閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年01月24日

トランプ氏、4日に1回ゴルフ場「大統領になったら行かない」の約束は

  • 915

大統領になる前、ゴルフに興じるトランプ氏=2011年6月、スコットランド

大統領になる前、ゴルフに興じるトランプ氏=2011年6月、スコットランド

出典: ロイター

 「私が大統領になったらゴルフには行かない!」と宣言して、アメリカ大統領になったドナルド・トランプ氏。ふたを開けてみれば、2017年1月に就任してからの1年間で、ゴルフ場に足を運んだ回数は90回を超えました。しかも、訪れるのは自らの所有地ばかり。支持率は一向に上がらず、公約も未達成のものが多いようですが、ゴルフばかりして大丈夫?(朝日新聞国際報道部記者・軽部理人)

スコットランドにある自らのゴルフ場で、ゴルフをして親指を立てるトランプ氏。当時は大統領ではなかった=2012年7月

スコットランドにある自らのゴルフ場で、ゴルフをして親指を立てるトランプ氏。当時は大統領ではなかった=2012年7月

出典: ロイター

年末はずっとゴルフ場に

 1月15日。この日は、アメリカの公民権運動を指導した故マーチン・ルーサー・キング牧師を記念する祝日です。歴代大統領は奉仕活動に従事しています。その一方でトランプ氏は、自身の所有するフロリダ州の「トランプ・インターナショナル・ゴルフクラブ」にいました。土日祝の3連休、毎日ゴルフ場にいたことになります。昨年末には、クリスマスの25日を除いて7日連続でゴルフ場に出向いていたこともあります。

 トランプ氏は、大のゴルフ好きとして有名。単にプレーするだけでなく、アメリカ国内ではフロリダ州やカリフォルニア州など全米12カ所に、海外だとスコットランドやアイルランド、ドバイなどの5カ所に「トランプ」と名の付いたゴルフ場を所有しています。

トランプ氏が所有するゴルフ場の数々

トランプ氏が所有するゴルフ場の数々

出典:Trump Golf HP

 安倍晋三首相が訪米した2017年2月、両者はトランプ氏のゴルフ場2カ所を「はしご」。計5時間にわたり27ホールを一緒に回りました。また、トランプ氏が来日した同年11月には、「霞ケ関カンツリー倶楽部」(埼玉県川越市)でゴルフをともにしました。

ゴルフを楽しむ安倍晋三首相(左)とトランプ大統領=2017年2月、アメリカ・フロリダ州

ゴルフを楽しむ安倍晋三首相(左)とトランプ大統領=2017年2月、アメリカ・フロリダ州

出典: 内閣広報室提供

訪米した安倍首相がトランプ大統領とゴルフ場を訪れる際、通り沿いにプラカードを持って抗議する人。日本語で「恥辱」「無能」と書かれている=2017年2月、アメリカ・フロリダ州

訪米した安倍首相がトランプ大統領とゴルフ場を訪れる際、通り沿いにプラカードを持って抗議する人。日本語で「恥辱」「無能」と書かれている=2017年2月、アメリカ・フロリダ州

出典: ロイター

1年間で90日以上ゴルフ場に

 トランプ氏は、大統領に就任してから何回ゴルフ場に通ったのでしょうか。統計を取り続けているアメリカのテレビ局NBCによると、トランプ氏は就任1年目の2017年は計94日、自らが所有するゴルフ場を訪れました。だいたい4日に1回はゴルフ場にいることになります。

 歴代のアメリカ大統領にも、トランプ氏と同じくゴルフ好きは多くいます。1993年から2期8年間務めたビル・クリントン元大統領はミスショットを何度も打ち直すことで知られ、18ホールで100回打ち直したこともあったとか。大統領退任後、ゴルフ誌の取材に「大統領職はとてもストレスが多く、精神と体を休める必要がある。ゴルフはそれに最適だ」と答えています。

ゴルフカーに乗ってリラックスした様子を見せる、クリントン元大統領。写真当時は現職だった=1994年8月、アメリカ・マサチューセッツ州

ゴルフカーに乗ってリラックスした様子を見せる、クリントン元大統領。写真当時は現職だった=1994年8月、アメリカ・マサチューセッツ州

 同じく大のゴルフ好きだったオバマ前大統領は、在任中の2期8年で約300ラウンドを回りました。ちなみに最多は、約1200ラウンドのウッドロー・ウィルソン第28代大統領です。

 トランプ氏が実際にいくつラウンドを回ったかは分かっていませんが、単純に1日に1ラウンドとして計算した場合、今のペースを続ければ、8年在職したら720ラウンドは回る計算になります。

ゴルフをするオバマ前大統領。写真当時は現職だった=2015年12月、アメリカ・ハワイ州

ゴルフをするオバマ前大統領。写真当時は現職だった=2015年12月、アメリカ・ハワイ州

出典: ロイター

過去にはオバマ氏を猛批判

 ゴルフをすること自体は何も悪くありません。アメリカのメディアはたびたびトランプ氏のゴルフ場訪問を報じていますが、ゴルフをしていることを批判しているわけではありません。問題は、トランプ氏が過去にオバマ大統領のゴルフを繰り返し批判していたことです。

