MENU CLOSE

連載

#19 猫と警備員、ほっこり攻防の日々

猫と警備員、おかえり警備員さん 4カ月ぶり再会に甘えるケンちゃん

撮影した美術館職員に聞きました

約4カ月ぶりに再会を果たした場面
約4カ月ぶりに再会を果たした場面 出典: 尾道市立美術館のツイッター

目次

 美術館に入ろうとする猫と、防ごうとする警備員のやりとりで話題になる尾道市立美術館(広島県)。春の特別展が始まり、約4カ月ぶりに再会を果たしました。

「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)
馬屋原さんとケンちゃん
馬屋原さんとケンちゃん 出典: 尾道市立美術館提供

ケンちゃんと馬屋原さん


 近くのレストランで飼われている黒猫ケンちゃんが、最初に注目を集めたのは2017年3月。

 開催中だった「猫まみれ展」の会場に入ろうとして、警備員・馬屋原定雄さんに阻止される様子がツイッターで紹介されたのがきっかけでした。

 その後も「猫と警備員の攻防」としてたびたび話題になっていますが、侵入を試みるのは警備員が馬屋原さんの時がほとんど。

 馬屋原さんが来るのは特別展の時だけなので、そのたびに美術館職員は攻防戦を期待してカメラを構えています。

朝8時すぎに再会


 今月12日からは、昨年11月以来となる特別展「フジフイルム・フォトコレクション」を開催中。

 馬屋原さんは15日から出勤で、美術館職員は約4カ月ぶりの再会をカメラに収めようと準備していました。

 その日の朝8時すぎ、正面玄関にケンちゃんが現れたため、すぐに近寄って撮影を開始。

 気づいた馬屋原さんが、館内から自動ドアを通過して近づいてくると、ケンちゃんは「ニャー」とひと鳴きします。

 「元気にしとったん?」と声をかけられ、体をなでられると、その場にゴロン。

 右にゴロン、左にゴロンと寝転がって、甘えているような動きを見せます。

慣れた手つきで


 再会を喜ぶのもつかの間、しばらくするとケンちゃんは馬屋原さんの横を通り抜けて侵入しようとします。

 慣れた手つきで進路をふさぎ、体をなでてその場に座らせる馬屋原さん。

 開館に向けての準備もあったため、ここで職員がケンちゃんを抱っこして、レストランに連れ帰りました。


 9時に開館して45分ほど経ったころ、また正面玄関に戻ってきましたが、再び馬屋原さんが阻止。

 撮影した美術館職員によると、ケンちゃんは先週金曜日にも玄関にやって来たといいます。

 「そろそろかと思って準備して待ち構えていたのかもしれません。今日は私が再会を撮影しようとウロウロしてたから『今日で間違いない』と思っていたんでしょうね」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます