MENU CLOSE

エンタメ

10141

紅白で動じぬ初出場勢 あいみょんかなえた夢、純烈は「銀シャリ」?

NHK紅白歌合戦の初出場というと、緊張してしまうイメージがあります。ですが、今年の初出場組は動じていない人が多いようです。「あいみょん」は写真撮影中にほどけてしまった靴ひもを結び直す余裕を見せ、スーパー銭湯アイドルの「純烈」はおそろいの青いスーツに身を包んで「どうも銀シャリです」と笑いを誘います。

スーパー銭湯アイドルの「純烈」=合田但撮影
スーパー銭湯アイドルの「純烈」=合田但撮影

目次

 NHK紅白歌合戦の初出場というと、緊張してしまうイメージがあります。ですが、今年の初出場組は動じていない人が多いようです。「あいみょん」は写真撮影中にほどけてしまった靴ひもを結び直す余裕を見せ、スーパー銭湯アイドルの「純烈」はおそろいの青っぽいスーツに身を包んで「どうも銀シャリです」と笑いを誘いました。例年と一味違う初出場組に迫りました。(朝日新聞デジタル編集部・影山遼)

「あいみょんさんです」

 リハーサルからキレキレの「R.Y.U.S.E.I.」のダンスを見せつけた「三代目 J Soul Brothers」。

 そのすぐ後に、シンガー・ソングライターのあいみょんが登場しました。「君はロックを聴かない」「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」などキャッチ-なのにどこか懐かしい曲を多数生み出しています。目立つ黄色のトップスにおしゃれな丸めがね。隣で見ていたスポーツ紙のおじさん記者も「はまっちゃっいました」とつぶやきました。

 「それではご紹介します。あいみょんさんです」
 「あいみょんです。よろしくお願いします」

 あいみょんに「さん」を付けるのは正しいのかは置いといて、アコースティックギターを持ったあいみょんが大勢の関係者に囲まれながら音を合わせます。

音合わせをするあいみょん=久土地亮撮影
音合わせをするあいみょん=久土地亮撮影

え、ラブピース?

 「5秒前、4、3…」

 5本のライトに照らされて、初めてなのかを疑うほどの堂々とした貫禄で「マリーゴールド」を歌い上げます。「抱きしめて離さない」の声がホールに響き渡りました。

 ステージを下りて囲み取材になると一変、靴ひもを結び直したり、「ダブルピース」を求められて「え、ラブピース?」と聞き返したり。全く違った一面をのぞかせます。取材になると「あんまり緊張はせんタイプ」と言い切り、それでも「当日はそわそわしそうやな」。そして「家族は呼ばない。テレビで見るのが紅白歌合戦やと思ってる」と話しました。

靴ひもを結び直すあいみょん
靴ひもを結び直すあいみょん

意外なエピソード

 「紅白出場で誰か喜びましたか」というありふれた質問に「おばあちゃん」との答え。

 やっぱり、みんな答えるのはおばあちゃんやおじいちゃんなんだなと思っていると、「おばあちゃんが昔歌手になるのが夢だったから、かなえてくれてありがとう」と意外なエピソードを明かしてくれました。

あいみょん=平尾勇貴撮影
あいみょん=平尾勇貴撮影

純烈、毛色違い過ぎ

 同じ関西から出てきても全く違う味わいを見せたのは「湯船で紅白出場を祝われた」という異色のムード歌謡グループ「純烈」。「じゅんれつ」と読みます。「(お笑い芸人の)銀シャリです」とおどけたように、囲み取材も笑いに包まれました。

 取材の第一声は「囲まれすぎ取材やな」。音合わせに衣装合わせと色々な場所を連れ回されたことから「人間ドックに来たみたい」ととにかく笑いをとります。ここまで来るには長い道のりがあったといいます。

紅白のリハーサルをする純烈のメンバー
紅白のリハーサルをする純烈のメンバー
 地道に全国を回り、中高年の女性たちから熱烈な支持を得て結成11年で夢をかなえた。

 12月9日、神奈川県座間市の「湯乃泉 相模健康センター」にある200畳ほどの大広間は、赤や緑のペンライトを持った250人ほどの女性たちであふれた。ふだんは湯上がりに食事をしてくつろぐ場所だ。

 「皆さんが純烈を紅白まで連れてきてくれました!」。大歓声の中、平均年齢40歳の男性5人組が約1時間のステージで披露するのは往年の名曲「東京砂漠」や、10万枚売れたオリジナル曲「プロポーズ」。1950~60年代に人気を集めたムード歌謡の要素に、切れの良いダンスを組み合わせたパフォーマンスだ。ステージは高さ50センチ、幅10メートルほどで、手を伸ばせば届きそうな近さ。5人が歌いながら観客一人一人と握手する場面もある。

 メンバーは歌いにいくと客と一緒に風呂に入り、館内着の甚平姿でロビーなどを行き来して「足は大丈夫?」などと話しかけファンとふれ合う。

 純烈は、「スーパー戦隊」シリーズなどに出ていた酒井一圭さんが、ケガで入院中にムード歌謡グループ「内山田洋とクールファイブ」の夢を何度も見たのを機に2007年、俳優仲間らに声をかけて結成した。歌の経験はなく、「カエルの合唱」から練習を始めた。なかなかヒット曲に恵まれず、当時のレコード会社との契約も打ち切りに。12年にスーパー銭湯や健康ランドで歌い始めたことが転機になった。「スーパー銭湯アイドル」との異名がつき、テレビ出演やホールでの公演も増えたが、今でも年間300ステージのうち、3分の1は銭湯などが会場だ。
2018年12月27日朝日新聞夕刊

 リハーサルでも泣きそうだったという純烈のメンバー。「(会場の)NHKホールをスーパー銭湯にする」と意気込みは十分です。

【関連記事】湯船で紅白出場を祝われた スーパー銭湯アイドル・純烈
【関連記事】泣かせる純烈「1万人のライブより、300人を何回も」
 
【動画】紅白初出場を決め、盛り上がるスーパー銭湯アイドル「純烈」とファンら=川村直子撮影

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます