MENU CLOSE

お金と仕事

5806

イーロン・マスクのテスラ、4月30日に「すごい新製品」

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社が4月30日に「画期的な新製品」を発表します。ただ、詳細は不明で、「家庭用の新型バッテリーでは?」と噂されています。

米テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)
米テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO) 出典: 朝日新聞

 米テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同社の新しい主力製品の生産ラインを4月30日午後8時(日本時間5月1日正午)に発表すると明らかにしました。テスラ社は電気自動車を製造していますが、マスク氏は「車ではない」としており、新型の家庭用バッテリー(蓄電池)ではないか、などと様々な臆測が飛び交っています。

 マスク氏が3月30日(現地時間)、自身の公式ツイッターでこの新製品について一言だけつぶやき、話題になっています。米NBCニュースは、この新製品について「家庭用のバッテリーかもしれないし、電動バイクかも。いや、テレポーテーション(瞬間移動)装置もありうる」と冗談交じりに伝えました。


家庭用バッテリーか?

 しかし実際のところ、最も有力視されているのは家庭用バッテリーのよう。マスク氏は今年2月の四半期決算発表の時期に、「自宅やオフィスで使える蓄電システムを間もなく発表できるだろう」と述べ、テスラ社が準備を進めていることを明らかにしていました。米CNBCによると、テスラ社はカリフォルニア州の住宅約200~250世帯ですでに2年間、家庭用バッテリーの実証実験を行ってきたそうです。

テスラ・モーターズの「モデルS」
テスラ・モーターズの「モデルS」 出典: 朝日新聞

 新しい家庭用バッテリーの詳細は不明ですが、マスク氏は「とにかくすごい製品。とても興奮するよ(It's really great. I'm really excited about it)」と述べています。市場関係者の間では「太陽光エネルギーを蓄電して、停電時や災害時に役立つものだ」「フル充電すれば1週間は家庭の電気をまかなえるすぐれものでは」など、いくつもの予想が出ています。

2014年9月に設備が増強されたテスラの工場。赤と白で統一され明るい色合いが特徴だ
2014年9月に設備が増強されたテスラの工場。赤と白で統一され明るい色合いが特徴だ 出典: 朝日新聞

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます