MENU CLOSE

連載

#7 #ふしぎなたてもの

アラビア語圏でも思わぬ人気、急勾配の巨大道路 担当者の心境は…

アラビア語圏でも思わぬ人気になった“急勾配”の巨大道路の“正体”は……?
アラビア語圏でも思わぬ人気になった“急勾配”の巨大道路の“正体”は……? 出典: 朝日新聞社

目次

Instagramを開くと流れてきた動画は、まるでジェットコースターのような“急勾配”の、道路らしき巨大な建造物を撮影したものでした。アカウントはアラビア語圏のもので、BGMもアラビア語のタイトルの音楽。イスラム教の祈りの言葉を意味するハッシュタグがつけられていました。海外の道路かと思いきや、あれ、もしかしてここは……。ひょんなことで世界的にバズったスポットを探ってみました。(withnews編集部・朽木誠一郎)
 
ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)

アラビア語圏の投稿が話題に

実際に流れてきた動画のスクリーンショット(加工は編集部による)。
実際に流れてきた動画のスクリーンショット(加工は編集部による)。 出典: Instagram
2週間前に投稿されたこの短尺動画は、約60万回再生されていました。世界のさまざまな言語でコメントが寄せられており、「山登りみたい!」という感想や、どこの国の様子かを質問する投稿も。記者も興味を持って動画をよく見てみると……。この青い案内標識、知ってる……。どうやらこの動画、日本で撮影されたもののようです。

アラビア語圏のアカウントが投稿し、人気となっているこちらの巨大な建造物は、日本のどこにある、何なのでしょうか。国土交通省を取材しました。

カメラの効果によって急に見える

結論から言うと、これは鳥取と島根の県境をまたぐ江島(えしま)大橋という橋です。国土交通省中国地方整備局の境港湾・空港整備事務所によると、この橋は全長約1.4km、最高点約44.7mで、橋の下を5千t級の船が航行できるようになっています。

2013年末から放送されたダイハツ工業の軽自動車のCM中の豊川悦司さんと綾野剛さんのやりとりから“ベタ踏み坂”として全国的な話題になりました。当時、橋の見物客が急増したそうです。

しかし、ここで橋の全景を確認してみると……。「そこまででもない」と感じる人が多いのではないでしょうか。実際、CMにも使用され、よく撮影される島根県側の坂は100m進むと6.1m上る勾配で、角度を計算すると約3.5度になります。動画で見られる角度と比べると、感覚的には大きな差があります。
傾斜をあまり強調せず撮影した写真。
傾斜をあまり強調せず撮影した写真。 出典: 朝日新聞社
傾斜をあまり強調せず撮影した写真(拡大)。
傾斜をあまり強調せず撮影した写真(拡大)。 出典: 朝日新聞社
橋のたもとから撮影した写真。
橋のたもとから撮影した写真。 出典: 朝日新聞社
というのも、この動画は特定の方向、遠くから望遠レンズなどで撮影することで、坂がとても急に見えています。世界で話題になった“急勾配”はあくまでカメラの効果によるもので、本来はそこまでの“ベタ踏み”は必要ないのです。
傾斜を強調して撮影した写真。
傾斜を強調して撮影した写真。 出典: 朝日新聞社
この江島大橋は“ジェットコースターのような道路”として、世界でも度々、話題になってきました。「世界のどこかにこんな建造物があるのか」と夢を持ったSNSユーザーには、ちょっと申し訳ない気持ちにもなります。ただし、世界的にみて、江島大橋が有数の巨大な橋であることは事実です。

同事務所の担当者によると、話題になった2013年末から2014年以降も、見物客は続いているそうです。コロナ禍により今は少なくなったそうですが、海外で話題になったこともあり、外国人観光客もよく見かけたと言います。

「最近でも、橋のたもとで何人かが、“急勾配”の写真を撮ろうと試している姿がありました」(同担当者)

一般の道路が、こうしてアラビア語圏などで話題になっていることについて、どう思うか聞くと、本来はあまり注目されることのない、縁の下の力持ちである「港湾構造物」について、こう話してくれました。

「江島大橋は、設計段階から景観に配慮した構造にするなど、工夫されていたもの。その結果、一種の観光地化したというのは、とても喜ばしいです」
 

【連載】#ふしぎなたてもの

何の気なしに通り過ぎてしまう風景の中にある #ふしぎなたてもの 。フカボリしてみると、そこには好奇心をくすぐる由縁が隠れていることも。よく見ると「これなんだ?」と感じる建物たちを紹介します。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます