MENU CLOSE

ネットの話題

368690

「ピークを過ぎた芸人」地下鉄ポスターに「笑ってもいいのか迷う」

「他人とズレてるくらいで、ちょうどいいと思うよ」

東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター
東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター 出典: 東京メトロ提供

目次

「ピークを知る男」ーー。列車の混雑時の利用を避ける「オフピーク通勤」をすすめる東京メトロのポスターに写っているのは、お笑い芸人のダンディ坂野さんと小島よしおさん。一世を風靡する大ブレイクを果たした2人を「ピークを知る」と表現するコピーに、「センスがいい」「じわじわくる」と話題になっています。東京メトロの担当者に聞きました。

「他人とズレてるくらいで、ちょうどいいと思うよ」

話題となっているのは、東京メトロがすすめる「東西線オフピークプロジェクト」のポスターです。ジャケットを着たニヒルな表情のダンディ坂野さんと小島よしおさん。「ピークを知る男。」という表現とともに、こんなコピーも書かれています。

「他人とズレてるくらいで、ちょうどいいと思うよ。そういう時代になったし。」

「揉みくちゃにされて、毎日大変でした。」
東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター
東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター 出典: 東京メトロ提供

2003年に「ユーキャン新語・流行語大賞」に「ゲッツ!」がノミネートされたダンディ坂野さん。小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ」がトップ10に選ばれたのは2007年。それぞれ大きすぎるほどの「ピーク」を経験したからこその言葉が、心に染みます。

味のある2人のポスターに、ツイッターでは「人選、センスがいい」「思いついた人天才」というコメントや、ほんのり切なさを感じさせるポスターに「笑ってもいいのか迷う」というツイートもあります。

東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター
東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター 出典: 東京メトロ提供

東京メトロの担当者に、2人を起用した理由を聞きました。

混雑率199%「オフピークプロジェクト」とは

「東西線オフピークプロジェクト」とは、東西線と豊洲駅の混雑緩和を目的に、2019年度から東京メトロが展開するキャンペーンです。通勤・通学のピーク時間帯を避け、その前後に利用することで、メトロのポイント「メトポ」がプレゼントされるというもの。(詳しくはキャンペーンの特設ページをご確認ください)
東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター
東京メトロがすすめる「オフピークプロジェクト」のポスター 出典: 東京メトロ提供

東西線は首都圏で最も混雑する路線の1つ。国土交通省が発表した2018年度の混雑率調査結果によると、東京メトロ東西線の木場→門前仲町間が199%でワースト1位となっています。

東京メトロは混雑緩和を図るため、ハード対策を進める一方、キャンペーンによってオフピーク通勤・通学を定着させたい狙いもあります。

「オフピーク芸人」今後も登場

ダンディ坂野さんと小島よしおさんの掲出が始まったのは 、4月1日から。ちなみに、ダンディ坂野さんは昨年度の「ピークじゃないくらいがちょうどいい。」をテーマにしたキャンペーンにも出演していました。
2019年度のキャンペーンのポスター
2019年度のキャンペーンのポスター 出典: 東京メトロ提供
2人を「芸人としてのピークを過ぎていても輝いていらっしゃる」という担当者。起用した理由を「オフピーク芸人のみなさんとオフピークをかけて、効果的な周知を行い、キャンペーン参加を促進するため」と説明します。さらっと「オフピーク芸人」というパワーワードが飛び出しました。

味のあるコピーは、インタビュー形式の撮影を行う中で、2人が話した内容を軸に作成したといいます。

小島よしおさんの出演は6月末までの予定だそう。しかし、「その後もダンディ坂野さんを軸に、『オフピーク芸人』の皆さんにご出演いただく予定ですので、楽しんでいただければと思います」。なんと、これからも「オフピーク芸人」が登場するようです。
2019年度のキャンペーンのポスター
2019年度のキャンペーンのポスター 出典: 東京メトロ提供
キャンペーンが周知されるのは、駅におけるポスターの他、車内広告や車内ディスプレイ、駅のコンコースビジョンなど。 また今後、東京メトロの公式 YouTubeでも動画公開を予定しているそうです。

ツイッターで「センスがいい」と話題になっていることについて、「担当者として、お客様に見ていただき、くすっと笑っていただくことを狙っていますので、大変嬉しく思っています」。

新型コロナで利用者約20%減

担当者によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、学校の休校や在宅勤務の増加などで乗車率にも変化が起こっています。

3月中旬の1日平均利用者は、1月下旬と比較すると約20%減少(*)。また、朝のラッシュ時間帯(7:30~9:30)についても、同期間で約20%減ったといいます。ラッシュ前(6:30~7:30)やラッシュ後(9:30~10:30)の時間帯は、それぞれ約3%増、約2%減。担当者は「テレワークや学校の臨時休校等での減少や、時差通勤などによるラッシュ時間帯からのシフトがあったものと見ています」。

しかし、今のところキャンペーンには変更はないとのこと。「お客様にはキャンペーンにご参加いただき、時差通勤・通学にご協力いただければと思います」

東京メトロ「オフピークプロジェクト」:https://t.metro-point-club.jp/form/pub/metro/tozailine

(*)対象:東京メトロ全線全駅の自動改札機出場データによる定期・定期外合わせた合計の利用者。1月下旬(1/20~1/24の5日間の1日平均)と、3 月中旬(3/16~3/18の平日3日間の1日平均)を比較。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます