MENU CLOSE

エンタメ

19800

嵐が教えてくれた最短ルートじゃない人生 櫻井さんが漏らした言葉

紅白歌合戦があったNHKホール
紅白歌合戦があったNHKホール 出典: 朝日新聞

目次

2019年の第70回紅白歌合戦、事前の音あわせで行われた囲み取材で嵐の5人は質問攻めにあっていた。その場にいた私は、「結成20周年の記念の年に、大トリを任されること」の感想を求められた櫻井翔さんのコメントにハッとした。「ちょうど10年前に初めて出させてもらって、今年大トリを任せてもらえるなんて夢みたいです」。嵐が紅白に初めて出場したのは10年前。つまり、デビューから10年目まで紅白に出場していなかったのだ。(田中遼平)

ハワイのクルーズ船でデビュー

嵐のデビューは1999年。1992年生まれの私が「おかあさんといっしょ」で歌われた「だんご3兄弟」を熱唱していたころのことだ。同じ時、5人はハワイのクルーズ客船でデビュー記者会見を行うというド派手なスタートを切った。

嵐がデビューする少し前、「8時だJ」という番組に、後の嵐のメンバーたちが出演していた。その番組見ていた園児時代のおぼろげな記憶の中では、彼らは「大きいお兄ちゃんたち」だった。でも、大人になってデビュー会見の様子を改めて見た時、彼らのあどけなさすぎる姿に思わず笑ってしまった。

今でこそドラマに出れば主演をはり、バラエティーでは司会をこなす彼らだが、当時は16歳から18歳の少年。ハワイに連れてこられて、あれよあれよという間にカメラに囲まれたら、そりゃガチガチにもなるだろう。

嵐がデビューした1999年、携帯の使い方を一変させた「iモード」も生まれていた
嵐がデビューした1999年、携帯の使い方を一変させた「iモード」も生まれていた 出典: 朝日新聞

記憶に残っているのはV6

そんな少年たちは、後の彼らの代表曲となる「A・RA・SHI」で、デビュー曲からいきなり100万枚近い売り上げをあげた。

その後に発売した「SUNRISE日本」「感謝カンゲキ雨嵐」の売り上げも好調な成績をおさめた。「金田一少年の事件簿」、「よい子の味方」、「Stand Up!!」などメンバーが主演のドラマも次々放送され、バラエティーでも彼らの冠番組が製作される。しかし、2000年代前半時点ではまだ嵐は国民的グループという扱いではなかったように思う。

実はデビューから2019年までの嵐のCD売り上げトップ30に、2005年より前の曲は「A・RA・SHI」以外ランクインしていない。特に2003年、2004年のCD売り上げは、嵐のその後の活躍を考えると「かんばしい」と言えるものではなかった。

このころV6がメインレギュラーを務めていた「学校へ行こう!」が一世風靡(ふうび)していた。私は同級生たちと一緒に尾崎豆の不遇に共感し、学校の休み時間にはではみんなでヨウ・チェケ・ラッチョに打ち興じて、間違えると鉛筆でデコピンされる小学生時代を送っていた。

一方の嵐は、少なくとも私たちの中では、V6に比べると、話題にのぼることが少なかった。

「Love so sweet」に至るまで

嵐の契機はいつだったのか。それは、2005年あたりからだろう。まず2005年に松本潤さんが出演したドラマ「花より男子」が放送され、大ヒットとなった。最終回の視聴率は22.4%と高い数値を記録し、世間の大きな話題となる。

翌年の2006年に公開されたクリント・イーストウッド監督映画「硫黄島からの手紙」では、二宮和也さんが重要な役どころで出演し、世界に対してその存在感を見せつけた。

さらに2007年、「花より男子」の続編である「花より男子2(リターンズ)」が大ヒット。最終回の視聴率が27.6%を記録し、社会現象となった。「花より男子」シリーズは後に映画化、そして2019年にも「花より男子」の後の世界を描いたドラマ「花のち晴れ」が放送されるなど、今でも色濃い影響を残している。

こうして人気を確固たるものにした嵐は2009年に「花より男子2(リターンズ)」の主題歌「Love so sweet」をひっさげ、満を持して紅白初出場を果たしたのだ。

デビューから10年目のことだった。

「硫黄島からの手紙」の製作会見でクリント・イーストウッド監督(右端)と握手する主演の渡辺謙さん(隣)=2006年4月26日、東京・六本木で
「硫黄島からの手紙」の製作会見でクリント・イーストウッド監督(右端)と握手する主演の渡辺謙さん(隣)=2006年4月26日、東京・六本木で 出典: 朝日新聞

はにかんだ大野さん

初出場を果たすと、嵐は紅白で欠かせない存在になった。メンバーのうち3人が個人として司会を経験、紅白史上初めてグループとしての司会も務めた。そしてついに昨年の紅白で大トリを務めるに至ったのだ。

「(大トリを任されたのは)頑張ってきた成果ですね」という質問に「そうですね」と答えた大野智さんの表情は、はにかんでいた。

今回の紅白では米津玄師さんが嵐のために作詞作曲した「カイト」が発表された。嵐のメンバーいわく、楽曲制作にあたって嵐の5人と米津さんで飲みに出かけたそうだ。

大野さんとは絵について、相葉雅紀さんとはアニメ、二宮さんとはゲーム、松本さんとは音楽の話などをざっくばらんに話す、なごやかな会だったよう。ちなみに櫻井さんはプライベートの飲み会にもかかわらず司会進行に徹したんだとか。そのまんまのイメージ通りすぎる。

そのようなふれあいも経て作られた曲について、櫻井さんは「一生の宝もの」だと語った。そして、「ファンのみなさんの宝ものになってくれたらうれしい」とも。

「あの嵐だって」心の言い訳

努力は必ず報われる、なんてことはないと大人になると身にしみる。生活の大部分の時間を捧げている仕事で求められるのはいつだって結果だし、そしてそれはきっと間違っていない。

ただ、ハワイに連れてこられて、ばつが悪そうにインタビューに答えていた少年たちは、「嵐の中をかきわけて行く小さなカイト」のように20年で様々な経験をつんで、国民的アイドルになった。はじめから結果が約束されていなくてとも、最後は実を結ぶこともあるんだということを教えてくれた。

「あの嵐だって、最短ルートをたどったわけじゃないんだ」と心の中で言い訳をすれば、たとえうまくいかないことがあっても、最後の成功を信じてまた挑む勇気がわいてくる。

ずっと、当たり前のように活躍していた嵐にもあったであろう苦労の日々。そんな彼らにとってのラストイヤーを目に焼き付けたい。

※配信時に「松本潤さんが主演を務めたドラマ「花より男子」」としていましたが、「松本潤さんが出演したドラマ「花より男子」」でした。お詫びして修正します。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます