MENU CLOSE

エンタメ

MAXのLINAがトイレで泣いた日 番組のトークで返せない…その先に

レコーディングの反省…そして見つけた何気ない日常

MAXのLINAさん=本人提供
MAXのLINAさん=本人提供

沖縄出身のダンスボーカルグループMAX。1995年にデビューしてから2021年5月で26周年を迎えました。10代だった「スーパー・モンキーズ」時代から音楽業界が様変わりした今、第一線で走ってきた4人は何を思うのでしょうか?仕事や子育て、自分自身の活動など、それぞれが切り開いた道について語る「MAXコラム」。大人になってから感情のコントロールができるようになったLINAさんは、1日の締めは「だいたい水の中」と言います。毎晩習慣にしていることとは?

◆今売れてるパーフェクトサントリービール あの先生が脳科学的に解説(PR)◆

水の中が1番リラックスできる

沖縄では、日本列島のどこよりも早く梅雨入り宣言がされました。
沖縄は、ただでさえ湿度の高い地域なので、実家のあちらこちらに湿気取りが転がっています。
でも、この時期を過ぎたらやって来る、鮮やかな緑の葉の彩り、元気いっぱいの夏が待ち遠しいですね。

さて、その前にこれからぐずついたお天気が続き、気持ちもなかなか晴れないと思うんですが皆さんはどうやってモチベーションを奮い立たせていますか?

私は、身近なことで言えばお風呂です。
毎日、1時間ほど湯船に浸かるのがルーティンなんですが、1日の締めくくりはだいたい水の中にいます(笑)。不思議と水の中にいるのが1番リラックスできるので、海でプカプカ浮かぶことも大好きです。水の中では嫌なものが浄化され、更には新しい気持ちにリセットされるような感覚になるんです。

その日起こった出来事などを思い出しながら、“1人反省会”をしたり、次の日の仕事をシミュレーションしたりすることもあるんですが、気持ちがリラックスしているせいか、色んな構想を練るには最適な時間です。

その日の気分に合わせて、お風呂に本を持ち込んだり、最近では、韓国ドラマを見ながら汗と一緒に涙を流したりして、入浴タイムを楽しんでいます。
大抵の「小さな壁」は、水の中にいる時間で自己解決できていますが、それ以上の高い壁は私にだって乗り越えるのは一苦労です!


思いもよらぬ大きな壁が立ちはだかり、一気にモチベーションが急降下してしまうほどの落ち込みを、皆さんも一度は経験したことがあると思います。

若い頃は、番組でトークを上手く返せなかった時とか、レコーディングで思うように歌えなかったりとか、日々、数え切れない壁にぶつかり、悔しい気持ちが抑えられず、コソコソとトイレで泣いたりした日もありました。

何度もその壁に、体当たりしながら壊しては、また新たな壁とぶつかる。今では、そんな悔しい思いを何度も経験したお陰で、心も強く鍛えられ、上手く感情をコントロールできるようになりました。今となっては、思いのままに感情を揺さぶられ泣ける日も、恋しく思えます。

MAX集合写真。LINAさんは写真左=本人提供
MAX集合写真。LINAさんは写真左=本人提供

モチベーションを維持するコツ

私の好きな言葉を紹介したいと思います。
それは、「思い込みを捨て、思いつきを拾っていく!」

記憶は定かではないんですが、この言葉をどこかで読み、この発想にハッとさせられ心にずっと残っているんです。
色々と経験していくと、「こうじゃなきゃいけない」って頭でっかちになりすぎて、大事なことを見失うことが多々あるのでは、と思うことも。
もっと発想を柔軟に、脳のスペースを広げていくと、思いもよらぬ面白いアイディアや、感情が動きだすような気がしてきます。

物事の見方って、一つではなく前後や上下や、究極を言えば、斜め横だってある!
なので、その隙間も無駄なくアイディアで埋められるように、日頃から敏感に情報収集をするようにしています。

最近、メンバーとも話したんですが、何気ない日常で4色のカラーが並んでいた時や年配の女性4人が仲良くお茶をしている姿を見ると、思わずメンバーを重ね合わせたりしちゃうよねー!これには満場一致!!
職業病ですよね、、(笑)

話がそれてしまいました!

私は、モチベーションを維持するには、日頃からあえて、複数の小さな壁(目標)を作るようにしています。その日にしたいことを書き出した「ウィッシュリスト」をクリアできた時は、自分でも達成感と充実感で気持ちの良いものです。一つずつ目標をクリアできたこと自体が、明日の自信につながります。たとえ大きな壁に出合っても、これまでの経験から、それを乗り越えようと思う度胸が身についているような感じがします。

とは言え、そう簡単にいかないのもわかっています。でも、くよくよネガティブな気持ちを引きずっても、現状は何も変わらない!さらに落ち込むだけなので、まずは思いっきり自分と向き合い、後向きの自分とはサヨナラして“keep smiling”で前に進んでいくしかないですね。

                ◇

〈MAX〉NANA/LINA/MINA/REINAの沖縄県出身4人組ダンスボーカルグループ。1995年にデビュー。翌年発売のサードシングル『TORA TORA TORA』でブレーク。1997年に『Give me a Shake』でオリコン初登場1位を獲得。その後も『Ride on time』など数々のヒット曲を発表し、紅白歌合戦に5年連続5回出場。近年は音楽活動の他に、個人でのバラエティー、ドラマ、舞台出演など活動の幅を広げている。2021年7月4日にオンラインでのライブ開催が決定している。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます