閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年09月04日

マツダ・ロードスター、世界で愛され25年 こだわり貫き根強い支持

  • 16520

4日に公開された、新型マツダ・ロードスター

4日に公開された、新型マツダ・ロードスター

出典: マツダ

 広島産の名車、誕生25周年のマツダ・ロードスター。
 新型モデルの公開イベントが日米欧で4日午前にあり、世界中のファンの注目を集めた。

 デザインは、ロー&ワイドなプロポーションで筋肉質な印象。「アテンザ」など現行車種で使われる、低燃費と高出力の両立を図る高効率エンジンとシャシーの軽量化からなる、同社独自の「スカイアクティブ」技術を新たに採用した。車両重量は現行型比で100キロ減を目指すという。

マツダが新型「ロードスター」を公開(朝日新聞デジタル&M)

4代目となる新型ロードスター。披露イベントに参加したファンが座り心地を試した=2014年9月4日

4代目となる新型ロードスター。披露イベントに参加したファンが座り心地を試した=2014年9月4日

出典: 朝日新聞

 1989年の初代から数えて4代目。歴代モデルはこの種のマニアックなクルマとしては異例のベストセラーとなり、2000年には、「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一(53万1890台)としてギネス記録に認定。本格的な走りを手頃に楽しめる希少なクルマとして、根強い人気がある。

 日本が世界に誇る、このクルマの魅力を掘り下げる。

2005年の日本カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた、マツダ・ロードスター(3代目)=2005年11月9日

2005年の日本カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた、マツダ・ロードスター(3代目)=2005年11月9日

出典: 朝日新聞

「人馬一体」を追求

 初代から3代目までの開発に携わったのは、2010年に山口東京理科大の教授に転身した、エンジニアの貴島孝雄さん。
 社内で「鬼の貴島」と呼ばれ、元部下は「今どき珍しく叱咤激励し、怒る人。『どうすればできるか考えろ』『難しいことをやるのが仕事』とうるさい」と評する。

 追い求めたのは「人馬一体」。体の一部のように思うまま車を動かす楽しさだ。
 そのための軽量化と、安全性を高める装備による重量増の両立に挑み続けた。
 一番楽しく感じるハンドルの遊びの量、エンジン音の聞こえ具合、加速性能……。

 一つずつ探求し、重さ約1トンの車のあちこちを1グラム単位で削って完成させたのが、担当主査として開発した3代目だ。
 価格は200万円台を維持。値ごろ感もファンを広げた。

ファンの間でカリスマ的存在の、 長く開発を指揮した貴島孝雄さん=2010年10月26日

ファンの間でカリスマ的存在の、 長く開発を指揮した貴島孝雄さん=2010年10月26日

出典: 朝日新聞

「時代遅れ」の後輪駆動にこだわる

 1989年に発表された初代の開発が始まったのは、80年代前半。
 手頃なオープンカーは他社が60年代に盛んに発売したものの、市場は成長しなかった。

 当時、マツダの主力だったファミリアやカペラの開発陣に余裕はなく、ロードスターはトラックの開発チームが主体だった。
 貴島さんは、「好きな連中が手弁当で集まって、図面を描く雰囲気だった」と振り返る。
 「スポーツカーをマニアの車にせず、日常生活で誰が乗っても楽しい車にしたい」とコンセプトを描いた。

 アクセルを踏み、ハンドルを切った時の反応を上げるため、開発陣は後輪駆動(FR)にこだわった。すでに主流は、大衆車で普及していた前輪駆動(FF)。
 「時代遅れだ」と難色を示す経営陣に「スポーツカーを運転する楽しさのため」と食い下がった。
 ハンドリング性能を考慮してエンジンは前輪の後方に配置し、中心に近づけた。

こだわりを貫き、世界中にファンを生んだユーノス・ロードスター(初代)。海外名はMX―5=マツダ提供

こだわりを貫き、世界中にファンを生んだユーノス・ロードスター(初代)。海外名はMX―5=マツダ提供

出典: 朝日新聞

ヒロシマ発、世界を席巻

 手頃なサイズの、走らせて楽しい古典的オープン2シーター。
 この古くて新しいコンセプトの成功が、世界の自動車メーカーに大きな影響を与えた。
 欧州の高級車メーカーからも、後を追うように2~3リッタークラスの競合モデルが投入され、クルマの一大カテゴリーが生まれた。
 
 代表的なものだけでも、メルセデス・ベンツSLK、BMW・Z4(前身のZ3)、ポルシェ・ボクスターなどがある。
 それぞれ、各メーカーのボトムレンジを下支えするモデルに成長している。

久々のMT追加も話題を呼んだ、メルセデス・ベンツSLK(3代目)

久々のMT追加も話題を呼んだ、メルセデス・ベンツSLK(3代目)

出典: 朝日新聞

自慢のFRレイアウトが存分に生きる、BMW・Z4(2代目)

自慢のFRレイアウトが存分に生きる、BMW・Z4(2代目)

出典: 朝日新聞

フラット6をドライバーの背中に積む、ポルシェ・ボクスター(2代目)=ポルシェジャパン提供

フラット6をドライバーの背中に積む、ポルシェ・ボクスター(2代目)=ポルシェジャパン提供

出典: 朝日新聞

オーナーとの近い距離

 ロードスターの人気は、そのこだわりと品質だけが理由ではなかった。
 マツダのテストコースでの走行会といったオーナー参加型イベントを開催するほか、ファンがホロリとするような心憎い演出も用意する。

 2011年4月、マツダが生産したロードスターの90万台目が、ドイツ在住の購入者の元に届いた。
 この記念すべきクルマを買ったのは、ドイツ西部に住むベッカー夫妻。車は2011年2月4日に広島市南区の本社工場で生産し、2カ月かけて船で運ばれた。
 そのクルマには、「購入されたMX―5は、幸運にも90万台目の記念すべき車です。家族のように愛してください」との、山本修弘・開発主査の手紙が添えられていた。
 ベッカー夫妻は、ディーラーで納車されたクルマを運転して自宅に向かう間、現地のファンたちの運転する30台とともに、パレードしたという。

ロードスター(海外名MX―5)のファンがパレード=ドイツ・アーヘン近郊、マツダ提供

ロードスター(海外名MX―5)のファンがパレード=ドイツ・アーヘン近郊、マツダ提供

出典: 朝日新聞

アルファロメオも広島産に

 こうしたロードスターの商品力は、マツダの世界戦略にも大きく貢献しそうだ。

 新型ロードスターは、イタリアの自動車大手フィアットの「アルファロメオ」ブランド向けに供給されることが、すでに決まっている。
 相手先ブランドでの生産(OEM)で、ロードスターとは異なる外観やエンジンを採用。フィアットが2010年に生産を終えた「スパイダー」の後継車になる見通しだ。
 マツダにとっては、ロードスターと合わせた生産台数を増やしてコストを下げ、国内の雇用維持にもつなげる狙いがある。

 アルファ伝統の盾型グリルをまとったロードスターが、広島の港からタンカーで出荷される姿を想像するだけで、世界中のコアなファンが歓喜するに違いない。

新型ロードスターが盾型グリルを纏う?生産終了のアルファロメオ・スパイダー=フィアット提供

新型ロードスターが盾型グリルを纏う?生産終了のアルファロメオ・スパイダー=フィアット提供

出典: 朝日新聞

あわせて読みたい

トランプファミリー実力は? 名門大卒、支持者からは「芸能人」扱い
トランプファミリー実力は? 名門大卒、支持者からは「芸能人」扱い
『過剰な注釈』への皮肉を漫画に 「世の中がんじがらめ、より緩く」
『過剰な注釈』への皮肉を漫画に 「世の中がんじがらめ、より緩く」
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
感動してコンタクト流れた 疲れた心に…この“サプリ映画”が効く!
感動してコンタクト流れた 疲れた心に…この“サプリ映画”が効く!
PR
グリコが開発した、この白い粉のすごい正体って…?
グリコが開発した、この白い粉のすごい正体って…?
PR
子どもを怒りすぎてしまった日に、私がすること。
子どもを怒りすぎてしまった日に、私がすること。
50億回再生!親子ユーチューバー「かんあき」スポンサーなし貫く理由
50億回再生!親子ユーチューバー「かんあき」スポンサーなし貫く理由
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑...
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑...
あ、あり得ないわ…この光景、3Dで描く「地獄と夢」 VRアートの世界
あ、あり得ないわ…この光景、3Dで描く「地獄と夢」 VRアートの世界
AV強要「なぜ、断れなかったんですか?」女子大生の疑問に被害者は…
AV強要「なぜ、断れなかったんですか?」女子大生の疑問に被害者は…
ネプチューン、今もコント続ける理由 「3人の理想は…笑って泣く」
ネプチューン、今もコント続ける理由 「3人の理想は…笑って泣く」
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと

人気

もっと見る