 「オバマはゴルフをし過ぎている! 私が大統領になったら、仕事に打ち込むからゴルフをする時間などないだろう。すべきことがたくさんあるから、ホワイトハウスを離れることはほとんどない」

 何度も何度も、繰り返し批判していました。過去の発言といまの行動がかけ離れていることは、明らかです。



オバマ大統領のゴルフ好きについて猛烈に批判するトランプ氏。「プロ選手よりも多くゴルフをしている」と述べている。当時は大統領候補だった。

出典:NBC職員のツイッターから


出典:2014年10月の、トランプ大統領のツイート

訳:アメリカにはたくさんの問題があり難題に直面しているのに、オバマがゴルフに何日も費やしているなんて信じられるか?カーター(元大統領)よりひどい

ゴルフ場でミーティング?

 「ゴルフ場に行ったからといって、必ずしもゴルフをしているわけではない。ミーティングをすることもある」

 2017年3月、記者団からトランプ氏のゴルフ場行き過ぎ問題について質問があった時、当時のスパイサー報道官はそのように弁明しました。

トランプ大統領を乗せて、トランプ氏の所有するゴルフコースに向かう車列=2017年12月、アメリカ・フロリダ州

トランプ大統領を乗せて、トランプ氏の所有するゴルフコースに向かう車列=2017年12月、アメリカ・フロリダ州

出典: ロイター

 けれど皮肉なことに、同じ時間帯にゴルフ場にいたプレイヤーがSNSに投稿した写真などによって、トランプ氏がミーティングではなく、実際にゴルフをしていることがたびたびバレています。

 また、テレビ局CNNのカメラがゴルフ場脇の公道からトランプ氏のゴルフ姿を撮影していると、大型トラックが視界を遮るように停車したことも。撮影妨害だったのか、そこはわかっていませんが……。


CNNのプロデューサーがゴルフ場の外からとらえた、トランプ氏がゴルフをしている光景

0:30秒~、トラックが撮影を妨害するシーン

自分の所有地を宣伝?

 もう一つの問題は、大統領という公人の立場を利用して宣伝をしているのではないか、ということです。

 トランプ氏はゴルフ場に限らず、自らの所有地を頻繁に訪れています。ちなみにその数は121日(ゴルフ場含む)。計算すると、3日に1回です。その代表格が、フロリダ州にあるリゾート施設「マール・ア・ラーゴ」。安倍首相や中国の習近平国家主席も迎え、首脳会談を行いました。一般の人も使えますが、入会金は20万ドル(約2300万円)、年会費は1万4千ドル(約160万円)。

 トランプ氏が別荘代わりに滞在することもしょっちゅうです。

トランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」での夕食会の前、撮影に応じる安倍晋三首相(左から2人目)、昭恵夫人(左端)、トランプ米大統領(右から2人目)、メラニア夫人=2017年2月、アメリカ・フロリダ州

トランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」での夕食会の前、撮影に応じる安倍晋三首相(左から2人目)、昭恵夫人(左端)、トランプ米大統領(右から2人目)、メラニア夫人=2017年2月、アメリカ・フロリダ州

出典: 朝日新聞社

トランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」で、握手をするトランプ氏(左)と中国の習近平国家主席=2017年4月、アメリカ・フロリダ州

トランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」で、握手をするトランプ氏(左)と中国の習近平国家主席=2017年4月、アメリカ・フロリダ州

出典: ロイター

 アメリカの識者は「今や『マール・ア・ラーゴ』と聞けば、トランプ氏の持つリゾート施設だと誰でも知っている。自分の所有地を頻繁に訪れることが無料の宣伝効果になっていて不適切だ」と指摘しています。

 昨年6月にはワシントンとメリーランド州の司法長官が、トランプ氏が公務と自身の事業を適切に分離していないのは憲法違反にあたるとして提訴しました。

トランプ氏が所有する別荘「マール・ア・ラーゴ」=2016年11月、アメリカ・フロリダ州

トランプ氏が所有する別荘「マール・ア・ラーゴ」=2016年11月、アメリカ・フロリダ州

出典: 朝日新聞社

 米メディアによると、過去にトランプ氏とゴルフをしたことがあるスポーツ記者は、トランプ氏についてこう述べていたそうです。

 「スコアを正確に付けるといったゴルフのルールにほとんど従わず、グリーンにさえ乗っていないのに打たずに1打で入ったことにしていた」

 トランプ氏は「アメリカ・ファースト」政策を進めるあまり、オバマ政権が世界や他の国々と定めたルールを壊し続けています。地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」や環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱、イスラエルのエルサレムを首都と宣言することなど枚挙にいとまがなく、そのせいで世界は混乱に陥っていると言っても良いでしょう。

 ゴルフは紳士のスポーツ。ゴルフ好きならば、ルールを守ってほしいものです。


【動画】トランプ氏の孫娘、中国語ペラペラだった! 3万いいねの動画に映っていた映像とは?


あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る