MENU CLOSE

話題

12190

未来感ハンパない照明売り場! ビックカメラ、宇宙船みたいと話題に

家電量販店「ビックカメラ」の照明売り場が、ネット上で注目を集めています。

ビックカメラ京王調布店の照明売り場
ビックカメラ京王調布店の照明売り場

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 家電量販店「ビックカメラ」の照明売り場が、ネット上で注目を集めています。側面から天井にかけて照明器具が並んだ様子が「宇宙船みたい」と話題になっているのです。どういった理由でこのレイアウトになったのか? 店舗担当者に話を聞きました。

ビックカメラ京王調布店の照明売り場
ビックカメラ京王調布店の照明売り場

スペースシップの中?


 昨年12月25日、ビックカメラの照明売り場を写した画像がツイッター投稿されました。

 左右の側面にはずらりとシーリングライトが、天井からはつり下げ式のライトが並んでおり、トンネルのようなレイアウトになっています。

 側面の上端と下端は内側に傾くように設置されており、「スペースシップの中かな」「銀河鉄道999感もある」といったコメントが寄せられ、この投稿のリツイートは1万1千、いいねは2万3千を超えています。

ビックカメラ京王調布店。京王電鉄の調布駅のすぐ近くにあります
ビックカメラ京王調布店。京王電鉄の調布駅のすぐ近くにあります

担当者に聞きました


 この照明売り場があるのは、東京都調布市にある「ビックカメラ京王調布店」。京王電鉄の調布駅のすぐ近くにあり、昨年9月にオープンした新しい店舗です。

 「レイアウトするにあたって、宇宙はまったくイメージしていませんでした」と話すのは家電担当の木下秀一さん。

 中型店舗で展示スペースが限られるなか、できるだけ多くの商品を紹介しようとした結果だといいます。

ビックカメラ京王調布店の照明売り場
ビックカメラ京王調布店の照明売り場


 側面の上端と下端を傾けて設置したのは、照明の価格や説明文などを読みやすくする工夫で、照明が取り付けてあるパネルが一部吹き抜けになっているのは、圧迫感をなくすためだそうです。

 「パネルを白で統一していることも、宇宙っぽく見える要因かもしれませんね」と木下さん。

 ツイッターで話題になったことで売り上げに変化はあったのか? この点については「新店なので去年との比較ができないためなんともいえません。しかも今の時期、照明器具は売れ筋商品ですしね」とのことでした。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます