MENU CLOSE

連載

#83 コミチ漫画コラボ

日曜日に2人が贈り合う〝新鮮な体験〟マンガで描く「我が家ルール」

コミチ×withnewsコラボで大賞に輝いたマンガは?

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として「#わたしの我が家ルール」をテーマにマンガを募集し、日曜日に「新鮮な体験」を贈りあうふたりを描いたフィクションのマンガが大賞に決まりました。「さんぽ」のワードに反応するペットをテーマにしたマンガや、「靴の並べ方」にきれいにオチをつけた作品など、大賞・入賞に決まった計3作品を、選評とともにご紹介します。
プレモルと絶品プリン。withnewsチームが見つけた共通点とは(PR)

【大賞】#我が家のルール(ヘケメデ著)

新鮮な体験が足りていない――。そんな危機感から、ともに暮らすふたりが毎週日曜日に「何か」を贈り合う「我が家のルール」を決めたようすを描きます。

「新鮮な体験をしたい!」という好奇心やワクワクした気持ち。自分が高齢になったとき、それを磨いたままとっておけるかなぁ……と胸に手を当てました。

コロナ禍で、偶然の出会いが起きづらくなっている今こそ、そんな気持ちを大切にしていきたいなと思います。

特に大きなバスボムに目を輝かせる表情にきゅんとしました。こんな風に年を重ねていきたいなぁ。(選評:水野梓)

【入賞】我が家のルール(もず著)

いつもはきょとんとしていてかわいいのに、「散歩」という言葉を聞くと興奮してすごい形相になるわんちゃんの「ぷっちー」。その豹変した表情の描写がとっても迫力があって、そのときの体験がリアルに伝わってきました。隠語を使ってもすぐに理解してしまうなんて、賢いわんちゃんですね。

家族みんながぷっちーに振り回されていて、手がかかるけれど、憎めない。そんな日常の中の一コマをコミカルに切り出していて、ペットを飼っている人たちは思わず「あるある!」と思ってしまったに違いありません。

ちょっと「困った」ことでも、今思い返してみれば、家族との大切な時間だったなあ、という思い出。大切にしたいなと思いました。(選評・橋本佳奈)

【入賞】玄関の靴(onezerozero_flat著)

「やられた!」。そう思ったときには、笑いすぎて膝から崩れ落ちてしまいました。

ごく一般的な親子のやり取りから始まる、家路のワンシーン。直後に続く物語は、私が持てる想像力のK点を軽々飛び越え、遥か彼方の地平線にまで到達します。

言葉遊びと言えばそれまでですが、その成果を現実へと落とし込む、子どもの思考の底知れなさよ……。読了後、三十路越えの乾いた脳みそに、潤滑油が湧き出るような心持ちになりました。

親の意表を突く、あまりに「キレイ」で鮮やかな手口には、日常を柔らかく生きるヒントがあふれています。(選評:神戸郁人)

    ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=458)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

11月のお題は「#わたしの嬉しかったプレゼント」です。

思い出に残っているクリスマスプレゼント。サプライズで渡されてびっくりした贈り物。飛び上がって大喜びしたものや、大切な人からの頂き物などなど……。あなたの印象に残っているプレゼントはありますか?

あなたの「嬉しかったプレゼント」にまつわるエピソードをお待ちしています。締め切りは11月28日です。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます