MENU CLOSE

マンガ

幼稚園に行き渋る息子…突然発した「具体的過ぎる要求」ににっこり

大好きなものへの愛情ほとばしる一幕

幼稚園への登園を渋り、泣きじゃくる息子。この後、やにわに発した一言が、母を戸惑わせます。ツイッター上で人気の、エッセー漫画の作者に、背景事情を聞きました。
幼稚園への登園を渋り、泣きじゃくる息子。この後、やにわに発した一言が、母を戸惑わせます。ツイッター上で人気の、エッセー漫画の作者に、背景事情を聞きました。 出典: るしこさんのツイッター(@39baby_com)

目次

幼稚園に行きたくなくて、朝から泣く息子。あやそうとする母に対して突然、意外すぎる一言を告げて……。何気ない日常の1ページを描いたエッセー漫画が、ツイッター上で人気を集めています。思わず笑顔になってしまう、ほっこりエピソードの舞台裏について、作者に聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)

寂しくて泣いていたはずなのに……

「ウエーンウエーン ようちえん いきたくないよお」

話題の漫画は、小さな息子が、母に抱かれつつ涙を流す場面から始まります。どうやら、幼稚園に行き渋っているようです。

「ママがいないとさみしくてないちゃうよお」。うんうん、寂しいんだね……。母が優しく声をかけます。と、ここまでは、育児中の家庭でよく見られる光景です。

それでも、息子のぐずりは止まりません。「ウエーンウエーン 西武がいいよお」。「うん…うん?」。意表を突く発言に、一瞬たじろぐ母。そして〝要求〟の内容は、ますます細かくなっていきました。

「ラビューにのりたいよお」

「いけぶくろから特急ラビューちちぶ号に乗ってせいぶちちぶえきまで行きたいんだよお~」

何と、池袋ー西武秩父間を走る、西武池袋・秩父線の特急列車・特急ラビューちちぶ号に乗りたいと言い始めたのです。「細けぇな…」。思わず真顔になってしまう母なのでした。

出典:るしこさんのツイッター(@39baby_com)

「いや、電車か~~~い!」

9日にツイートされた、今回の作品。描いたのは、るしこさん(@39baby_com)です。3歳の長男と夫の3人で暮らし、育児がテーマの漫画を、スマホ用漫画サイト・よもんがで連載しています。

長男は今年4月、幼稚園に通い始めたばかりです。るしこさんいわく、入園から数日後には、「どうやらママは来ないらしい」と気づいたといいます。それ以降、登園前に激しく「抵抗」するようになりました。

今回のエピソードも、そんな日常のひとコマを切り取ったものです。あまりに唐突に炸裂(さくれつ)した列車愛に、るしこさんは「面白くなってしまった」と振り返ります。

「『いや、電車か~~~い!』というのが素直な感想でした(笑)。長男と『土日になったら一緒に乗りに行こうね』と約束し、その週の週末、実際に特急列車に乗車しました」

3歳児の圧倒的情熱

るしこさんによると、長男は西武池袋・秩父線をこよなく愛しているそうです。車両に関する知識も豊富だといいます。特急ラビューちちぶ号については、とりわけ並々ならぬ思い入れがあるのだと教えてくれました。

「出発時に流れる『特急ラビューちちぶ号、西武秩父行きです』という音声案内を覚えるなど、とにかく愛がすごいんです。彼には音鉄(音にこだわる鉄道オタク)の気配があります」

るしこさん一家は以前から、観光目的で秩父に足を運ぶ機会があったとのこと。名所・宝登山(ほどさん)のロープウェイに乗るなど、家族で訪問を楽しんできました。ただ、やはり特急列車への乗車が、毎回一番の目的になるのだといいます。

「今は幼稚園への行き渋りは収まったのですが、当時から土日のお出かけで、秩父をめぐっていました。西武線に乗る当日、長男はものすごく朝早く起きます。いつも時間がかかる着替えや準備も、誰より先に済ませるので、笑ってしまいますね」

「幼稚園に行くことの代案が、細かくて手間もかかる内容で笑った」「息子さん、真っすぐ自分の感情を出せていて素晴らしい」――。今回の漫画には、そんなコメントが寄せられています。一連の反応を受けて、るしこさんはこう話しました。

「『3歳児って、こんなに好きなものにのめり込むんだ!』と、私も驚きつつ見守っています。このまま鉄道愛を突き進むのか、はたまた全く違うものにハマっていくのか。一緒に見守って頂ければ嬉しいです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます