close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年09月29日

首相官邸サイトに現われた「ゆるいイラスト」 狙いは? 中身は?


  • 10321

首相官邸のホームページに掲載され話題になったイラスト

首相官邸のホームページに掲載され話題になったイラスト

出典: 新たな市場の創出 ~世界も驚く健康長寿社会へ~ | 首相官邸ホームページ

最新ニュースを受け取る

 内閣府が作成した「やわらか成長戦略。~アベノミクスをもっと身近に~」のイラストが、「スゲぇ」「ヤバイ」と話題になっています。アベノミクス「3本の矢」を解説したパンフレットでしたが、イラストのゆるい路線が、注目を集めてしまったようです。今回のデザインの狙いは何だったのか? 聞きました。

踊る老夫婦、インド人?びっくり

 パンフレットは、首相官邸のサイトからダウンロードできます。ネット上で特に注目を集めたのが、「新たな市場の創出 ~世界も驚く健康長寿社会へ~」に使われた、おじいさんとおばあさんが小躍りするイラストです。

 イラストでは、夫婦と見られる2人が、ステップを踏んでジャンプをしています。女性は白髪にブーツ、男性はゴージャスなネックレスのようなものをつけています。
 夫婦の右側にはターバンを巻いたヒゲの男性。左側はブロンドの女性。どちらも、驚いている様子を表す星のようなマークと共に、夫婦を見つめています。

 「健康長寿社会」を斬新な手法で表現したこのイラスト。ネット上では「何これw」「読んでいても中身が頭に入ってこない」など、驚きの声があがりました。残念ながら反応の多くは「誰も止めなかったのか」「え?サイト乗っ取られたわけじゃないよね?」など、辛口のコメントでした。

辛口のコメントが集まったイラスト

「色々、評価をいただいているのは…」

 思わぬところで注目を集めてしまったイラスト、どのような狙いがあったのか。担当したのは内閣官房広報室と内閣官房日本経済再生総合事務局です。担当者は「色々、評価をいただいているのは認識しています…」とした上で、「役所や企業の人だけでなく、多くの国民に読んでもらいたかったので、なるべくわかりやすいイラストにしました」と説明しています。

 話題になっている、「夫婦」とターバンの男性、ブロンドの女性のイラストについては「特段の意図はありません」とのこと。

 イラストを担当したのは、イラストレーターの岡田丈さんです。これまで、公的機関の広告などを独特のセンスでわかりやすくデザインしてきた実績を買われました。担当者は「役所のかたい説明にならないよう、かつ、くだけすぎないレベルのイラストをお願いしました」と話しています。

「日本の中のグローバル」にもインド人?

「日本の中のグローバル」にもインド人?

出典:人材の活躍強化 ~日本の中もグローバル~ | 首相官邸ホームページ

肝心の中身は「医薬品のネット販売」

 ちなみに、夫婦が小躍りするイラストのページに掲載されていたのは、医薬品のネット販売が可能になったことについての説明でした。2014年6月、薬事法が変わったことで、リスクが高い第一類、第二類の医薬品もインターネットで買えるようになりました。

 医薬品のネット販売解禁は、「アベノミクス」の「成長戦略」の一つとして注目されていました。

首相官邸のゆるいイラスト ハイテンション老夫婦、驚くインド人?
前へ
わかりやすく説明しようとして、イラストの方が話題なってしまったアベノミクス「成長戦略」のパンフレット
次へ
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「父親のことをよく知らない」父子家庭を漫画に 琴線触れる言葉たち
「父親のことをよく知らない」父子家庭を漫画に 琴線触れる言葉たち
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
「母に好きな人が出来た」 1500円の靴下を買った相手は…理由に涙が
「母に好きな人が出来た」 1500円の靴下を買った相手は…理由に涙が
令和だけど…昭和の伝票使ってます 40年以上前に誤って5000冊も発注
令和だけど…昭和の伝票使ってます 40年以上前に誤って5000冊も発注
#脱ステ は「親のエゴだった」ステロイドへ...
#脱ステ は「親のエゴだった」ステロイドへ...
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
「筋肉体操」あの先生が明かした後悔、「重さ自慢」筋トレの結果……
「筋肉体操」あの先生が明かした後悔、「重さ自慢」筋トレの結果……
ガレージ生まれの野良猫を職場で飼うことに… 意外な所で本業に貢献
ガレージ生まれの野良猫を職場で飼うことに… 意外な所で本業に貢献
「シャチハタ」じゃなく「シヤチハタ」です...
「シャチハタ」じゃなく「シヤチハタ」です...
丸山議員「戦争」発言の罪深さ 「ビザなし交流」経験の記者が痛感
丸山議員「戦争」発言の罪深さ 「ビザなし交流」経験の記者が痛感
「市川ママ駅」に改名? 京成電鉄の市川真...
「市川ママ駅」に改名? 京成電鉄の市川真...
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR

人気

もっと見る