閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年09月28日

サザンが好きで好きで「トリビュートバンド」結成したら…大当たり!

  • 3372

桑田研究会バンドによるライブ「KUWAKENナイト」

桑田研究会バンドによるライブ「KUWAKENナイト」

 「トリビュートバンド」を知っていますか?「ものまねバンド」とも「おやじバンド」とも違う、“敬愛するアーティストの音楽を、真剣に、純粋に、演奏して楽しんでもらうバンド”だといいます。先頭を走るのが「桑田研究会バンド」。人気の理由はいったい? 今年、夏フェスの聖地・フジロックでもステージにも立ったと聞き、会ってきました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・松沢奈々子)

動画アップ「すごい反響」

 8月ある夜の東京・渋谷のJ-POP CAFE。開演2時間前には、早くもお客さんが並び始めました。子供連れも目立ちます。お目当ての「KUWAKENナイト」は、サザンオールスターズと桑田佳祐さんを愛するメンバーによる桑研バンドこと、桑田研究会バンドが2008年の結成当初から毎月開催しているライブです。

 そもそもバンド結成のきっかけは、代表兼ボーカルのやのっち(42)が30歳の時、劇場経営の仕事が落ち着いたのを機に、ファンだったサザンのコピーバンドを始めたことでした。年2回のライブのほか、ユーチューブに動画をアップすると「すごい反響で。素人なのに、色んなイベントにお誘いいただくようになったんです」。

 気づいたのが「有名な曲を本気で演奏し、みんなで歌って盛り上がる<産業>って意外となかった」ことです。
 「その人の特徴をとらえて笑ってもらうものまねと違って、トリビュートバンドは本人になりきったショーで、お客さんがシングアロング(一緒に歌う)できる。そこがポイントでした」。

桑田研究会バンドによるライブ「KUWAKENナイト」

桑田研究会バンドによるライブ「KUWAKENナイト」

ラスベガスでは入場規制も

 海外の事例も調査します。たとえば米国はレッドツェッペリンやピンクフロイドなどをトリビュートするバンドがひしめいていました。イベントを仕切る社長に会いに行き、「どれくらいもうかるの?」とぶっちゃけて聞いたら「年間5億円くらい」という衝撃の答えが返ってきたとか。

 「ラスベガスでは朝から晩までトリビュートバンドしか出ないイベントがあって、入場規制がかかるくらい大人気。故人となったロック界のレジェンドも多く、もう見られない生演奏へのニーズもあるようです」

 一方、日本ではまだ、ものまね芸人さんなんですね、とか、おやじバンドでしょ、と言われることが多いと嘆きます。「おやじバンドは第二の青春というような、バックグラウンドのストーリーに注目されがちだけど、僕らはあくまでもプロのエンターテイナー。ドキュメンタリー性とエンタメ性という点で違うんです。おやじだけどおやじバンドではない(笑)」

ボーカルのやのっちさん

ボーカルのやのっちさん

フジロックにデビュー

 それが今年、フジロックの特設ステージに出たことでトリビュートバンドの認知度が高まるとやのっちは期待します。聞けば、約3年前に主催するスマッシュのスタッフと知り合い、「トリビュートバンドの面白さを伝えたい。何か企画はないか」と相談を重ねてきたのだそう。

 フジロックにとっては20年の節目の年。かつてのオレンジコートに代わって復活させたステージつきのフードコートがその舞台でした。

 「音楽の聖地にものまねで出てんじゃねえよ、っていう批判は覚悟してた。でも一生懸命やるしかない。そしたら、自分で自分の声が聞こえなくなるくらいの大合唱が起きたんですよね」

 昭和の歌声喫茶のようにリードする人がいて、みんなで歌う。トリビュートバンドは現代の歌声喫茶になれる――。そんなことを、お客さんの顔を見ながら考えたそう。

フジロック「オレンジカフェ」でのライブ

フジロック「オレンジカフェ」でのライブ

「よくあるコピーバンドと思ったら…」

 さて、ライブ本番。やのっちのソロ弾き語りとフルバンド編成による3部制(入れ替えなし)で、60人ほど入るスペースは第1部から満員に。初めての人もマニアも楽しめるように練られた展開で、ものまねではないと言いつつも、歌い方やしぐさが桑田さんをほうふつとさせます。

 3年前から追っかけという栃木県の工藤幸浩さん(46)は、家族4人で参加。「最初はよくあるコピーバンドというイメージだったけど、一度聞いたらサザンへの思い入れが強いことがわかって、すっかりファンになった」と話します。本家のライブに行ったことがなくても、毎回大満足できるそう。

 群馬県の藤原義之さん(54)は、これまで約20回、ライブやイベントに参加。この日は、ツイッターで知り合ったサザンファンを連れてノリノリ。「桑研バンドのおかげで日常が楽しくなった。私の人生を変えてくれた恩人。バンドメンバーの人柄も最高で、出会えてよかった」と興奮気味に話してくれました。

フジロック「オレンジカフェ」でのライブ

フジロック「オレンジカフェ」でのライブ

音楽業界の新たな産業に?

 会社の忘年会に来てくれたことで出会った彼らのパフォーマンスに、気づけば私もシングアロング。今回、トリビュートバンドを一大産業に、という心意気と老若男女からの愛されっぷりに触れて、ますます目が離せなくなりました。

 ちなみにアバやカーペンターズのトリビュートバンドもプロデュースしていて、いま探しているのはユーミンのトリビュートシンガーだとか。「歌のうまさだけでなく味わいや雰囲気まで出せる人じゃないといけないから見つけるのが難しくて。我こそは、という人、お待ちしています!」。
   ◇
 KUWAKENナイトは毎月第2金曜日に開催中。詳細は桑田研究会バンド公式サイトへ(http://kuwaken30.sblo.jp/)


「サザン大好き!」伝わる写真 会場外に1万人、みこしで駅伝
前へ
サザンオールスターズのデビュー35周年を祝う東京―茅ケ崎間の駅伝=2013年6月23日
次へ
1/16
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

思わず読む! 八王子の客引き禁止ポスター 求人広告風にした訳は?
思わず読む! 八王子の客引き禁止ポスター 求人広告風にした訳は?
いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫
いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
スケオタ熱狂「ユーリ!!! on ICE」の魅力 久保ミツロウ×無良崇人
スケオタ熱狂「ユーリ!!! on ICE」の魅力 久保ミツロウ×無良崇人
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
これだからイマドキの若者は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く保活
これだからイマドキの若者は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く保活
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR
妻のへそくりで新車購入、愛と笑いの『誓約書』 素敵すぎて鼻血が…
妻のへそくりで新車購入、愛と笑いの『誓約書』 素敵すぎて鼻血が…
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方

人気

もっと見る