閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年10月21日

東野圭吾、中国で人気 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に感動、その理由とは

  • 10344

中国で人気の東野圭吾さん(左)と代表作「容疑者Xの献身」

中国で人気の東野圭吾さん(左)と代表作「容疑者Xの献身」

 中国で東野圭吾さんのブームが起きています。中でも『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(中国語『解憂雑貨店』)は、中国の書籍の専門サイト「開巻(Open Book)」で、2015年に入ってからつねにトップ5位に入っています。なぜ、東野作品? なぜ『ナミヤ雑貨店の奇蹟』? 背景には、現在の経済発展に日本の高度経済成長を重ね合わせる、中国人の心情があるようです。

昔は欧米、今は「日本ブーム」

 世界各国の文学作品の中国語訳を手掛ける出版社「訳林出版社」の編集者、張遠帆氏によると、10年ほど前から、中国では「日本ブーム」が起きているそうです。出版業界でも、日本の書籍は人気になっています。

 一昔前は、欧米への憧れから、英文の翻訳小説などがよく読まれていました。しかし最近は、中国から「爆買い」と呼ばれる買い物客が日本に大勢、訪れるなど、地理的な近さから日本や韓国への注目が高まっています。

 韓国は書籍ではなく、主にドラマやポップカルチャーがメインですが、日本はマンガのほか、小説、歴史、建築、作法やライフスタイル(生け花、整理術、収納)などが人気です。

 夏目漱石や川端康成のほか、山岡荘八の『徳川康成』、塩野七生の『ローマ人の物語』、近藤麻理恵の『人生がときめく片づけの魔法』などが注目されています。

中国で人気の塩野七生さん

中国で人気の塩野七生さん

出典: 朝日新聞

東野人気 きっかけは『容疑者Xの献身』

 日本の小説家といえば村上春樹さんです。もちろん、村上作品は根強い人気がありますが、張さんは「村上さんはすでに『世界の村上』と認識されており、『日本』という色が薄れています」と言います。

 日本作家として中国で人気なのは、推理作家の東野圭吾さんです。

 中国では長い間、推理小説は日本ほど人気はなく、むしろ認知度の低いジャンルでした。「開巻」サイトでは、業界の推計として、1990年代の推理小説の愛読者は5000人に過ぎないと指摘しています。

 しかし2000年以降、推理小説の人気が高まります。きっかけになったのが東野さんの『容疑者Xの献身』でした。

 『容疑者Xの献身』は推理小説でありながら、倫理や道徳などの問題を扱っているのが特徴です。そして、クライマックスまで一気読ませるストーリーの面白さから、中国で推理小説の人気を高めました。

映画「容疑者Xの献身」に出演した福山雅治さん(右)と堤真一さん(左)=2008年10月

映画「容疑者Xの献身」に出演した福山雅治さん(右)と堤真一さん(左)=2008年10月

出典: 朝日新聞

意外なヒット作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

 最近よく売れている本は東野さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』です。2015年9月19日付の北京の新聞「新京報」の『ベストセラーリスト』によると、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は2位にランクインしています。

 推理小説というより、ミステリ・ファンタジーのジャンルに入るこの作品。「開巻」サイトの統計では発売後3カ月でベストセラーのリスト入りし、アマゾンのランキングでも上位を長く占めています。

 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』はなぜ人気なのでしょうか。作品で描かれている時代はちょうど1980年代の日本です。経済が高度成長を遂げ、社会が転換期にある今の中国と合致しています。現在の中国が抱える悩み、迷いが通じる部分があり、共感を呼んでいるようです。

新たな市場、出版社も注目

 新たな市場を狙って、日本の出版社も中国との関係を深めています。

 2014年8月に北京であったブックショーに合わせて講談社、小学館、マガジンハウスの社長も北京を訪れ、中国側と意見交換をしています。

 ロングセラー「窓辺的小豆豆(窓ぎわのトットちゃん)」(黒柳徹子)は、正式な訳本が出た2003年以降で710万部が売れています。

 一人っ子への教育熱を背景に児童書は、成長市場になっています。生活に余裕をもった人たちには、ダイエットや旅行、美容、ファッション、写真など趣味の本も人気です。経済発展による新たな需要の高まりが、日本の書籍人気の背景にあるようです。 
 

中国でも人気の「窓ぎわのトットちゃん」

中国でも人気の「窓ぎわのトットちゃん」

海賊版だらけで商売にならなかった時代から、著作権への意識も少しずつ変わっている。巨大市場をつかもうと、8月末のブックショーにあわせて講談社、小学館、マガジンハウスの社長も北京を訪れ、中国側と意見交換した。

出典: 2014年9月7日:(波聞風問)北京に日本の著作 日中の壁、乗り越える好奇心:朝日新聞紙面から

 ロングセラー「窓辺的小豆豆(窓ぎわのトットちゃん)」(黒柳徹子)は、正式な訳本が出た2003年以降で710万部が売れた。子供むけの推薦図書でもある。30年がかりで750万部に達した日本を超える日も近い。絵本版も翻訳中だ。
 実は80年代から、独自に訳された「小豆豆」が出回っていた。文化大革命が終わり、外国の文化に多くの中国人が飢えていた。「こんなに自由な発想や学校が日本にあったんだ」。ある50代の女性は、当時の感想を語る。

出典: 2014年9月7日:(波聞風問)北京に日本の著作 日中の壁、乗り越える好奇心:朝日新聞紙面から

堀北真希・福山雅治・新垣結衣…東野作品に出演した豪華スター
前へ
東野圭吾さん原作の映画「白夜行」に出演した堀北真希(右)さんと深川栄洋監督。ベルリン国際映画祭で登壇=2011年2月
次へ
出典:朝日新聞
1/14
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除...
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応...
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
SMAP「37万人署名」の拠点に潜入 「数は力」大人買いCDの行き先は?
SMAP「37万人署名」の拠点に潜入 「数は力」大人買いCDの行き先は?
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?

人気

もっと見る