閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年01月08日

北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!

  • 222995

北九州市の成人式で、今年いちばん派手になりそうな「バラ」の衣装

北九州市の成人式で、今年いちばん派手になりそうな「バラ」の衣装

出典: 朝日新聞

 北九州市の成人式に現れる、スーパー歌舞伎もビックリの豪華な衣装を着た新成人たち。今年いちばん派手になりそうなのは、金を基調にした羽織はかまに黒や金、銀、青といったバラ(!)を縫い付けた男性10人組だそうです。名付けて「バラ」。どんな人たちなんでしょうか? 内心ビビリながら、会いにいってみました。(朝日新聞西部報道センター・宮野拓也)

意外にも好青年っぽい

 ど派手新成人の多くは、市内のレンタル衣装店「みやび」で衣装を借りています。店長の池田雅さん(45)にお願いして、「バラ」を紹介してもらいました。

 取材予定日は、彼らがお店と打ち合わせをする日。店内の一室で待っていると、「こんちわー」といって次々と元気よく青年たちが入ってきました。

爽やかに現れた安高竜矢さん(左から3人目)、前田悠貴さん(右から3人目)ら「バラ」のメンバー=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

爽やかに現れた安高竜矢さん(左から3人目)、前田悠貴さん(右から3人目)ら「バラ」のメンバー=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 彼らは同じ中学校の出身で、部活やクラスは違うものの、当時からとても仲が良いそうです。この日来ていた8人のうち半分くらいは黒髪ですし、みんな笑顔が爽やかで、正直ヤンキーの香りは全くありません。

 学生時代、派手なグループに属していなかった記者ですが、もし彼らとクラスメートになっても、仲良くなれそうな気がします。

1年間、憧れ続けた先輩のバラ

 彼らが成人式で着る羽織はかまは、金色を基調に赤や黒、白、紫、茶、銀など、それぞれが好きな色を足しています。それだけでも十分に派手ですが、羽織の襟が立ち上がり、そこにバラがびっしりと並ぶ予定だとか。しかも、袖口や襟には、ふっさふさのファーまで付いています。

 「なんでこの衣装を着ようと思ったの?」。衣装を見て思わず、ストレートな疑問が口を突いて出てしまいました。

車工場に勤める安高竜矢さん。「バラ」のリーダーで、そろいの衣装の発案者でもある=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

車工場に勤める安高竜矢さん。「バラ」のリーダーで、そろいの衣装の発案者でもある=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 「理由かー」。口を開いたのは、薄い紫色のサングラスをかけた安高竜矢さん(20)。グループのリーダー的存在で、県外の車工場に勤めています。

 彼が差し出したのが自分のスマホ。待ち受け画面を見ると、そこには同じようにバラの衣装を着た、新成人の写真がありました。昨年の成人式で、先輩にお酒を差し入れたときに撮った1枚だそうです。

 「1個上の先輩なんですけど、この1年間ずっと待ち受けにしてました。やっぱりカッコイイです。自分たちもこういう風にしたいな、と眺めてました」

安高竜矢さんが憧れた、金色のバラの衣装を着た先輩(中央)。テレビの取材に応じていた=2016年1月10日、北九州市小倉北区三萩野3丁目、宮野拓也撮影

安高竜矢さんが憧れた、金色のバラの衣装を着た先輩(中央)。テレビの取材に応じていた=2016年1月10日、北九州市小倉北区三萩野3丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 先輩は1人でバラをしていたそうですが、それを見た安高さんは「自分たちはもう一つ派手にしたい」と、10人でそろえることに。肩にはパッドを入れてより厚みを出し、えりも立ちやすく改良してもらいました。

 鳳凰(ほうおう)と唐草の柄は、とび職の平川稜治さん(20)が「嫁の兄ちゃんが3年くらい前に成人式で着た柄がいい」と指定したそうです。

〝8円生活〟で衣装代を工面

 「スーツはいつでも着られるし、普通ではおもしろくない」。そう話してくれたのは、福岡市で体育系の専門学校に通う前田悠貴さん(20)です。黒い野球帽をかぶった前田さんは、あどけない笑顔が印象的です。

 彼らの場合は、衣装代は1人40万円。学生の前田さんがどうやって工面したのか、聞いてみました。「節約には彼女とあんまり遊ばなかったぐらいかな」

福岡市で専門学校に通う前田悠貴さん。バイトを掛け持ちして、衣装代を工面した=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

福岡市で専門学校に通う前田悠貴さん。バイトを掛け持ちして、衣装代を工面した=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 え……。それだけでたまるの……? 「まぁ、居酒屋と婚活パーティーのバイトをして、2年かけてためたんで余裕っす」。そう言って、バイトで鍛えた婚活パーティーの司会の口上を、流暢(りゅうちょう)に披露してくれました。

 多いときは月5万円を貯蓄していたそうですが、最後の方はさらに切り詰めて、「友達におごってもらったりして、1週間8円生活とかしてました」。「8円じゃ何も買えないでしょ!」とつっこむと、「高校時代のスポーツ大会の景品のクオカードがあったので、それを使いました」

「仕事場ではおとなしい」

 リーダーの安高さんは、午前7時~午後7時と、午後7時~翌午前7時の二交代制の工場で働いています。車のサスペンションを溶接して組み立てる仕事だそうです。

 「小、中学校の頃は怒られることもしたけど、その後は落ち着きましたよ。仕事場ではおとなしい方だと思います」。仕事中は水色の作業着で、私服も黒が基本。派手な服を着たいという思いもありますが、その機会はめったにないそう。

カラフルな衣装が置かれた、レンタル衣装店「みやび」の店内=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

カラフルな衣装が置かれた、レンタル衣装店「みやび」の店内=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 今回の衣装は、親から「お金がもったいないんじゃない」と小言を言われたそうですが、「一生で1回だから」と説得。自分でも「ちょっとバカらしいかな」と思う瞬間があったそうですが、「このメンバーでできる一生に一度のことだから」と、冬のボーナスを全額投入して衣装代を払いました。

パンチパーマでプロポーズ

 安高さんは当日、髪の色を「はかまに合わせて黒と金に」するそうです。さっきまで「普段は絶対黒髪」と言っていたはずですが……。

 「次の日には黒に染め戻しますけどね」。ポピュラーな茶髪には、絶対にしたくないそう。「中途半端に明るいのはチャラく見える。硬派にいきたいんで」。……独自の美意識があるようです。

「バラ」の宮川拓海さん。成人式当日はパンチパーマにするという=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

「バラ」の宮川拓海さん。成人式当日はパンチパーマにするという=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 「リーゼントにする」「五厘にしようかな」との声が上がる中、パンチパーマにしたいと言ったのは、平川さん。成人式の日には、プロポーズをしないまま結婚した奥さんに、プロポーズをしたいそうです。

 「贈るバラは襟にいっぱい付いてるしな」。そう言って、いたずらっぽく笑います。

市は「きちんとした服装」呼びかけ

 ところで、北九州市は昨年の成人式の前に、ホームページなどで初めて「きちんとした服装での出席」を呼びかけました。市青年課によると、式で目立ったトラブルはなかったものの、市民から「みっともない」という意見が寄せられ、市議会にも陳情があったそうです。

昨年の北九州市の成人式=2016年1月10日、北九州市小倉北区三萩野3丁目、金子淳撮影

昨年の北九州市の成人式=2016年1月10日、北九州市小倉北区三萩野3丁目、金子淳撮影

出典: 朝日新聞

 それを「バラ」のみんなに伝えると、「外見だけで悪く思われるならそれまでですよ」「大事なのは中身でしょう」、そんな答えが返ってきました。

 確かに、「バラ」のみんなと実際に会ってみると、ごくごく普通の青年たちです。「人を外見で判断するな」、子どもの頃よく言われた言葉だな。取材中、ふとそんなことを思い出しました。

バラの流儀「ケンカはしない」

 「バラ」は、成人式でどんなに派手で目立っても「けんかはしない」と決めているそうです。式の当日は外の芝生広場にいて、式典の妨害もしないとのこと。

 仲間から、「お前が1番危ないやん」とからかわれていた平川さんは「けんかしても痛いし、おもしろくない。生まれたばっかの子どもを抱いて写真を撮りたいんで」と、父親の顔をのぞかせました。

10人でそろいの衣装を着る、安高竜矢さん(前列左端)、前田悠貴さん(前列右から2人目)ら「バラ」のメンバー=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

10人でそろいの衣装を着る、安高竜矢さん(前列左端)、前田悠貴さん(前列右から2人目)ら「バラ」のメンバー=北九州市小倉北区宇佐町1丁目、宮野拓也撮影

出典: 朝日新聞

 最後に、「バラ」のみんなに聞いてみました。
理想の大人ってどんな人ですか――?

 車工場に勤める安高さんは「金銭的にも時間的にも、余裕のある大人になりたい。今の仕事を頑張りたいですね」。

 体育の専門学校に通う前田さんは、ジムのトレーナーを目指しているそうです。小さい頃に父親を亡くし、母子家庭で育ててくれた母親に、恩返しがしたいといいます。

 じゃあいつか、みんなが思い描く通りの大人になって、成人式を写真で振り返ったら……?
 「爆笑間違いないです」

金、銀、レインボー! 北九州のど派手な新成人たち
前へ
人形を使った奇抜なヘアスタイルの新成人=2016年1月10日、北九州市小倉北区三萩野3丁目、金子淳撮影
次へ
出典:朝日新聞
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

就活生のヒール、ぶっちゃけ気になる?企業に聞いたら、同じ答えが…
就活生のヒール、ぶっちゃけ気になる?企業に聞いたら、同じ答えが…
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声...
罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声...
精神疾患の私が考えてみた、「無理しないで」っていう便利な言葉
精神疾患の私が考えてみた、「無理しないで」っていう便利な言葉
「なくなるョ!全員集合」 スペースワールド、閉園なのにポジティブ
「なくなるョ!全員集合」 スペースワールド、閉園なのにポジティブ
「障害者を理解する」より「困ってる人に声...
「障害者を理解する」より「困ってる人に声...
待機児童問題、今度は「保留児童」が話題 集計トリックに批判相次ぐ
待機児童問題、今度は「保留児童」が話題 集計トリックに批判相次ぐ
褒められても素直に喜べない… 「心に言葉の...
褒められても素直に喜べない… 「心に言葉の...
ひな人形の片付けが遅いと結婚できないって本当ですか?
ひな人形の片付けが遅いと結婚できないって本当ですか?
Q&A
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR
「痛い」「疲れる」 それでも就活はヒールだらけ、女子大生の本音は
「痛い」「疲れる」 それでも就活はヒールだらけ、女子大生の本音は
本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁
本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁

人気

もっと見る