MENU CLOSE

エンタメ

MAXのLINA、彼のため作った鉄板メニュー 返ってきた弁当箱開けると

大人の階段登った瞬間

MAXのLINAさん=本人提供
MAXのLINAさん=本人提供

沖縄出身のダンスボーカルグループMAX。1995年にデビューしてから今年で26周年を迎えました。10代だった「スーパー・モンキーズ」時代から音楽業界が様変わりした今、第一線で走ってきた4人は何を思うのでしょうか? 仕事や子育て、自分自身の活動など、それぞれが切り開いた道について語る「MAXコラム」。LINAさんが初めて自分でお弁当を作ったのは中2の時でした。遠足の日、好きな男の子にサプライズでお弁当を渡すことを計画しますが……。

音楽界の革命児サカナクション・山口一郎さんが考える「未来」とは?(PR)

好きな男の子への「弁当作り作戦」

今年も、とうとう残り1カ月となりましたね。
朝晩の冷え込みも厳しくなってきましたが、お変わりなくお過ごしですか?
私は、朝お布団の温もりからなかなか離れられず、いつも自分に「しっかりしろ!」と言い聞かせて、何とか起きている毎日です(笑)

私が、初めて誰かのためにお弁当を作ったのは、中学2年生の時。
お天気がよく晴れた、遠足の日でした。

そのきっかけとなったのは、ある放課後のことでした。私たちの学校の目の前には公園があり、帰り道、私は友達と毎日のようにその公園に寄っていました。そんなある日、友達といつものように他愛のない会話を楽しんでいた中で、「遠足の日に、好きな男の子にお弁当を作ってあげようよ!」と女子同士で盛り上がったのです。

みんな、初めて誰かのためにお弁当を作ることに気持ちか舞い上がりましたね。でも、気が向いた時にしか母の手伝いをしたことがなかった私たち。実際問題、「どうやって作るのか?」「何を作ればいいのか?」と悩んでしまいました。

最初は「お母さんに手伝ってもらえばいいじゃん!」と意気込んでいたものの、次第にお母さん任せの弱気な発言が勃発(笑)。

でも、「どうせ作るんだったら彼の大好物のおかずでお弁当箱をいっぱいにしたいよねー」と、またまた気持ちだけが溢れるばかり。話は行ったり来たりの堂々巡りに。

そうして、遠足の1週間前から、彼の好きなおかずを聞き出すことに。でも、自分で直接聞くのは恥ずかしかったので、その子と仲の良い男友達に間に入ってもらうことにしました。

そう、サプライズで渡す作戦です。

自宅にて、料理をするLINAさん=公式動画チャンネル「MTB まっく素のて〜げ〜ちゃんねる」より
自宅にて、料理をするLINAさん=公式動画チャンネル「MTB まっく素のて〜げ〜ちゃんねる」より

好きな「おかずネタ」に困り果てる

遠足までの1週間、休憩時間に友達と集まると、第一声は「好きなおかず聞けた?」が合言葉のようになっていました。

私が最初に聞き出せた情報は、“うなぎ”と“寿司”。
まさかのおかずネタに「そんなもの作れないし、出来合いのものじゃ愛情不足だし……」と、出だしから困り果ててしまいました。

でも、めげずに何度も男友達を介して聞き込みをしていくうちに、男友達も面倒くさくなったのか途中放棄してしまって(苦笑)。結局、「美味しければ何でもうれしいんじゃん!」という男友達の言葉を信じて、定番のメニューでそろえることになりました。

・卵焼き
・タコウィンナー
・唐揚げ
・野菜炒め

そして、遠足当日の数日前、あることに気づきました。

「お弁当を作っていくことを彼に伝えないと、当日お弁当持ってきちゃうんじゃない!?」ということ。

これは大変!

お弁当を作ることにもかなりの勇気を要していたのに、そのことを直接伝えることがすごく照れ臭くて……。
最後までなかなか言い出せず、最終的に、またまた男友達の力を借りて伝えてもらうことになりました。

MAXのLINAさん=本人提供
MAXのLINAさん=本人提供

お昼の時間、彼をこっそり呼び出し

そして、決戦の日。

お昼が近づくにつれ、緊張も高まり、胸のドキドキが激しくなっていきました。
そうして迎えたお弁当の時間。

彼を木陰の隅にこっそり呼び出すことに成功。そして、作ったお弁当を手渡す際、精一杯の思いを振り絞って出た言葉が「食べてね!」の一言でした。

あまりにあっさりした物言いになってしまったので、「ちゃんと食べてくれてるかな?」と彼の姿ばっかり気になってしまい、自分のお弁当はまったく進まなかったことをよく覚えています。

結果はというと、彼から
「ありがとう、美味しかったよ」との言葉をもらいました。

返ってきた弁当箱をすぐさま開けたところ、中身はきれいに空っぽ。それを見て、友達同士ガッツポーズで喜びました。緊張が解け、すごくホッとした瞬間でした。

私が、誰かを想いながら夢中になって物作りをすることに、楽しさや喜びを感じる性格は、この頃から始まっていたんですね。
もしかしたら、自己満足かもしれませんが
それはそれでいいんです。
自分の中に芽生えたこの気持ちを、悔いのないように充実させたいのが、私なんです。

それにしても、「ありがとう」ってステキな言葉だなあ……
幸せが、胸いっぱいに広がる。

その一言で、頑張った時間も報われ、その後の活力にもなり、少し大人の階段を登ったような気持ちにもなりました。

初めてのお弁当作りは、母の愛情もたっぷり入った弁当になりましたが、何はともあれ大大大成功でした!

                 ◇

〈MAX〉NANA/LINA/MINA/REINAの沖縄県出身4人組ダンスボーカルグループ。1995年にデビュー。翌年発売のサードシングル『TORA TORA TORA』でブレーク。1997年に『Give me a Shake』でオリコン初登場1位を獲得。その後も『Ride on time』など数々のヒット曲を発表し、紅白歌合戦に5年連続5回出場。近年は音楽活動の他に、個人でのバラエティー、ドラマ、舞台出演など活動の幅を広げている。7月28日には、恋に落ちる女性の気持ちを明るくポップに表現したダンスナンバーの“Do Shot”と、ラテン調で「MAXらしさ」が表現された楽曲 “Viva la Mambo”も収録の37枚目シングル『Do Shot』をリリース。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます