MENU CLOSE

話題

22748

同性愛へのセクハラ、ゲイ公表の石川大我議員が同僚区議に抗議

 同性愛者を公にしている豊島区議の石川大我氏が、同じ会派の区議からセクハラ発言をされたと訴えたツイートが話題になっています。性的マイノリティーへのセクハラ、それが議員同士の間で問題になったことで注目を集めているようです。

豊島区議の石川大我氏
豊島区議の石川大我氏 出典: 朝日新聞
関連記事

 同性愛者を公にしている豊島区議の石川大我氏が、同じ会派の区議からセクハラ発言をされたと訴えたツイートが話題になっています。性的マイノリティーへのセクハラ、それが議員同士の間で問題になったことで注目を集めているようです。


石川氏が投稿した抗議のツイート。リツイートは1200を超えています。

「実質的な男性は私だけ」

 石川氏によると、発言があったのは10月29日に豊島区議団控室であった懇談会でした。同じ会派で自治みらい豊島区議団の区議である藤本きんじ氏から「会派で実質的な男性は私だけ」と言われました。男性の同性愛であるゲイを公表している石川氏はこの発言に対して「ゲイが男性ではないと誤認したセクハラ発言」と受け止め、抗議をしました。

気を付けたい同性間のセクハラチェックシチュエーション
気を付けたい同性間のセクハラチェックシチュエーション 出典: 「初体験は?」「風俗店行け」 同性間でもセクハラです:朝日新聞デジタル

「認識不足だった」発言した議員は陳謝

 石川氏は会派に対し、セクハラ発言について適切な対応を求める申し入れをしました。一方、藤本氏は取材に「自分の認識不足で大変なご迷惑をかけ、反省しています。今後、こういうことがないよう勉強していきたい」と陳謝しました。

セクハラ発言 都議会でも、国会でも

 議員をめぐるセクハラでは、2014年6月、都議の塩村文夏氏が都議会で「早く結婚した方がいい」などのヤジを浴びて問題になりました。その後、セクハラのヤジは国会でもあったことが明らかになりました。2014年4月、日本維新の会の衆院議員の上西小百合氏に、「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」というヤジがあり、周囲から笑い声が起きていました。

塩村文夏都議(左)に謝罪する鈴木章浩都議=2014年6月23日
塩村文夏都議(左)に謝罪する鈴木章浩都議=2014年6月23日

クック氏、手記でゲイを公表

 同性愛を巡っては2014年10月30日、アップルのティム・クックCEOがゲイであることを公にしました。クック氏は、手記の中で「アップルのCEOがゲイだと聞くことで、孤独を感じている誰かの心がやすらぐのなら、そのために自分のプライバシーを犠牲にする価値がある」と述べています。同性愛について、日本よりは理解が進んでいるといわれているアメリカですが、まだまだ偏見はなくなっていないのが実情です。

アップルのティム・クック氏
アップルのティム・クック氏

 石川氏は「同性間のセクハラについては、あまり知られていません。この問題提起をきっかけに、広く知ってもらいたいです」と話しています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます