閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年08月11日

「ミスコン」にオカマちゃん 日大芸術学部が追求する“自分らしさ”

  • 14808

「ミス日芸コンテスト2016」のファイナリストの5人

「ミス日芸コンテスト2016」のファイナリストの5人

出典: ミス日芸コンテスト2016提供

日大芸術学部のミスコンが面白そう

リクエストの内容

日本大学芸術学部のミスコンがどうも面白そうです。普通のミスコンではなく、なんとオカマも出るらしく、、、是非取り上げていただきたいです。

しおりんご

2016年07月21日

 日大芸術学部の「ミスコン」が、いろいろ攻めています。明らかに他の女子学生とは違う雰囲気の出場者が混じっているし、ファッションもエッジが効いている。「知名度や資金や世の中への影響力は、他の大学のミスコンに劣ります。しかし、ミス日芸コンテストは一番に『らしさ』を大事にしている。日芸でしかできないミスコンです」。学生たちがそう語る、異色のミスコンには、キラキラした他のミスコンにはない魅力にあふれています。

学内で有名「オカマのつねちゃん」

 「ミス日芸コンテスト2016」は、11月にある日大芸術学部の学祭のイベントとして企画されています。

 ツイッターやインスタなどではすでに積極的に発信を始めており、エントリーした学生の写真や意気込みなどが投稿されています。

 話題を集めているのは、集合写真ではいつも右端に陣取っている学生、つねちゃんです。

 オカマのつねちゃんとして学内では有名な存在で、どの写真でも自信満々のオーラー発しています。

 運営の担当者によると、今年一番大事にしたのは「ミス日芸」にふさわしい女の子らしさ。そのため、募集要項には応募資格として「日芸生」と明記しましたが、性別は書かなかったそうです。

 そんなコンテストのメッセージに反応したのがつねちゃんでした。

白いワンピースを着たファイナリスト。表情が怒っている風なのは、「きれいなワンピースを着ていては自分じゃない」というメッセージが込められている=ミス日芸コンテスト2016提供

白いワンピースを着たファイナリスト。表情が怒っている風なのは、「きれいなワンピースを着ていては自分じゃない」というメッセージが込められている=ミス日芸コンテスト2016提供

「スタイルを武器にする、負けないわ!」

 つねちゃんの本名は、林田常平。映画学科3年生です。

 募集をした理由はシンプルです。

 「あたしゃ今回のミスコンの参加規定に『男は参加禁止』ってのが無かったから応募した。ただそれだけさね」

 コンテストでは「スタイルを武器にする、負けないわ!」とアピール。運営の担当者によると「ちょっと毒舌で圧倒されますが、気づいたら魅力にはまってしまいそうなキャラの持ち主です」というキャラです。

学生カメラマンによって撮影された写真。候補者本人がこうありたい姿を汲み取ったという=ミス日芸コンテスト2016提供

学生カメラマンによって撮影された写真。候補者本人がこうありたい姿を汲み取ったという=ミス日芸コンテスト2016提供

「媚びない見た目こそ、自分らしさ」

 独特なのはつねちゃんだけではありません。SNSには、白いワンピース姿の不機嫌な顔をあえてアップしました。

「どんな服を着ていたって、いやむしろ媚びない見た目こそ、自分らしさを貫いていることのアピール」
「きれいなワンピースを着ていては自分じゃない」

 写真には、そんな思いを込めたそうです。そして白ワンピを脱ぎ捨てる写真までアップ。その下には、実に個性的な衣装に身を包んだ5人のファイナリストがドヤ顔で立っています。ちなみにつねちゃんは黒のスケスケのワンピに見えなくもないロングTシャツです。

白いワンピースを脱ぎ捨てるファイナリストたち。キラキラはしていないが、個性が爆発した「ミス日芸コンテスト」らしい写真=ミス日芸コンテスト2016提供

白いワンピースを脱ぎ捨てるファイナリストたち。キラキラはしていないが、個性が爆発した「ミス日芸コンテスト」らしい写真=ミス日芸コンテスト2016提供

肌年齢や血管年齢も?

 審査方法も凝っています。通常は投票で決まることが多いミスコンですが、「美とは投票だけで決まるのだろうか?」という問いを自らに課して、考えついたのが肌や身体の健康さです。

 実現するかは未定なものの、健康さを数値化するため、肌年齢や血管年齢などによる対決を用意しているそうです。

 投票においても、観客の気持ちを大事にしたいと考え、ネット投票はせず、芸術祭3日間の投票のみを採用します。

 担当者は「ミス日芸とはなんなのか、運営・候補者・観客もともに考え感じながら決めていけたらと思っています」と話しています。

日大芸術学部の校舎=東京都練馬区

日大芸術学部の校舎=東京都練馬区

出典: 朝日新聞

個性的なファイナリスト

 ファイナリストはつねちゃん以外も個性的です。

 演劇学科3年の佐藤こゆきさんは、舞台照明を学んでいます。「人を照らす自分も輝いている」。そんなコピーが似合う子です。

 映画学科2年の安田弥央(みひろ)さんは、女優活動をしている演技コースの学生です。本人は周りの候補者に圧倒されているようですが、一番、ミスコンらしい子で、整った顔立ちやスタイルとオーラが強い武器です。カメラの前だとはっと人が変わる面白さをもっています。

 放送学科3年の中原真結(まゆ)さんは、アナウンサーを目指しつつ、テレビ制作の裏の仕事も学ぼうと、テレビ制作実習ではADもこなします。写真の写り方もうまく、かわいらしい外見。かなりの努力家だそうです。

 同じく放送学科2年の松本史佳(ふみか)さんも、アナウンサー志望です。「あまり自分に自信がない」と言い、かわいさじゃなくて面白さで勝負したいと、撮影の時はノリノリで変顔を披露します。自分なりのかわいいの魅せ方で勝負しています。

ミスコン揺るがす「ミス日芸」の強烈キャラ オカマさんモデル立ち
前へ
次へ
1/25
前へ
次へ

8

あわせて読みたい

安保会議で存在感ゼロの日本、専門家が喝!「大国の自覚と威厳を」 
安保会議で存在感ゼロの日本、専門家が喝!「大国の自覚と威厳を」 
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
「振り付けできなくて、歯を全部抜いたの」ギリヤーク尼ヶ崎の半世紀
「振り付けできなくて、歯を全部抜いたの」ギリヤーク尼ヶ崎の半世紀
出会いはディズニー、人生変えた彼女の一言 5年後に偶然再会し結婚
出会いはディズニー、人生変えた彼女の一言 5年後に偶然再会し結婚
リリーフカー、最初はバイクだった 車種が進化した「意外な理由」
リリーフカー、最初はバイクだった 車種が進化した「意外な理由」
NEW
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
こんなに違う!女子高生2400人「スカート丈調査」東京ミニ、大阪は…
こんなに違う!女子高生2400人「スカート丈調査」東京ミニ、大阪は…
NEW
小さじ1杯の塩で死ぬ可能性も… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
小さじ1杯の塩で死ぬ可能性も… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
NEW
徳永英明が病から得た気づき ハンマーカンマー替え歌には「感謝」
徳永英明が病から得た気づき ハンマーカンマー替え歌には「感謝」
最近、金塊の密輸事件が多いですが、押収された金塊はその後どうなるのですか?
最近、金塊の密輸事件が多いですが、押収された金塊はその後どうなるのですか?
Q&A

人気

もっと見る