MENU CLOSE

ネットの話題

「ウツボのあくび」可愛すぎて250万回再生 撮影者の尋常じゃない愛

江ノ島で一目ぼれ「家族になりたい」

「ウツボ、あくびしてる…!!」 記者も何度も見てしまった、れれれさん投稿の動画
「ウツボ、あくびしてる…!!」 記者も何度も見てしまった、れれれさん投稿の動画 出典: れれれさんのツイッター

目次

「ウツボのあくびが可愛すぎるから何万回でも見てほしい」。そんな力強い言葉とともにツイッターに投稿された動画が250万回も再生されています(7日夜現在)。水槽の中のウツボが大きく口を開ける様子……。撮影の経緯を、ウツボクリエイターのれれれさんに聞きました。

◆「医療機器」に起こったパラダイムシフト 「次世代CT」15年にわたる研究の軌跡(PR)◆

「あくびがうつったらウツボ」

投稿されたのは、人間のあくびのようにウツボが大きく口を開けるようす。れれれさん(ツイッターアカウント:@chima2chan)が昨年8月から飼っているアミキカイウツボです。


ツイートは22万超のいいねがつき、動画は250万回もの再生回数をたたきだしています(7日夜現在)。

れれれさんは「何万回でも見て欲しいっていったら、それを超えて何百万回も見て貰えてとっても嬉しいです……!!!」「この動画を見てあくびが移った人はもう既にウツボです」と反響にコメントします。

ウツボと「家族になりたい」

以前からウツボと「家族になりたい」と思っていたれれれさん。ウツボのかわいさにハマったのは、新江ノ島水族館でウツボマンションのウツボに一目惚れしてからだそう。

しかし当時、ウツボのグッズやキャラクターはほとんどありませんでした。それなら「自分で発信しよう」とウツボクリエイターを始めました。

れれれさんのお気に入りのウツボは、アミウツボ。「まるまるとしていて目もクリクリでとっても可愛い」そう。ウツボの種類は多いですが、「知らない子がたくさんいて描くのは大変ですが、学べてとても楽しいです」といいます
れれれさんのお気に入りのウツボは、アミウツボ。「まるまるとしていて目もクリクリでとっても可愛い」そう。ウツボの種類は多いですが、「知らない子がたくさんいて描くのは大変ですが、学べてとても楽しいです」といいます 出典:れれれさんのツイッター

Twitterでウツボアカウントを始めると、先輩飼育者がたくさんいました。そこで「小さい種類のウツボがいることや、ウツボの飼育方法について教えてもらったので、お迎えする決断ができました」と振り返ります。

なぜこの行動をするかは不明

果たしてこの「あくび」は、人間と同じものなのでしょうか?

れれれさんは「ウツボ好きの人の中では〝あくび〟と呼んでいますが、人間のように眠気からくる〝あくび〟ではありません」と指摘します。なぜこの行動をするのかは解明されていないそうです。

れれれさんの飼うウツボの「あくび」動画の一部。昨年10月、「あくびしそうな雰囲気があったので、しばらく水槽の前にカメラを構えて待機してたところ、本当にあくびをしてくれたため撮影できました」といいます
れれれさんの飼うウツボの「あくび」動画の一部。昨年10月、「あくびしそうな雰囲気があったので、しばらく水槽の前にカメラを構えて待機してたところ、本当にあくびをしてくれたため撮影できました」といいます 出典:れれれさんのツイッター

「エラについたゴミを洗い流すため、泳いでない時でも酸素を多く取り込むためといった仮説があります」といいます。

乾燥しないように水をかけて…

小柄なアミキカイウツボを飼い始めて驚いたことも。水中で過ごすと思っていたウツボが、水がないフィルターの所でのんびりしているのを発見したのです。

出典:れれれさんのツイッター

「今ではお気に入りで、一日の半分は水中じゃないところにいます。水中に下ろそうとすると拒否されてしまうため、乾燥しないように定期的に水をかけてあげてます」と優しいれれれさん。

お世話をしていて最も注意しなければいけないのは「脱走」です。

ウツボを飼ってみたら、意外と水の外がお気に入りだったことに驚いたそうです
ウツボを飼ってみたら、意外と水の外がお気に入りだったことに驚いたそうです 出典:れれれさんのツイッター

「アミキカイウツボは小さいため、少しの隙間でも脱走してしまいます。またジャンプ力もあるため、餌をあげるときも油断は禁物です」と話します。

これからも、時たまあくびをしながら、元気に過ごしてほしいですね。

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます