でのMAX(前方4人)=本人提供
オンラインLIVE『Summer Blast 2021』でのMAX(前方4人)=本人提供

子どもがいても家でライブが楽しめる

私自身、小さい子どもたちがいるので、これまで他のアーティストの方のLIVEや舞台を観に行くのが難しく、いつも諦めていました。その中での新しい形の「配信LIVE」。これなら家事や育児をしながら観られて、ビールを飲みながらお家で楽しめる。これは、めちゃめちゃうれしく感じていることです。

ということは、私と同じようなスタンスの方もいるのかな!?「新しい形」を楽しんで観てくれている人も多いのかな〜と勝手に思い込んでいます。今回の配信LIVEを観てくれたり、参加してくれたりした皆さんには、本当に感謝しています♩

その一方で、キラキラしているように見える音楽業界も、実際は大変なのが現状です。LIVE、営業、イベント、全てが無くなり、貯金を切り崩して生活しているアーティストや関係者の方々がたくさんいます。

でも、「音楽は人を笑顔にする」と、みんな力を合わせて頑張っています。まだまだ乗り越えなきゃいけない壁はあり、それを乗り越えるまで道のりは長いけど、「あきらめないよ!」「負けないよ〜!」と、お互いに励まし合っています。色々な情報交換をしながら支え合っていますよ!

ファンとは“give &take”の関係

そんな私たちも、昨年計画していたことが全て白紙になってしまいました。それでも、今できることを伝える方法として、「YouTube」を立ち上げる決断をしました。私たちの武器の一つの「定点ダンス」を配信することで、少しでもファンの皆さんはよろこんでくれるかもと、メンバーとワクワクしながらの試みでした。

始めてみると、自分たちのやりたいことができるし、素のままでいられるし、笑っていられるし!やりたい放題楽しませてもらっています。今では次は何をしたら面白いかな〜、よろこんでもらえるかな〜など、いつも何かしらのネタを考える習慣ができました。

そして、今だからこその「オンライントーク会」という形。画面越しに、久しぶりにファンの皆さんに“会う”ことができました。何かホッとしたというか、安心しました。こんな状況の中でも付いてきてくれて、たくさんのメッセージを送ってくれる。短い時間でしたが、顔を見ることができて、本当にうれしかったです。

その時改めて実感したのが、「私たちはファンの方々に力をもらっている」こと。
なつかしい親友に会ったみたいな、ホッとする気持ちや安心感のような感情が沸きました。少し会わない間に状況が変わっていたり、うれしい報告が聞けたり。トーク会を終えた後も、メンバーたちとファンの方のお話を振り返って、盛り上がっていましたよ〜!!

まさに“give &take”。
感謝ですね♩

早く、前のようにイベント事もたくさんやりたいし、やっぱり1番は生でLIVEを感じてほしい!!
少しずつ、一歩ずつ形を変えて、変化をしながらでも、直接会える環境が整うと良いな〜と強く願っています。

マスク無しの笑顔が見られる日はいつになるかな!


                 ◇

〈MAX〉NANA/LINA/MINA/REINAの沖縄県出身4人組ダンスボーカルグループ。1995年にデビュー。翌年発売のサードシングル『TORA TORA TORA』でブレーク。1997年に『Give me a Shake』でオリコン初登場1位を獲得。その後も『Ride on time』など数々のヒット曲を発表し、紅白歌合戦に5年連続5回出場。近年は音楽活動の他に、個人でのバラエティー、ドラマ、舞台出演など活動の幅を広げている。7月28日には、恋に落ちる女性の気持ちを明るくポップに表現したダンスナンバーの“Do Shot”と、ラテン調で「MAXらしさ」が表現された楽曲 “Viva la Mambo”も収録の37枚目シングル『Do Shot』をリリース。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます