閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年02月04日

「俺…何もなかったんだよ」阪神一筋の和田豊、今だから話せる処世術

  • 14409

監督時代、日本シリーズで球審に選手交代を告げる和田豊さん=2014年、阪神甲子園球場

監督時代、日本シリーズで球審に選手交代を告げる和田豊さん=2014年、阪神甲子園球場

出典: 朝日新聞

 1試合平均で4万人を超えるお客さんが駆けつける甲子園球場での阪神タイガース戦。そこは、虎ファンの耳をつんざくような声援が球場を支配し、選手や指導者の一挙手一投足に注目が集まる異質な空間です。担当記者という立場で接するそのプレッシャーたるや、想像の域を超えています。そんな環境に、選手時代から数えると31年間も身を置き、2012年から4年間は監督として指揮を執った和田豊さん(54)。15年シーズン限りでチームを離れた今だからこそ話せるタイガースの一員としての「処世術」を、じっくり聞いてみました。(朝日新聞スポーツ部記者・井上翔太)

自分は相手と勝負しているからいい。大変なのは家族

 ――活躍すれば喝采を浴びて、結果が出ないと「やめろ!」などと痛烈なヤジになって跳ね返ってくる。どんな心境なんですか?

 「平常心を保つのが、すごく難しい状況の中で野球をやらないといけない。いい方にも悪い方にも。ただ冷静に考えると、それだけファンはタイガースの野球を愛してくれているし、(ヤジは)その裏返しなんだよね」

 ――精神的に参りそう。

 「だけど、それがここで野球をやる条件、環境の一つだから、受け入れないと。そこに神経を費やしている時間はもったいない。いろいろ言われるけど、絶対に味方だから。ただ自分は相手と勝負しているからいいんだけど、家族は大変だよね」

「野球が好きで続けてきたんだけど、野球よりもタイガースが上回った瞬間がある」

「野球が好きで続けてきたんだけど、野球よりもタイガースが上回った瞬間がある」

入団1年目、衝撃の風景

 ――それだけ熱狂的なファンというのは、どんな存在ですか?

 「(お茶を一口すすり)俺ね、選手として秀でたものが何もなかったんだよ。『すべてが足りない』『何もない』という選手を、ここまでしてくれたのはタイガースファンなんだ」

 和田さんは、日大を出るまで、ずっと関東暮らし。1985年、阪神に入団しました。1年目。キャンプで軽々と本塁打を打つ先輩たちの姿を見て、「うわー、大変な世界に入っちゃったな」と衝撃を受けたそうです。

 ――85年は日本一になった年。「史上最強の助っ人」と呼ばれたバース、「ミスター・タイガース」の掛布、後に4番を打つことになる岡田と、そうそうたるメンバーでした。

 「同じ内野陣が、そのメンバーでね。最初の1年は衝撃的だったわ。『こんなにレベルが違うのか』って。『どうやって割って入るんだろう』と。そこから『工夫』が始まったんだ」

1985年、阪神タイガースは日本一に輝いた

1985年、阪神タイガースは日本一に輝いた

出典: 朝日新聞

投手の癖、自分で見つけたから財産

 ――どう考えたのですか?

 「掛布さんや岡田さんがホームランを1本打つんだったら、その間に俺はヒットを3本打って、初めて勝負ができる」

 「どうやってバットを自在に扱うか。自分の判断でバットを短く持ったよね。速い投手なら、もう指1本分短く持っていた」

 ――頭を使ったのですね。

 「投手の癖、配球の癖を探るのも、すごくやった。我々の時代は、誰もそういうことを教えてくれなかったんだよ。だから目で盗む。自分で見つけたものって、財産だから」

現役時代の和田豊さん。自在にバットを操った=1998年、阪神甲子園球場

現役時代の和田豊さん。自在にバットを操った=1998年、阪神甲子園球場

出典: 朝日新聞

 ――レギュラーをつかんでから、最も優勝に近づいたのが92年。それでも野村克也監督が率いるヤクルトに及ばず、2位でした。

 「データ重視の『ID野球』っていうのが出てきて、他球団の立場からすると『どんなミーティングをしてるのかな』って興味があった。そのときは野村さんの著書、すべて読みあさったわ。『ヤクルトに勝つには、どうしたらいいんだろう』っていう発想だね。ヒントでいいから、『何かないか』って」

 ――観察眼と探究心は、監督業にもつながってくるのでしょうか?

 「チームとか組織って、環境とか、条件とか、ルールとか、みんな違う。12球団の戦力もばらばら。何がどう『足りない』か。補うためにどう『工夫する』か。ユニホームを脱ぐ日まで、それは続いていく」

和田豊さん。現在は球団オーナー付シニアアドバイザーという役職に就いている=兵庫県西宮市

和田豊さん。現在は球団オーナー付シニアアドバイザーという役職に就いている=兵庫県西宮市

 ――大事にしている人生観はありますか?

 「野球と人生って、似てるところがあってさ。一度よくなっても、ずっとは続かないし、どこかで壁にぶち当たる。そのとき壁を押して突き進んでいいときと、一歩下がって冷静になった方がいいときがある。行き詰まったときに『もう一回帰ってみよう』っていう場所があることが大事なんだよ。技術的にも、気持ち的にも、人生におけるふるさとという意味でも」

 和田さんは昨秋、高校時代に通った千葉県我孫子市で「第1回和田豊旗争奪少年野球大会」を開催。少年野球教室も行い、重圧の中で培った経験を故郷に還元しています。

タイガース一筋31年、和田豊を育てた甲子園
前へ
日本一になった85年の主力だった真弓、バース、掛布、岡田の名前を書いた手書きスコアボード
次へ
1/10
前へ
次へ

あわせて読みたい

「忖度」「驚き桃の木」どう訳す?ピコ太郎の通訳が語った「頭脳戦」
「忖度」「驚き桃の木」どう訳す?ピコ太郎の通訳が語った「頭脳戦」
ブラック部活、遅すぎる「完全下校時間」 学校に縛り付けられる娘
ブラック部活、遅すぎる「完全下校時間」 学校に縛り付けられる娘
罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声...
罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声...
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
子どもの肥満が心配!よく噛んで食べる子どもは太らないってホント?
子どもの肥満が心配!よく噛んで食べる子どもは太らないってホント?
NEW
DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少なすぎ」 賠償の行方は?
DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少なすぎ」 賠償の行方は?
「不満なんてカケラもない…」涙を誘う猫マンガが描く無償の愛
「不満なんてカケラもない…」涙を誘う猫マンガが描く無償の愛
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR
葬式にサプライズを! ブライダル出身社長...
葬式にサプライズを! ブライダル出身社長...
「なくなるョ!全員集合」 スペースワールド、閉園なのにポジティブ
「なくなるョ!全員集合」 スペースワールド、閉園なのにポジティブ
息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格! 娘が語る母への感謝
息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格! 娘が語る母への感謝

人気

もっと見る