MENU CLOSE

お金と仕事

炎天下の建設現場「熱中症なくしたい」 現場発ゼリー、名前に説得力

「直射日光を浴びながら重労働。そら大変なわけですよ」

炎天下の建設現場=三和建設提供
炎天下の建設現場=三和建設提供

目次

大阪市に本社を置くゼネコン「三和建設」が販売している熱中症対策のゼリーがあります。炎天下で日々作業をしている会社が作ったゼリーには、なんだか効果が期待できそう……。インパクトある名前を含め、商品が誕生するまでの経緯を聞きました。

「飲んでみるもんですね」

2021年に販売が始まったそのゼリーの名前は、「ゼネコンがつくった4Kしおゼリー」。今年で3シーズン目に入ります。
商品を企画した三和建設大阪本店長の川口秀夫さんは「年々知名度が上がり、業界内の方からのリピート購入もあります」と話します。

2年で累計50万本が販売されたゼリーですが、開発のきっかけは、異業種交流にありました。

ゼリーの製造は、岩瀬コスファ(化粧品原料の研究、企画、開発)が担っていますが、そもそも岩瀬コスファは三和建設の顧客でした。「工場の建設を請け負い、やりとりする中で担当者と飲み友だちになった」と話すのは川口さん。お酒の席で、建設業界の熱中症問題が話題にあがりました。

厚生労働省の「令和4年 職場における熱中症による死傷災害の発生状況(確定値)」によると、職場での熱中症の死傷者数で最も多いのは「建設業」。827人中197人を占めます。また、2018 年以降の熱中症の死傷者の8割以上が7月と8月に集中しています。

「元々、コラボ出来たらいいねという話をしていたのですが、話が盛り上がり、(熱中症対策になるようなものを)開発してみようと意気投合した」といいます。

当初は社内だけで流通させていたゼリーですが、業界内にも話が広がり、一般販売にいたったのだそう。

川口さんはお酒の席での話が商品開発にいたったことを振り返り、「飲んでみるもんですね」と笑います。

「ゼネコンがつくった4Kしおゼリー」のラインナップは5種(マスカット・ぶどう・レモン・ライチ・りんご)=三和建設提供
「ゼネコンがつくった4Kしおゼリー」のラインナップは5種(マスカット・ぶどう・レモン・ライチ・りんご)=三和建設提供

「ゼリー」に生かした、現場に立った経験

15年以上建設現場にも立っていた川口さんによると、夏の現場は「かわいそうになるほどつらい」。

川口さんは、「直射日光を浴びながら重労働をするわけだから、そら大変なわけですよ」と実感を込めて話します。

骨組みを作ったり、コンクリートを流し込んだりして、建物の骨格をつくる作業の現場には、そもそも「影」がありません。

一方、骨格ができれは「影」もできますが、内装工事のときには影はあるものの、風通しが悪かったり湿度が高かったりして熱中症のリスクが高まります。

現場での熱中症対策は、塩そのものやタブレットを舐めることが多かったと言いますが「僕も経験あるけど、なかなかのどを通らないんですよ。舐めてもさらに水分をとられるような……」と川口さん。

その現場感覚もあって、「ゼリー」という形状をとったのだといいます。「のどごしもいいし、冷やしておけば体温を下げることもできる」

炎天下の作業現場=三和建設提供
炎天下の作業現場=三和建設提供

熱中症対策へ高まる意識、厚労省もキャンペーン

一般への販売の最初の目的は「全国の建設業者に届けることで、業界の熱中症をなくしたい」というもの。

ただ、販路が拡大するにつれ、子どものスポーツクラブに持って行きたいといった用途も耳にするようになってきました。「確かに、子どもの熱中症リスクは高い。当初、そこには着目していなかったけど、副次的な反応があるんだなと思っています」

熱中症について川口さんは、「昔は『風にあたって休んでおけ』くらいの感覚だったところもありますが、世間の対策意識も年々高まっていると思う」と話します。

ちなみに、商品名に入っている「4K」ってもしや、「3K」(きつい、汚い、危険)へのアンチテーゼ?

広報に聞くと、「建設業界に長くはびこる3K(きつい、汚い、危険)というイメージを払拭するために、頭文字「K」の3つの美容成分「こんにゃく、コラーゲン、きくらげ(白い))」配合にすることで、美味しく3Kを食べて悪しきイメージを無くしていきたいという想いを込めています」とのこと。今年、さらに「かき渋」が追加され「4K」となっています。

     ◇
厚生労働省も「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」として、5月から9月にかけて発信を強化しています。

厚労省の職場における熱中症予防ポータルサイト(https://neccyusho.mhlw.go.jp/)では、熱中症予防について学べる動画なども見ることができます。
 

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます