MENU CLOSE

話題

140384

思い出を失った妻、最後のページには続きが… 『二人だけの朗読会』

老夫婦を描いた漫画『二人だけの朗読会』。作者が込めた思いとは?

漫画『二人だけの朗読会』の一場面
漫画『二人だけの朗読会』の一場面 出典: 羊の目。さんのツイッター

目次

 認知症でほとんどの記憶をなくしてしまった妻。かつての約束通り、妻が大好きだった本を読み聞かせる夫。最後のページをめくり終えると、思わぬ結末が――。そんなストーリーの漫画が、ネット上で注目を集めています。作者に話を聞きました。

漫画『二人だけの朗読会』(1)
漫画『二人だけの朗読会』(1) 出典: 羊の目。さんのツイッター
漫画『二人だけの朗読会』(2)
漫画『二人だけの朗読会』(2) 出典: 羊の目。さんのツイッター

作者に聞きました


 今月7日にツイッター投稿された漫画『二人だけの朗読会』。2回に分けて全8ページが公開されています。

 この漫画に対して、「最後の最後でまんまとやられたわ」「びっくりするくらい泣いてしまいました」といったコメントが寄せられています。

 作者は、イラストレーターの「羊の目。」(@odorukodomo8910)さんです。描いたきっかけについて尋ねると、こんな答えが返ってきました。

 「まずは『二人だけの朗読会』というタイトルが思い浮かんだんです。悲しいだけの話で終わらせるのではなく、最後は何かを持ってきたかったので、まずラストシーンから決めました」

 子どものころ、紙芝居や絵本の朗読会のたびに「もうすぐ終わりか。さみしいな」と感じていた経験と、認知症で大切な記憶がなくなっていくというテーマをリンクさせて描くことにしました。

最後の1コマ
最後の1コマ 出典: 羊の目。さんのツイッター

一番苦労したのは


 2回に分けて投稿されたこの作品。ラストシーンを読み終えた後に最初のコマに戻ると、また違った感覚で読むことができます。

 「無限ループ的に話がつながる要素を入れてみました。このことに気づいてくださった方がいたのが、うれしかったです」

 描く上で一番苦労したのは、妻が「まだ続きがありませんか……?」と話すシーンだったといいます。

 「続きがあることに気づくきっかけをどう描くか。予定調和的ですが、かすかな記憶をもとに妻が呼びかけるのがいいかなと思い、そうしました」

 これまで定期的にツイッターに漫画を投稿する中で、作中に登場する料理を実際に作ったという読者や、4コマ漫画をプリクラで再現した人もいるそうです。

 「描く上で、とても励みになっています。今回の漫画も、2回に分けたにもかかわらず最後まで呼んでいただいた方が多く、うれしかったです。ほのぼのしたギャグっぽいものも多いですが、ときどき今回のようなものも描きます。こっちにも付き合っていただけるとありがたいです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます