MENU CLOSE

話題

1402

ろくでなし子さん釈放。記者会見で「今回の逮捕は不当」

 自分の女性器を3Dプリンター用データにしてダウンロードさせたとして、わいせつ物頒布等の疑いで警視庁に逮捕された芸術家五十嵐恵(活動名・ろくでなし子)さんが18日、釈放された。

ろくでなし子さんの釈放を求めていた「change.org」のサイト
ろくでなし子さんの釈放を求めていた「change.org」のサイト 出典: change.org

 自分の女性器を3Dプリンター用データにしてダウンロードさせたとして、わいせつ物頒布等の疑いで警視庁に逮捕された芸術家五十嵐恵(活動名・ろくでなし子)さんが18日、釈放された。山口貴士弁護士ら弁護団が準抗告(裁判所に処分の取り消しや変更を求めること)し、釈放を求めていた。

 ろくでなし子さんは弁護団とともに記者会見を開き、「今回の逮捕は不当」と話した。

釈放され記者会見する、ろくでなし子さん 出典: YouTube:弁護士ドットコム

 今回釈放されたものの、刑事事件としての捜査は続き、起訴されて裁判になる可能性もある。

 会見でろくでなし子さんは、支援者への感謝を述べた。そのうえで、「今回の逮捕はとても不当で、理不尽で、納得がいきません」と訴えた。
 さらに、「私は自分のしてきた活動や作品が犯罪に当たるとは考えておりません」と述べた。

2万人を超える人が釈放を求めて署名していた
2万人を超える人が釈放を求めて署名していた 出典:change.org

 今回の逮捕は「芸術とわいせつの境界線」などをめぐり、議論を呼んでいる。
 インターネット署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」では、「氏の作品は性的搾取や嫌がらせを目的とした『わいせつ物』とは異なる」として、釈放を求めて2万人以上が署名した。
 一方、3Dプリンターに使うデータをわいせつ物と認定して立件されたのは初めてで、今後も様々な論点が注目を浴びそうだ。

 3Dデータをわいせつ物と認定して立件するのは全国初。
 データは数字や文字の羅列だが、保安課は3Dプリンターに入力すると石こうなどで形状を再現できるとして、わいせつ物に当たると判断した。
日刊スポーツ、7月14日
 五十嵐容疑者は「ろくでなし子」のペンネームで、漫画家としても活動。保安課によると、3月20日、香川県の男性会社員(30)に対して、自分の女性器の形を復元できる3Dプリンター用データをダウンロードできるURLをメールに記し、送信した疑いがある。

 五十嵐容疑者は自らの女性器をかたどった作品をつくって個展を開くなどの活動をしていた。調べに対して、「警察がわいせつと認めたことに納得がいかない。私にとっては手足と一緒で、わいせつ物とは思えない」と供述しているという。
朝日新聞デジタル、7月15日

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます