MENU CLOSE

ネットの話題

冷凍食品、間違って袋開けちゃった… でも大丈夫!気が利く説明書き

冷凍食品を解凍する際、外袋を開けずにチンすべき商品なのに、間違って開けてしまった経験はありませんか?

オムライスのパッケージ裏面に記された「あたためる前に、袋を開けてしまった場合」の調理法
オムライスのパッケージ裏面に記された「あたためる前に、袋を開けてしまった場合」の調理法 出典: 日本水産提供

目次

 冷凍食品を解凍する際、外袋を開けずにチンすべき商品なのに、間違って開けてしまった経験はありませんか? そんなケースも想定して丁寧な説明書きを記した商品が注目を集めています。

ニッスイ「オムライス」のパッケージ
ニッスイ「オムライス」のパッケージ 出典: 日本水産提供

ニッスイの「オムライス」


 話題の商品は、ニッスイの「オムライス」。ふんわり卵と、やさしい甘みのチキンライスが特徴の冷凍食品です。

 電子レンジ専用の商品で、パッケージ裏面に調理方法が書かれています。

 (1)凍ったままの商品を袋をあけずにそのままあたためてください。

 (2)袋からトレーを取り出し、お召し上がりください。

 わざわざ(1)については、赤い下線を引いて目立つようにしてあります。

正しい調理法を書いた部分
正しい調理法を書いた部分 出典: 日本水産提供

袋を開けてしまった場合


 その右隣には500Wで約5分、600Wで約4分20秒と調理時間が書かれていて、さらにもう一つ、注意書きがあります。

 「あたためる前に、袋を開けてしまった場合」

 トレーから取り出してラップでくるみ、トレーに戻して通常と同じ時間だけ温めるように書いてあります。

 さらに、温め終わった後、ラップをしたまま1分ほど蒸らすことも記されています。

 この注意書きがツイッターで紹介されると、「あるあるすぎる」「失敗のフォローも完璧な上司の様ですね」といったコメントが寄せられ、注目を集めました。

オムライスのパッケージ裏面に記された「あたためる前に、袋を開けてしまった場合」の調理法
オムライスのパッケージ裏面に記された「あたためる前に、袋を開けてしまった場合」の調理法 出典: 日本水産提供

日本水産に聞きました


 説明書きについて日本水産の広報課に尋ねると、こんな回答が返ってきました。

 「発売は1980年代ですが、当時は電子レンジ調理ではなく、内包材ごとお湯であたためるものでした。その後1990年代に入って電子レンジ調理対応となりましたが、その正確な時期は不詳で、ご指摘の表示が追加された時期も記録がなく、特定できませんでした」

 袋を開けてしまった場合を追加した理由は、お客様サービスセンターに届いた意見を参考にしたそうです。

 「本品を開封してしまった場合、ラップせずに調理すると卵が硬くなったり十分に温まらなかったりと、品質への影響が大きい点も考慮しました。お客さまにおいしく召しあがっていただくために詳しく記載しています」

ニッスイ「オムライス」の調理例
ニッスイ「オムライス」の調理例 出典: 日本水産提供

他の商品は


 ニッスイの家庭用冷凍食品は、外包材から取り出して電子レンジ加熱、もしくは自然解凍の商品がほとんど。

 そのため、こうした表記はオムライスなど一部商品に限られ、他の商品にも広がっているわけではないそうです。

 話題になったことについては「ニッスイのモノづくりへのこだわりがご理解いただけたと、率直にうれしく思います」とした上で、こう話します。

 「お客さまの使い勝手を考慮し、また、最適な品質に仕上がるよう、開発担当者ひとりひとりが細心の注意を払って調理検証を含む開発業務に取り組んでいます。引き続きご愛用のほど、よろしくお願いいたします」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます