2017年11月11日

「ポッキーじゃないほう」パッケージ、知名度が低すぎ…担当者の真意

前代未聞「ポッキーじゃないほう」パッケージ

 今年も11月11日がやってきました。有名な「ポッキーの日」です。正式には「ポッキ―&プリッツの日」です。「ポッキ―じゃない方」の担当者は、知名度のなさから、毎年、つらい気持ちでこの日を過ごしてきたそうです。昨年は、その思いを自虐的にぶつけたつぶやきがSNSで話題になりました。あれから1年。今年は何とプリッツのパッケージに「Pocky」の文字が。とうとう魂まで売ってしまったのか…。真意を聞きました。

11/11は「ポッキーの日」である。

11/11と聞いて何の日を思い浮かべましたか?

「11/11は『ポッキーの日』である」

世の中の盛り上がりを見て、こう思う方がやはり多いのではないでしょうか。

それもそのはず。

過去(2015年)にポッキーの発売元である江崎グリコ社が調査を行ったところ、実に86%の方が上記のような回答をしております。

11/11は日本記念日協会が認定した「ポッキー&プリッツの日」。

江崎グリコでは「ポッキー」じゃない方の「プリッツ」の担当者は「プリッツの日」の知名度のなさから毎年つらい気持ちでこの日を過ごしています。

昨年はその想いを自虐的にぶつけたつぶやきがSNSで話題になりました。

プリッツ先輩が帰ってきた…!!

今年もその日がやってきました。

11月11日、ポッキー「&プリッツ」の日です。

実はプリッツ、ポッキーの3年前に生まれている先輩です。

「11月11日プリッツの気持ち」というタイトルで生まれた今年の「つぶやき」は、昨年以上に自虐度が高まっています。

そんなプリッツ先輩が江崎グリコ本社に呼び出されるところから話は始まります。

夜のテンションとアルコールの勢いで書いてしまったつぶやきについて後悔しつつ、これからの展開に不安を募らせます。

私がグリコ批判をした。とも取れる場所もあり、

処分されるのも致し方ありません。

考えられる最悪のケースは、

終売。

でしょうか。

つらい・・・。

せめて、

怒りのあまりコーヒーをぶっかけられて、

数日間「プリッツ コーヒーサラダ味」として自宅謹慎、

くらいの処分で

許して頂けないでしょうか・・・。

ー 出典:

じゃないほう・・・??

プライドをかなぐり捨て、コーヒーサラダ味になることまで覚悟し、向かった会議室で用意されていたものは衝撃の秘策でした。

「Pockyじゃないほう」

 そんなパッケージの箱が……。名前という唯一無二のアイデンティティーを無くすことへの虚無感とポッキーという世界的ブランドの一員になれたことへの密かな喜びの間で激しく葛藤するプリッツ先輩が描かれています。

 2016年に続く、2017年11月11日のプリッツのつぶやきについて、プリッツのマーケティング担当者を直撃しました。

江崎グリコ プリッツマーケティング担当 三浦啓吾さん

出典:

やっぱりつらかった…

ーー昨年のプリッツの気持ちに引き続き、自虐的な内容になっていますが、今年も三浦さんの気持ちでしょうか?

「はい、引き続きプリッツのマーケティング担当者としての想いが凝縮されています」


ーー昨年から心情の変化はありましたか?

「昨年のつぶやきに『プリッツ派』の反響があり、だいぶ和らぎました。でもまだつらい状況は続いています。


ーー「じゃないほう」がうまれた経緯を教えてください。

「何がつらいのかを考えていたときに、『ポッキーじゃない方』と言われることが一番つらいとわかったんです。例えば、『プリッツを好き!』というときも、『ポッキーじゃなくて、プリッツが好き』と言われることが多く、主語がポッキーになっていることが多いんです」

「また、プリッツをポッキーと間違えて話をされることは多いのですが、ポッキーをプリッツに間違える人はほとんど居ません。つらい状況ではありますが、『じゃない方』という位置付けを生かせればと思い今回の取組につなげました」


ーー名前とパッケージを一時的とは言えライバル視する「ポッキー」にすることに抵抗はありませんでしたか?

「もちろん、社内でも反発があり様々な議論が交わされました。ただ、最終的にはきっかけはどうあれ、プリッツを手にとっていただき、食べて笑顔になっていただくことが一番だと考え、今回の取組の実施までこぎつけました」

ーー最後に、プリッツ先輩から一言いただけますか??

「ポッキーよりも先輩ということもあり、現在『ポッキー&プリッツの日』となっている11/11を『プリッツ&ポッキーの日』にできるよう、引き続きがんばっていきたいと思います!」