MENU CLOSE

連載

#89 夜廻り猫

クリスマスの駆け込み告白?「分かる分かる」と応じたけど…夜廻り猫

後輩ふたりから告白されたかも…と話す友人。そんな悩みに「分かる分かる」と応じた男性ですが…
後輩ふたりから告白されたかも…と話す友人。そんな悩みに「分かる分かる」と応じた男性ですが… 出典: 夜廻り猫

イルミネーションが輝く街並み。「後輩ふたりから、うっすらと告白されたかも」という友人の悩みに、男性は思わず……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、SNSで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、クリスマス直前のエピソードです。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ

告白?「でも時期がなー…」友人の悩み

友人とファストフードを食べていた男性。友人から「学生の時の後輩ふたりからDMがきた」「なんか…うっすら告ってるような…」と相談されます。

しかし友人は「でも時期がなー…クリスマス前の駆け込みっていうか」「本当は第一志望でも第二志望でもなかったろ?って思っちゃって」と苦笑します。

しかもDMをくれたふたりは、親友同士だというのです。

「惜しいけど無反応でいた方が、ふたりは友達のままでいられんじゃないかって」と笑う友人に、「つらいとこだなー わかるわかる」と答えた男性。

帰り道、がっくりと肩を落とす男性に、夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵が声をかけます。

「おまいさん心ですごく泣いておるな? どうした?」

「俺は告られたことなんか一度もないのに、『わかるわかる』とか言っちゃった…かっこ悪…」と声を落とす男性。

遠藤は「いいんだいいんだ、人間そういう経験があった方が…!」と慌てて励ますのでした。

お正月、ひとつだけ譲れない条件は…

年末年始、皆さんに冬休みはあるでしょうか。思うとおりに過ごせそうでしょうか――。

そんなことを考えながら、このエピソードを描いたという深谷かほるさん。

「誰でもそれぞれの制約はあるでしょうが、1日でも半日でも、自分の好きなように過ごせたらいいな、と願います」と話します。

深谷さんは「私は何事にも『人並』は諦め、自分自身が必要とするものだけを持つことにしています。ラクをしたいだけとも言いますが、お正月は寝正月で満足なのです」と笑います。

しかし、どうしても諦められないのが「だいたい清潔な部屋で」という条件だそう。

「例年、家をだいたい清潔にしたところで休みは終わり。今度こそゴロゴロしたいと思ってます」と話しています。

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本10巻(講談社)が2023年11月22日に発売。講談社「コミックDAYS 編集部ブログ」で月・金曜夜に連載中。アニメ化し、NHK総合で再放送中。スピンオフ「居酒屋ワカル」は講談社「コクリコ」で連載した単行本が11月22日に発売。

連載 夜廻り猫

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます