MENU CLOSE

ネットの話題

着ればマンボウになれる服 背びれと尻びれを袖に、口を襟に見立てて

フェリシモを取材しました

「着るマンボウ ルームウェア」
「着るマンボウ ルームウェア」 出典: フェリシモ提供

目次

 「マンボウになりたいあなたへ マンボウを着ることができるルームウェアを作りました」。そんな投稿がSNS上で注目を集めています。「着るマンボウ ルームウェア」を発売したフェリシモを取材しました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
後ろ姿はこんな感じです
後ろ姿はこんな感じです 出典: フェリシモ提供
「着るマンボウ ルームウェア」
「着るマンボウ ルームウェア」 出典: フェリシモ提供

税込み7920円です


 通販大手フェリシモが1月19日に発売した「着るマンボウ ルームウェア」(税込み7920円)。

 背びれと尻びれを袖に、口を襟に見立てたルームウェアで、着ることでマンボウになりきることができます。

 袖部分は手首に近づくにつれて徐々にしぼませてあり、ヒレっぽいデザインに。

 尻びれ部分には細かいヒダがあり、リアルでオシャレな服に仕上がっています。

 フェリシモのX(旧ツイッター)アカウント「YOU+MORE!(ユーモア)」が、発売日にこんな文章を投稿。

 「マンボウになりたいあなたへ マンボウを着ることができるルームウェアを作りました。マンボウを着られる機会って人生でそうそう巡ってこないから、ぜひこのチャンスをつかんでいただきたいです」

 この投稿に対して「マンボウを着るって発想すごい」「ターゲット層がニッチすぎる」といったコメントが寄せられ、いいねは1万を超えています。

担当者に聞きました


 「きっかけは、背びれと尻びれが袖のように見えて『マンボウって着られそう』と思ったことでした」

 そう話すのはYOU+MORE!の担当者です。

 シワになりにくい素材にこだわり、マンボウに見えるような袖の位置を模索。

 「マンボウに近づけると服として成り立たない、服として着やすさを追求するとマンボウの形状にならない、の繰り返しでしたが、最終的にちょうど良いあんばいの形状に落ち着かせることができました」

 横浜・八景島シーパラダイスの飼育員が監修していますが、修正意見はほとんど出なかったそうです。

 「『マンボウの数え方が1枚2枚……なのでルームウェアの数え方としても使える』という、飼育員さんならではのヒントをいただきました」

関連グッズも同時発売

「ふかふかお昼寝マンボウ」と「お昼寝マンボウポーチ」も同時発売
「ふかふかお昼寝マンボウ」と「お昼寝マンボウポーチ」も同時発売 出典: フェリシモ提供


 着るのはちょっと恥ずかしい、という人向けに関連グッズも発売。

 平べったくてお昼寝枕にピッタリなクッション「ふかふかお昼寝マンボウ」(税込み8580円)と、金平糖みたいな形の赤ちゃん付き「お昼寝マンボウポーチ」(税込み2970円)です。

 ルームウェアが話題になったことについて「マンボウになりたい人が想像よりも多くてびっくりしました」と担当者。

 着こなし方については「パンツはもちろん、意外とスカートにも合います」とのことでした。

 「マンボウはたまに水面に浮かんで、プカプカ横になっていることがあるんです。その姿を『マンボウのお昼寝』と呼ぶそうなんですが、ルームウェアを着て大の字で寝転べば、おうちでも再現可能です。ぜひマンボウになってみてください」

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます