MENU CLOSE

ネットの話題

ちょっと「おかし」なキーボードキャップ、ぷるぷる感まで忠実に再現

「おうち時間のちょっとした癒やしに」

無機的な外見の見た目に、突如出現した「プリン」について、作者に聞きました
無機的な外見の見た目に、突如出現した「プリン」について、作者に聞きました 出典: 雑貨サークル「minim」の商品販売サイト(minne)

目次

新型コロナウイルスが流行して、はや一年。感染対策のため、自宅で働く機会が増えた人も多いでしょう。テレワークのお供にぴったりな、ちょっと「おかし」なキーボードキャップが、SNS上で人気です。実用性とユーモアを兼ね備えた創作物の作者に、話を聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

ぷるぷる感まで伝わる仕上がり

話題を呼んでいるのは、お気に入りのキーを「プリン」にできるキーキャップです。

トップのカラメル部分が茶色に塗られ、下に向かい、カスタードを思わせる黄色へと変わっていきます。キラリとした光沢まで再現され、ぷるぷる感が伝わってくるようです。

数字やアルファベットが書かれたキーボードに、ちょこんとプリンが載っかっている様子は、何ともシュール。初めて目にしたら、思わず二度見してしまうかもしれません。

「これはめっちゃほしい」「押し間違いの多いCapsLockを付け替えれば、恨まれずに済みそう」。SNS上に商品画像が出回るたび、そんな感想が飛び交っています。

プリンのカラメルとカスタードを「完全再現」したキーキャップ
プリンのカラメルとカスタードを「完全再現」したキーキャップ 出典:雑貨サークル「minim」の商品販売サイト(minne)

キーキャップのフォルムから着想

手掛けたのは、夫婦で雑貨サークル「minim」を営む、みくるさんとcobaltさんです。「わたしの『ほしい』をおすそわけ」をコンセプトに2010年から都内で活動。ビーズ製のアクセサリーや、装飾性の高いキーキャップを製作・販売しています。

ついつい食べたくなってしまうアイテムが、誕生した経緯とは? 二人を直接取材しました。

きっかけは、ウイルスの感染を防ぐため、在宅時間が増えたことです。みくるさんは以前から、樹脂の一種・UVレジン製のピアスなどを製作してきました。それを見たcobaltさんが、同じ素材でキーキャップを作ろうと思い立ったといいます。

「キーキャップのフォルムはプリンに似ています。そしてUVレジンもプリンも、型に流し込んで固めるという共通項がある。そういった点から、着想しました」(cobaltさん)

種類は通常版と、操作時に光り輝く「ゲーミングキーボード」での使用を想定した、クリアタイプの二つを用意。昨年7月、ハンドメイド品専売サイト・minneで売り出すと、「かわいい」と評判に。わずか一日で完売しました。
半透明のプリンもあります
半透明のプリンもあります 出典:雑貨サークル「minim」の商品販売サイト(minne)

「ダジャレ」のつもりで製作

購入者からは、商品が伴うひょうきんさを評価する声が上がっています。このことについて、cobaltさんは次のように喜びました。

「元々、画面のスクリーンショット撮影などに用いる、『プリントスクリーンキー』に使って頂きたいと考えていました。minneでもダジャレのつもりで、『”プリン”トスクリーンキーキャップ』として出品しています」

「無機質なキーボードの中に、なぜかプリンがある。そんな意外性や可愛さと合わせ、伝えたいことを理解して頂けた点は、うれしく思っております」

完全受注生産のため、納品までには1カ月ほどかかるそう。またMX軸と呼ばれるタイプのキーボード専用だといいます。今までに25個売れましたが、ここ最近の盛況ぶりを踏まえ、増産体制に入っているとのことです。

「キーキャップは手作りしており、強い力を加えると破損する場合があります。使用にはご注意下さい。おうち時間やテレワークの、ちょっとした癒やしになれば幸いです」

価格は一つ1500円で、minneのウェブサイトか、東京・池袋のレンタルスペース「キャラメルキューブショコラ」で注文できます。

【関連リンク】プリン型キーキャップ(通常版)の販売サイト(minne)
【関連リンク】プリン型キーキャップ(クリアタイプ)の販売サイト(minne)
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます